銀行カードローン審査ガイド

鹿児島銀行カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?

鹿児島銀行とは?

鹿児島銀行とは鹿児島県鹿児島市に本店がある地方銀行で、正式名称は「株式会社鹿児島銀行」、略称は「鹿銀(かぎん)」と言います。

店舗は鹿児島県内の他に、宮崎県内に8店舗、福岡県と熊本県に各1店舗ずつ設置されています。

九州以外では、東京都と大阪府に各1店舗ずつ開設しています。

鹿児島銀行カードローンの種類

鹿児島銀行のカードローンは来店不要!印鑑不要!口座不要!の「かぎんカードローンS(エス)」と鹿児島銀行ユーザー向けの「かぎんカードローン」があります。

どちらのカードローンも、急な出費に備えて持っていると大変便利で安心ですね。

鹿児島銀行「かぎんカードローンS」の概要

「かぎんカードローンS」のスペックをご紹介します。

金利は年1.9%から14.5%で利用限度額は10万円以上1,000万円以内と優れた内容になっています。

利用できる人は以下の条件を満たす必要があります。

・申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の人
・保証会社の保証が受けられる人

保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」です。

居住地域や営業エリアに関する制限は、特にありません。

「かぎんカードローンS」の審査は甘い?厳しい?

「かぎんカードローンS」の審査をする「SMBCコンシューマーファイナンス」はいわゆる消費者金融大手の「プロミス」です。

プロミスの審査は、消費者金融業界では難易度が高い部類にはいりますが、「かぎんカードローンS」の利用限度額が10万円からなので、審査に自信がない人はココが突破口になると思います。

鹿児島銀行「かぎんカードローン」の概要

「かぎんカードローン」のスペックは以下のようになります。

利用限度額は10万円以上500万円以内(10万円単位)で、金利は年4.5%から14.5%です。

この内容がどうなのか?

同じようなスペックの三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」と比較しますと、限度額が500万円で金利は年1.8%から14.6%です。

10万円を借りるのであれば「かぎんカードローン」に歩がありますが、高額融資になるにつれて金利の高さが目立ってしまいますね。

「かぎんカードローン」の審査は甘い?厳しい?

利用対象者は以下の条件を満たす必要があります。

・申し込み時の年齢が満20歳以上満65歳以下の人
・保証会社の保証が受けられる人

保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」です。

審査に関しては、「かぎんカードローンS」よりも年齢制限が厳しいことから、こちらの方が審査基準は高いと思われます。

個人的には「かぎんカードローンS」があれば「かぎんカードローン」は不要な気がしますが、どうなのでしょうか?!

鹿児島銀行カードローンの借り方は?

鹿児島銀行ATMをはじめ、福岡銀行、西日本シティ銀行、筑邦銀行、佐賀銀行、大分銀行、親和銀行、十八銀行、宮崎銀行、肥後銀行などの九州ATMネットワークやゆうちょ銀行ATMが利用できます。


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 鹿児島銀行カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?