銀行カードローン審査ガイド

横浜銀行カードローンはパート主婦でも借りれる?

パート主婦でお金に困っているという方には、地方銀行なのに都市銀行並みに低金利で借りれる横浜銀行カードローンがおすすめです。金利は年1.9%~14.6%と低く、誰にもバレずにパソコンやスマホを使ってWeb申し込みをすることも可能です。横浜銀行に口座をお持ちでない方でも借り入れできます。気になる返済金額は月々2,000円から。これなら毎月のパート収入でも無理なく返済できます。

お急ぎの方は>>横浜銀行公式サイトへ

横浜銀行カードローンのメリット
横浜銀行カードローン公式サイトへ

横浜銀行カードローンはパート主婦でも借りれる?

急な冠婚葬祭や子供の学費、習い事など、出費がかさんで生活が大変な時ってありますよね。

そんな生活を何とかしたい!と思っているパート主婦の方、パート収入でもお金が借りれるカードローンがあることをご存じでしょうか。

こちらでご紹介している横浜銀行カードローンなら、パート主婦の方でもお金が借りれます。Webから申し込みができるので、夫にバレずに借りることも可能です。

横浜銀行カードローンの一番のメリットとも言えるのが、都市銀行並みに安い金利です。

年1.9%~14.6%という低金利で借入できる上に、毎月の返済金額は2,000円でOKなので、パート主婦の方でも家族に内緒でこっそり利用できるカードローンではないでしょうか。

横浜銀行カードローンの借り方は?【申し込み方法を解説】

横浜銀行カードローンは、同行に口座がなくても申し込むことができます。

申込み方法は、直接来店して店頭窓口での手続きでも可能ですが、インターネットや電話、郵送やFAXからでも受け付けています。

インターネットからの申込方法は?

インターネットからの申込みは、パソコンから横浜銀行カードローンのサイトへアクセスし、「簡単お申込みはこちら」をクリックします。

すると、「横浜銀行カードローンお申し込みにあたっての確認事項」というページが開きます。

そこには、住居又は勤務先、年齢、安定した収入の3つの項目に「はい・いいえ」で答える簡単な条件確認があり、すべて「はい」をクリックすると「次へ」のアイコンが表示されます。

「次へ」をクリックすると「個人情報の取り扱いに関する同意事項」のページへ進みます。

ここでは、保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社あての同意と、信用情報機関から個人情報を取り寄せて審査することに関する同意が求められます。

ページ最下部の「同意する」をクリックして、はじめて申し込みフォームが開きます。

さすがは歴史ある銀行だけに、事前の確認事項はしっかりしていますね。

その他の申込方法は?

電話での申し込みは、0120-458-014(458ヨコハマ014イーヨ)で申し込むことができます。

携帯電話やPHSからも利用可能です。

受付時間は、平日は9:00~20:00、土日祝日は9:00~17:00(12月31日~1月3日を除く)です。

郵送なら、横浜銀行の店頭やATMに常備されているリーフレットに記入して、FAXや郵送で申し込むこともできます。

FAXについては24時間365日無休で、0120-144-244で受け付ています。

パソコンや電話が苦手な人は、こちらの方法が良いかもしれませんね。

横浜銀行カードローンの金利と借入限度額は?

金利と利用限度額について

カードローンの金利は、利用限度額によって変ります。

利用限度額とは、「この範囲の中ならお金を貸しても良いよ」というカードローン会社と利用者の間で交わされる約束です。

この利用限度額は、陸上や共栄のコースと考えれば分かりやすいと思います。

横浜銀行カードローンでは、100万円以下コースであれば金利を年14.6%、100万円超200万円コースだと年11.8%から始まり、上限の1000万円では年1.9%まで、全部で10コースに分けられています。

初回は限度額いくらまでOK?

横浜銀行カードローンの場合は、借入限度額が10万円~1,000万円となっています。

実質年利は1.9%~14.6%と幅広く、借入れ限度額が高いコースほど金利が下がります。

では、最初から1,000万円の利用限度額で申請しておけば、最低金利で借り入れることができるはずですよね。

しかし、現実はそんなに甘くありません。利用限度額を大きく申請するほど審査は厳しくなります。

ですから、初回の借入れは10万円程度と考えておいた方が無難です。

どんなに多く見積もっても、初回利用者は100万円以下の借入れしかできないようです。

より低金利でお得に借りるには?

初回の借入れは10万円~100万円と申し上げましたが、これらのコース分けは日常の利用状況によって増額が期待できます。

ある程度の回数や期間に借りたり返したりという積み重ねを作っていく事により、少しずつ利用実績ができるので、借入限度額を増額することも可能になります。

最初から高い希望額で審査に挑んで落とされたら元も子もないので、希望限度額が不本意であっても、まずは少額借入で審査を通過することを第一に考えましょう。

横浜銀行カードローンの審査どう?パート主婦の場合は?

実は消費者金融の方が申込条件は厳しい?

銀行カードローンと消費者金融の申込条件を比較すると、そう思える事もあると思います。

まず借入限度額ですが、消費者金融カードローンは年収の1/3を超える借入れは法律上できませんが、銀行カードローンは年収に関係なく借り入れできます。

さらには、消費者金融系カードローンでは収入が無い主婦は借りられませんが、銀行カードローンでは配偶者に収入があれば借りれる所もあります。

これらの条件を比較してみると、消費者金融カードローンの方が銀行カードローンよりも条件が厳しいと思われるかもしれません。

銀行カードローンの保証会社は消費者金融

横浜銀行カードローンの保証会社は、プロミスで有名なSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が担当しています。

そのことに注目した人が、「横浜銀行カードローンの審査はプロミスがやっているのだから、審査の厳しさはプロミスと同じ」と考えた人がいるようで、審査に対するハードルが低いのでは?と思われる原因となっています。

でも実際には、横浜銀行カードローンの返済が滞ったらプロミスが代わりに支払うわけなので、自社の審査よりは厳しくしているのが実態です。

つまり、プロミスの審査より横浜銀行カードローンの審査の方が厳しいということになります。

横浜銀行カードローンでお金を借りるメリット・デメリットとは?

メリットとは?

まず、横浜銀行カードローンは銀行カードローンなので、配偶者に安定した収入があれば主婦の方でも申し込みできます。

次に、インターネットからの申込みが可能で24時間受付対応。来店不要で借りれる点がメリットになります。

そのうえ審査もスピーディーで、スピード融資も可能。融資限度額については1000万円と高額です。

そして、何より驚きなのが金利の低さ。横浜銀行カードローンの年利は、1.9%~14,6%なので高額融資を希望する際に力を発揮します。

事業資金以外の用途は禁止されていますが、それ以外の使い途なら自由なので、借換えやおまとめローンに使うと最大の威力が発揮されます。

デメリットとは?

横浜銀行は地方銀行なので、ここを指摘するのはお門違いなのですが、申し込み資格がある人が限定されている事が一番残念な点です。

その申し込み資格とは、神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の以下の市、前橋市、高崎市、桐生市に居住もしくは勤務している人で、それ以外の人は申し込みができません。

次に、提携ATMが有料なこと、さらには横浜銀行ATMでさえ時間外には手数料がかかるところが、とても残念な点だと言えます。

そして、提携銀行や信用金庫のATMからは借入のみでき、返済ができないのも変則的で分かりにくいですね。

地域的なことは仕方ないとしても、提携ATMの問題点は改善していただきたいものですね。

横浜銀行カードローンは職場に在籍確認の電話はある?

横浜銀行カードローンの在籍確認は必須

カードローンを申し込む際に気になることのひとつに「在籍確認」がありますね。

銀行によっては在籍確認をしないカードローンもありますが、横浜銀行カードローンの場合は必ず在籍確認があります。

パート先に在籍確認の電話をかける際、消費者金融の場合は会社名を明かすと一発で借金だとバレてしまうため、会社名は一切名乗らずに担当者の個人名でかけてきます。

ですが、銀行の場合は預金や保険など数多くの商品があるので、「銀行から電話=借金」とはバレにくいため、在籍確認の際に銀行名を名乗ることがよくあります。

それでも審査を受ける側としては、電話を受けた人にカードローンがバレないか不安ですよね。

そこで、心配な人は以下のような対策を講じておくのも良いかと思います。

在籍確認で職場にバレないコツは?

横浜銀行はクレジットカードも扱っています。

そこで「横浜銀行にクレジットカードを申し込んだので、カード会社から電話がかかってくるかもしれませんから、よろしく!」と勤務先の関係各位に予防線をはっておくのです。

横浜銀行はネームバリューがありますから、不信感を抱く人はいないでしょう。

在籍確認は審査が順調に進んでいる証拠?

横浜銀行カードローンの在籍確認は、仮審査通過後の本審査で行なわれます。

個人情報や属性などの基本審査は仮審査で完了していますから、在籍確認の電話がかかってくる段階は審査の最終段階と考えて良いでしょう。

ですから、在籍確認は嫌な事ではなくむしろ喜ぶべきことなのです。

ちなみに、横浜銀行カードローンの場合、口座をお持ちの方に限り最短融資も可能なのですが、勤務先が休業中だと在籍確認で審査が止まってしまいますので、最短融資が行なわれません。

お借り入れを検討中の方は覚えておいてください。

横浜銀行カードローンの在籍確認は会社にバレない?

在籍確認の内容とは?

カードローン審査が進むと、申請者が本当に申告した勤務先に勤めているかどうかを確認する行程に入ります。

電話をかけてくる保証会社は、個人名を名乗るだけなのでカードローンの在籍確認とはバレないと言っていますが、それでも不安で嫌な気持ちになりますよね。

なぜ在籍確認は必要なのか?

カードローン会社は、確実にお金を返してくれる人にしか融資はしません。

お金を返すということは、返すためのお金を調達する手段があると証明できる人にしか貸せませんね。

それが確実なのは、特定の会社に継続勤務している人です。

その為に、申告している勤務先に勤めているかを確認する必要があるのです。

申告者が社内事情に詳しかったり、過去数ヶ月間の給与明細を持参しても、以前勤務していて既に退職している場合もありますから、電話確認は必要なのです。

本審査で在籍確認は必須!

横浜銀行では、本審査の過程で在籍確認が必ずあります。

この際、銀行名を名乗ることがよくあります。

地方銀行第一位の実績を持つ横浜銀行とは言え、在籍確認ともなれば不安になる人も多いのではないでしょうか?

そこで、苦肉の策として「○○保険と名乗って下さい」とか「××病院と名乗って下さい」などと頼む申請者がいるようです。

しかし、ウソの会社名を名乗ることは法律で禁止されていますから、実行不可能な要望です。

ですから、職場で怪しまれたら「横浜銀行に口座を開設したら、書類に不備があったみたい」などという切り抜け方法を考えておいた方が無難かもしれません。

パート主婦でも借りれる横浜銀行カードローンまとめ

こちらでは、パート主婦の方でも借りれる横浜銀行カードローンについて詳しくご紹介しました。

横浜銀行に口座をお持ちの方でも、口座をお持ちでない方でも、パート勤務で毎月安定した収入があれば借り入れは可能です。

ちなみに、横浜銀行に口座をお持ちの方に限りネット申込みが可能で、Webですべての手続きが完了します。誰にもバレずにお金を借りることも可能です。

金利が安くて便利な横浜銀行カードローンは、パート主婦の方におすすめです。今すぐお金が必要な方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンのメリット
横浜銀行カードローン公式サイトへ"

銀行カードローン審査ガイド > 横浜銀行カードローン > 横浜銀行カードローンはパート主婦でも借りれる?