銀行カードローンの審査

横浜銀行カードローンは自営業でも借りれる?

所得をきちんと申告している自営業の方、個人事業主の方には、限度額が大きく金利の安い横浜銀行カードローンがおすすめです。特に横浜銀行をメインバンクにしている方なら、誰にもバレずにWeb申し込みで借りることが可能です。高額融資をご希望の方なら年利1.9%~14.6%と、メガバンク並みに低い金利で借りることもできます。気になる返済方法は口座から自動引落しなのでとても便利!横浜銀行に口座をお持ちでない自営業者でも、申し込みと同時に新規で口座開設することで借り入れできます。
※ただし、事業資金の借入はできませんのでご注意ください。

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンのメリット
横浜銀行カードローン公式サイトへ

横浜銀行カードローンは自営業でも借りれる?審査に通る条件は?

まずは申し込み資格を確認

横浜銀行は地方銀行なので、メガバンクや都市銀行よりも申し込み資格が限定されています。

その条件をクリアしなければ、いくら高給取りの人でも仮審査で落とされてしまいますので、ここでその条件を確認しておきましょう。

まずは、居住地域か勤務先が神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の以下の市、前橋市、高崎市、桐生市に限定されています。

年齢は満20歳以上満69歳以下までで、学生は申込みできません。

以上の条件に加えて、本人もしくは配偶者に安定した収入があることが必要です。

どのくらいの収入が必要?

収入額は多いに越したことはありませんし、正社員なら安定した収入を余裕でクリアできます。

アルバイトやパートのような少額な収入でも、利用限度額を低く設定すれば審査を通過できる可能性は充分にあります。

では、自営業または個人事業主の場合はどうでしょうか。

自営業・個人事業主の場合には、そもそも安定した収入があると認められるかどうかがポイントになります。

その上で、収入において肝心なことは「収入に対する返済額の割合」です。

これを返済負担率と言い、年収の30%程度までが無理のない返済額になると言われています。

他社借入があると不利になる?

カードローン審査の場合、他社からの借り入れが多ければ不利になることは否定できません。

しかし、横浜銀行カードローンのように融資限度額が1000万円まで借りられるという事からも分かるように、高額融資を受けやすくしている銀行は「おまとめローン」に積極的な場合が多いです。

ということは、すでに他社からの借り入れがある場合には、一般のフリーローンとしてではなく、おまとめローンとして借り入れるという方向性で審査を受けた方が良いのではないでしょうか。

ただし、その場合でも3社以上の借り入れがあれば不利になってしまう可能性は高いです。

横浜銀行カードローンの審査は厳しい?自営業の場合はどう?

条件の良いカードローンは審査が厳しい?

カードローンの審査を比較する際に「条件が良い金融機関のカードローンは審査が厳しい」という事がよく言われます。

「条件が良い」と言われる要素の第一は金利ですね。

次に借入限度額などが考えられます。

カードローンには、銀行が提供しているカードローンと、アコムやプロミスなどの消費者金融業者が提供しているカードローンがありますが、金利や限度額などを比較した場合に条件が良いのは銀行カードローンとなります。

なので、一般的に銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査が厳しいと言われています。

特に、横浜銀行は地方銀行の中で最大規模を誇る銀行なので、横浜銀行カードローンの審査はかなり厳しいことが予想されますが、実際に自営業・個人事業主の方への審査はどうなのでしょうか?

地方銀行最大という言葉に惑わされてはいけない?

銀行の規模を比較した場合、一番大きい銀行はメガバンクと呼ばれる都市銀行なのはご存知かと思います。

中でも三大メガバンクである三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行は有名ですね。

では、メガバンクと地方銀行トップのレベルを比較してみましょう。

2013年のデータですが、三井住友フィナンシャルグループの総資産額が170兆7909億円だったのに対して、横浜銀行は15兆4700億円でした。

地方銀行最大規模の横浜銀行と言っても総資産額はメガバンクの1/10以下なので、惑わされてはいけません。

限度額100万円以下の金利を比較すると?

利用者が多い100万円以下の金利を比較、三井住友銀行カードローンは金利年14.5%で横浜銀行カードローンは14.6%となっており大差はありません。

又、三井住友銀行カードローンと横浜銀行カードローンの保証会社は、両者ともにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が担当します。

これらの要因を考えると、横浜銀行カードローンは三井住友銀行カードローンの審査が通る人なら余裕で通過できると考えることができますね。

横浜銀行カードローンは自営業者でも借りれる?審査の口コミどう?

インターネットの口コミどう?

インターネットが普及し、あちこちで口コミサイトが開設されていますが、信憑性はどうなのでしょうか。

家電や日用品、化粧品などは、実際に使った人が書き込んでいるのでそれなりに信用できる情報だと思います。

特にネットショッピングの場合は画像しか判断材料がないので、使用者の意見は貴重です。

では、カードローンの審査に関してはどうでしょうか。

ハッキリ言って口コミはあまり当てになりません。

確かに審査を受けた人の体験談としては貴重な意見かもしれませんが、多くの場合、審査に通った人は「自分でも通ったのだから甘いのだろう」と判断しますし、審査に落ちた人は「落とされたから厳しい」と書き込むからです。

また、審査に落とされた人はその腹いせに「悪い口コミ」を書き込む場合があることも否定できません。

審査通過率を見れば一目瞭然?

審査通過率というのは、「月刊消費者金融」などの業界紙で公開されている信用できる数字です。

これによると、消費者金融の審査通過率は40%~45%、銀行カードローンは20%~30%となっています。

つまり、銀行カードローンは消費者金融の半分程度しか通過しないということです。

自営業者が横浜銀行カードローンで借りるなら?【審査結果通知から契約まで】

仮審査の結果は電話で回答

横浜銀行カードローンに申し込むと、所定の審査が開始され結果が知らされます。

審査結果は申込時間や申請者の信用情報にもよりますが、最短なら原則として申込日の翌日に電話で知らされます。

申込後に知らされる審査結果はあくまでも「仮審査」なので、審査の結果が合格でも「仮承認」という扱いだそうです。

つまり仮承認をもらった人は、再度正式な申し込みをしなければならないという事です。

最初に提出した「仮審査申込み」の記入内容と、再度提出する正式な申込書の記載内容に相違点があったり、他社からの借り入れ状況によっては、仮審査の結果に関わらず本取引が中止されることもあるようです。

契約が完了するまでは油断できません。

本審査後いよいよ契約

本審査に通れば、いよいよ契約です。

横浜銀行カードローンの場合、カードローンの申し込みはインターネットでも可能ですが、契約書類の提出に関してはインターネットは使えません。

インターネットのカードローンサイトから契約書類をダウンロードし、必要事項を記入して本人確認書類とともにFAX送信するか、自宅に郵送されてきた契約書類に必要事項を記入して本人確認書類を同封して返送するか、のいずれかの方法になります。

また、横浜銀行に普通預金口座をお持ちでない方は、契約前に新規で口座開設しておかなければなりません。

ローンカードの郵送

横浜銀行カードローンのカードは、簡易書留郵便で自宅へ郵送されてきます。

カードが届けばすぐに借入れることができます。

横浜銀行カードローンは高額融資がお得?自営業にもおすすめ?

500万円以上の金利を比較すると?

横浜銀行カードローンの最大限度額は1000万円です。大手銀行カードローンの金利と比較してみましたのでご紹介します。

まず、三井住友銀行カードローンは年4.0%の金利で、みずほ銀行カードローンも同様に年4.0%の金利となっています。

それに対して横浜銀行カードローンはなんと年3.5%!二大メガバンクを抜いてトップの低金利ですね。

最高利用限度額で金利を比較すると?

三菱東京UFJ銀行の最高利用限度額が500万円、三井住友銀行の場合は800万円だったので、最高利用限度額が1000万円のみずほ銀行カードローンの金利と比較しました。

みずほ銀行カードローンは年利2.0%、これに対して横浜銀行カードローンはなんと年利1.9%!

圧倒的に横浜銀行カードローンの方が安い金利ですね。

比較してみて分かったことは、100万円以下の借り入れならどの銀行カードローンでも大差はないようです。

と言っても、横浜銀行カードローンは三大メガバンクと比較しても決して有利な数字ではありません。

しかし、横浜銀行カードローンは高額融資に大きなメリットがあります。500万円を超える借入額でそのメリットを発揮し始めます。

よって、長期に渡って利用を続け、その間に増額審査を受けて借入限度額を多くしていく、というような計画的な利用を考えている方には、非常にメリットが大きいカードローンと言えるのではないでしょうか。

ただし、高額融資の際にお得に借りれると言っても「事業資金」としては使えません。自営業・個人事業主の方はお気を付けください。

横浜銀行カードローンで限度額を増額する方法は?【自営業者の場合】

横浜銀行の最大の魅力は低金利

カードローンで横浜銀行を選ぶ方の多くは、金利の低さで選んでいるのではないでしょうか。

横浜銀行カードローンの金利は、年利1.9%~14.6%という驚異的な数値です。

しかし、実際にお金を借りた人の多くは「普通の銀行カードローンだった」とか「特に金利が安いということはなかった」という意見が多いようです。

というのも、初回の借入限度額に関しては100万円以下の限度額で契約している方が多いことが原因です。100万円以下の借入限度額では、適用される金利は最大額の14.6%だからです。

ちなみに、横浜銀行カードローンの最高金利は三菱東京UFJ銀行のバンクイックと同じであり、三井住友銀行カードローンよりも0.1%高い数値となっています。

低金利で借りたいなら実績を作ること

横浜銀行カードローンの最大の魅力である最低金利1.9%が適用される人は、借入限度額が1,000万円と認められた人だけです。

1,000万円という借入限度額は住宅ローンなら安い方ですが、カードローンとなると逆毛が立つほど大きな金額。とても庶民が借りられる金額ではありません。

ましてや、申込フォームに「借入れ希望額は1,000万円で」と書き込んだら、間違いなく審査落ちすることでしょう。

しかし、限度額1,000万円で低金利になるというのは捨てがたいですよね。

金利を低くしたければ借入限度額を上げれば良いのですが、単純な話ではありません。

具体的に限度額を増額する方法は、借り入れと返済を繰り返して優良利用者としての実績を作り、その上で利用限度額の増額を申請することです。

そのためには毎月の返済が遅れてはいけません。

また、返済遅れを気にするあまりカードローンを全く利用しないのもいけません。

理想的な方法として考えられるのは、毎回限度額いっぱいまで借り入れし、すべて返済遅れなく返済し続けることです。

そうすれば「現在の限度額では足りないので増額して欲しい」という申請にも説得力が出ますよね。

横浜銀行カードローンの場合は、限度額300万円超400万円以下まで承認されれば、他行より低金利になるのでメリットが出てきます。

自営業でも借りれる横浜銀行カードローンまとめ

自営業者に対する銀行カードローンの審査は、企業に勤めている正社員と比べると厳しめに判断されることが多いようです。

ですが、毎年黒字を出していたり、所得もしっかり申告している個人事業主なら借り入れできる可能性は高いです。

ただ、収入が不安定な要素が大きいため、審査においては不利になる点が多いと思われますが、はじめは少額融資を希望するなど必要最低限の希望額を設定しておくことで、審査落ちは回避できるのではないでしょうか。

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンのメリット
横浜銀行カードローン公式サイトへ"

銀行カードローンの審査 > 横浜銀行カードローン > 横浜銀行カードローンは自営業でも借りれる?