銀行カードローン審査ガイド

銀行でお金を借りるならどこがいい?

お金が必要になって銀行カードローンの利用を考えているけど、どこの銀行で借りたらいいのかわからない。
そんな人におすすめなのが、銀行カードローンの中でも低金利で借入限度額も大きい住信SBIネット銀行カードローンがおすすめです。ネット銀行だから実現できる豊富な融資実績があり、多くの人が利用しているので安心して申し込みができます。ネット銀行ならではの低金利と限度額、無理のない返済が可能な住信ネット銀行カードローンがおすすめです。
急ぎの方は住信SBIネット銀行公式へ

住信SBIネット銀行カードローンはスマホ完結!

住信SBIネット銀行カードローン


住信SBIネット銀行カードローンはネット銀行だから実現できる低金利年0.99%~14.79%!利用限度額も1,200万円!融資実績も豊富で、無理のない返済が可能なので安心して利用できます。
ネット窓口はこちら

銀行でお金を借りるならどこがいい?


お金を借りるなら、金利の安い所、審査の通りやすいところ、なるべく早く借り入れできる所、安心して借り入れできる所など自分の条件にあった金融会社を探すのも一苦労です。

そこで借り入れしようか悩んだとき、参考になるのが、おすすめランキングです。

銀行カードローンランキングを比較した所、金利も安く、安心して借り入れできるといったら銀行カードローンですよね

その中でも住信ネット銀行カードローンは金利が年0.99%~14.79%と最低金利が1%を切る低さで仮審査の結果は最低60分で出る早さです。

そのほかのおすすめ銀行カードローンはどこでしょうか?

こちらでは独自に調査したおすすめ銀行カードランキングをご紹介しましょう。

銀行でお金を借りるランキング

住信SBIネット銀行カードローン

sbitantai_temp
sbi_button

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」

aeonbanktantai_temp
aeonbank_button

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンのメリット
楽天銀行公式サイトへ

銀行カードローンでお金を借りる審査は厳しい?


どこの銀行も個人情報をしっかり調べて、属性や勤務状況などをきちんと審査していますので、審査の甘い銀行カードローンはありません。

審査基準は銀行によって違いますが、一般的な銀行カードローンの審査に通過する条件は

  • ・年齢が20歳以上であること。上限は60歳~65歳までの所が多いです
  • ・毎月安定した収入があること
  • ・今までに金融事故を起こしていない
  • ・金融機関が独自に定める条件をクリアしている

などがあげられます。

銀行カードローンよりも審査が通りやすいと言われている消費者金融と比較してみても審査条件にそんなに違いはないでが、消費者金融と比べて審査基準が厳しくなっているようです。

銀行カードローン審査に落ちる理由は

  • ・勤続年数が短い
  • ・希望限度額が収入に対して多すぎる
  • ・申し込みブラック(短期間に何社もの申込を行った人)
  • ・他社借入や借り入れ金額が多い
  • ・金融事故を起こしている人(返済遅延や滞納)
  • などがあります。
    このほかにも審査に落ちる理由はありますが、金融事故を起こしている人や他社借入が多い人は審査に通るのはかなり厳しいと言えるでしょう。

    銀行でお金を借りる審査に通るコツは?


    銀行カードローン審査に通るには、最低限申込条件をクリアしていないといけませんが、そのほか、審査に通るためのコツをご紹介しましょう。

    記入(入力)間違いをしない

    記入間違いや記入漏れがあると銀行側は、嘘の情報と判断することもあります。
    ですので、記入間違いや記入漏れのないように注意してください。

    借り入れ限度額は控えめに

    借入希望額は自分の収入に応じた額を申し込むようにしてください。
    収入に対し借入希望額が多いと審査は通りにくくなります。
    はじめて借り入れする場合は控えめに申し込むことをおすすめします。はじめから大きな金額で申込をすると信用がなくなることも…。

    一度に複数の申し込みをしない

    申し込みは1社だけにしましょう。
    銀行カードローンの審査に申し込みをすると信用情報機関を通してすぐにわかってしまいます。
    一度に何社もカードローンを申し込んでしまうとお金に困っていると判断され審査に通りにくくなります。
    審査が不安だからと言って一度に何社も申し込みをするのはやめましょう。

    銀行でお金を借りるのに必要な物は?


    銀行でお金を借りるのに必ず必要な書類は本人確認書類です。

    本人確認書類が必要な理由は、本人かどうか確認するするため以外にも、申告された内容の事実確認をするためでもあります。

    家族の名前で申し込みをしたりまったく別の人が身分証を利用してお金を借りるケースがあるため、これらの事件を予防するために顔写真付の本人確認書類が必要になります。

    本人確認書類とは
    • ・運転免許証
    • ・パスポート
    • ・個人番号カード(顔写真付)

    のものとなりますが、顔写真付の本人確認書類が用意できない場合は、銀行側から指定された書類をいくつか提出する必要があります。

    顔写真付の本人確認書類がない場合に必要な書類
    • ・健康保険証
    • ・年金手帳
    • ・母子健康手帳などの福祉手帳
    • ・印鑑証明書
    • ・住民票の写し
    • ・戸籍謄本

    などでも本人確認書類にはなりますが顔写真がない場合はこのほかに、

    • ・公共料金の領収書
    • ・社会保険料の領収書
    • ・国税や地方税の領収書
    • ・納税証明書

    が追加で必要になります。

    借入条件や借入先によっては本人確認書類以外に収入証明書類が必要なこともあります。

    収入証明書類とは
    • ・給与明細書
    • ・源泉徴収票
    • ・税額通知書
    • ・納税証明書
    • ・確定申告書
    • ・所得(課税)証明書
    • ・住民税決定通知書

    になります。

    審査から借り入れまでスムーズに行うためにはあらかじめ事前に必要書類を用意しておくことをおすすめします。
    必要な書類は銀行によって違いますので、公式ページで確認しておいて下さい。

    バンクイックでお金を借りる手順と流れは?


    三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは銀行カードローンの中でも審査がスムーズで最短借入が可能なカードローンとして人気を集めています。

    バンクイックの申込条件は
    • ・年齢が20歳以上65歳未満
    • ・国内に居住している方
    • ・原則安定した収入のある方
    • ・保証会社アコムの保証を受けられる方

    となっています。

    バンクイックは三菱東京UFJ銀行の口座がなくても申し込みが可能で、新しく預金口座を開設する必要もありません。

    インターネット申込なら24時間365日申込が可能ですし、特に急いでいるときは、テレビ窓口でカードの受取が可能です。
    テレビ窓口なら銀行窓口が閉まっている平日15時以降でも、土・日・祝日でも利用可能ですし
    特に急ぎの場合はテレビ窓口で申込みからカード発行が可能です。

    バンクイックインターネット申込方法

    • 審査申し込み
    • パソコン・スマホ・携帯電話から申込
    • 審査結果連絡
    • Eメールまたは電話で審査結果の連絡があります。
    • 契約手続
    • テレビ窓口で契約手続、その場でカード発行が可能です。
    • そのほか郵送でも契約手続・カード発行が可能です。
    • 借入
    • 三菱東京UFJ銀行ATM・提携コンビニATMで借入可能です。

    ※テレビ窓口でカードを受け取る際は運転免許証が必要です。

    住信SBIネット銀行でお金を借りる手順と流れは?


    銀行カードローンの中でも特に低金利で人気なのが住信ネット銀行カードローンです。
    住信ネット銀行カードローンの金利は
    年0.99%~14.79%
    利用限度額最高1,200万円
    となっています。

    住信ネット銀行カードローンの申込条件は
    • ・申込み時の年齢が満20歳以上満65歳以下
    • ・継続した安定収入がある方
    • ・外国籍の場合、永住者であること
    • ・保証会社の保証を受けられること
    • ・当社の普通預金口座を保有していること(同時申込み可能)

    住信ネット銀行カードローンのMr.カードローンは

    プレミアムコースとスタンダードコースにわかれていて

    • プレミアムコース
    • 金利:年0.99%~7.99%
    • 限度額:1200万円
    • スタンダードコース
    • 金利:年8.39%~14.69%
    • 限度額:300万円

    となっています。

    プレミアムコースの最高金利は7.99%と非常に低くなっており誰もがプレミアムコースで借入したいと思いますが残念ながら、プレミアムコースかスタンダードコースかは申込者は選べなくなっており、住信ネット銀行側が返済能力に合わせてコースを割り当てるようになっています。

    住信ネット銀行は、各コースの基準など発表はしていませんが、プレミアムコースに割り当てられる可能性が高い方は、年収が多く(400万円以上)公務員など安定のある方は350万円以上で、他社借入が少ない方となっているようです。

    住信ネット銀行カードローン審査申込みから借入れまで

    • 口座開設・審査申し込み
    • パソコン・スマホから申込み手続が可能
    • 仮審査
    • 最短60分出仮審査が完了します。
    • 仮審査結果連絡
    • メールとメッセージBOXに仮審査の結果連絡が届きます。

    • 必要書類の提出
    • 本人確認書類
    • 利用限度額50万円を超える場合は収入確認書類の提出
    • 本審査
    • 本人確認のため携帯電話に連絡、
    • 在籍確認のため勤務先に電話連絡を行います。
    • 手続完了
    • カードローン口座開設後、メールとメッセージボックスにお知らせ
    • WEBサイト・提携ATMから借り入れ可能です。
    • ※キャッシュカードは1週間ほどで自宅に届きます。

    あらかじめ、住信ネット銀行の口座を開設していてキャッシュカードをお持ちの方は本審査後、キャッシュカードをローンカードとして利用可能になります。

    銀行でお金を借りるQ&A

    銀行ローンにはどんな種類のローンがある?

    銀行からお金を借りる方法として銀行ローンには、マイカーローン、住宅ローン、リフォームローン、教育ローン、トラベルローンなどいろんな種類のローンがあります。これらのローンはその目的に応じた借入しかできません。銀行のローンの中でも利便性が高く、利用目的、使い道が自由なのが銀行カードローンです。
    銀行カードローンは、担保や保証人も不要で申込みも来店不要で、パソコンやスマホで可能な銀行も多く、大変利用しやすいカードローンです。

    はじめて銀行でお金を借りるなら希望限度額はどのくらいがいい?

    銀行カードローンの申し込みを行うと必ず審査があります。借入希望額が高ければ高くなるほど審査は厳しくなると言われます。はじめてカードローンを申し込む際は借入希望額を30万円までにしておくことをおすすめします。こちらで紹介している住信ネット銀行カードローンも50万円以上は収入証明書類が必要になります。どうしても30万円以上必要と言う方でも50万円までにしておいた方がいいでしょう。
    カードローン審査にはこれまでの利用実績を評価する傾向にあり、今までに利用したことのない人に、はじめから大きな金額を貸すのは難しいと言われています。はじめてカードローン審査に申込んだ方より、今までにカードローンを利用していて返済の遅延や滞納などがなく毎月きちんと返済しているほうが信用もできカードローン審査に通りやすいとも言われています。

    審査の時に嘘の情報を記入したらばれる?

    銀行カードローン審査に通りたいからといって、他社借入状況や勤務先年収など嘘の情報を入力しても必ずばれてしまします。審査の時は、本人確認書類や場合によっては収入証明書類が必要です。もちろん勤務先に在籍確認の連絡を行いますので、間違った勤務先を言ってもすぐにばれてしまします。他社借入についても銀行側は、審査の時に信用情報機関に問合せをしますのですぐにばれてしまします。少しの間違いや嘘でも審査に落ちてしまうこともありますので、入力ミスや、嘘の申告は絶対にしないようにしてください。

    銀行でお金を借りるメリットとデメリットは?


    カードローンには、銀行カードローンや消費者金融のカードローンなどありますが、銀行カードローンを選ぶ、メリットやデメリットを紹介しましょう。

    銀行でお金を借りるメリットは?
    • ・比較的低金利でお金が借りれる
    • ・借入限度額が大きい
    • ・銀行と言う安心感がある
    • ・銀行カードローンの中には自動融資機能がある

    銀行カードローンのメリットとして1番にあげられるのがやはり、消費者金融に比べて金利が低いことですよね。借入限度額も最高1,000万円の所や最近では1,200万円の所も出てきています。
    また銀行カードローンの機能として便利なのが、自動融資機能です。
    公共料金やクレジットカードの支払いのとき、口座残高不足で引き落としができないときに、自動的にカードローンから引き落としされます。

    銀行でお金を借りるデメリットは?
    • ・消費者金融に比べて審査が厳しい
    • ・消費者金融に比べ借り入れまでに時間がかかることも
    • ・普通預金口座の開設が必要なことも

    銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低い分、審査は厳しくなっている様です。
    そして、銀行カードローン次第のメリットは融資までにかかる時間です。仮審査は最短で60分や最短審査可能な所もありますが、本審査で時間がかかったり。口座開設で時間がかかったりして融資までに1週間以上かかる銀行カードローンもあります。

    銀行でお金を借りるならまとめ


    銀行カードローンを選ぶ理由として1番にあげられるのが低金利ですよね。
    低金利でおすすめなのが住信ネット銀行カードローンです。

    最低金利が0.99%と非常に低く、借入限度額も最高1,200万円と銀行カードローンだからこその借り入れ限度額となっています。

    その分、消費者金融よりも審査は厳しくなっていますが、年収も高く、他社借入も少ない人にはおすすめのカードローンです。

    他にもバンクイックなら、テレビ窓口の利用で最短融資も可能ですし、楽天銀行カードローンは、ネット銀行ならではの金利の低さやネットで審査申し込みから借り入れもできる便利さから最近人気を集めている銀行カードローンです。

    住信SBIネット銀行カードローン

    sbitantai_temp
    sbi_button


    銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 銀行でお金を借りるならどこがいい?