銀行カードローン審査ガイド

肥後銀行カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?

肥後銀行カードローンは3種類

肥後銀行のカードローンは申し込みから契約までWEBで完結する「WEBカードローン」と自動融資付で残高不足にも安心・便利な「カードローンBack Up」肥後銀行住宅ローン利用者には優遇金利がある「カードローンBEST ASSIST」の3つがあります。

肥後銀行WEBカードローン

WEBカードローンの利用限度額は10万円から500万円、金利は4.5%から14.0%という銀行カードローンとしては、平均的なスペックとなっています。

まず、大前提として肥後銀行に口座が必要です。

この上で、申し込める人は以下の条件を満たす必要があります。

・満20歳以上で満65歳未満の人
・肥後銀行で教育カードローンを除く、他のカードローンの契約がない人
・住所が九州各県内(佐賀県・沖縄県を除く)、東京都、大阪府の人
・保証会社の保証が受けられる人

保証会社は「株式会社オリエントコーポレーション」、いわゆる「オリコカード」ですね。

クレジットカード会社の審査は若干厳しめの傾向がありますが、利用限度額が10万円からなので、審査に自信がない人は希望限度額を低めに設定して申し込めば良いと思います。

肥後銀行カードローンBack Up

カードローンBack Upは借入限度額が30万円、50万円、100万円の3つのコースがあります。

30万円と50万円コースは所得証明書が不要ですが、100万円コースでは必要になります。

申込み条件はWEBカードローンと同じですが、居住区域の制限はありません。

保証会社は「肥後カード株式会社」と「株式会社オリエントコーポレーション」の2社ですが、審査の方法がユニークです。

まず、肥後カードが審査を実施しますが、審査落ちした場合には自動的にオリエントコーポレーションが2次審査を実施するという二段構えの審査システムになっています。

又、この審査は金利にも影響します。

肥後カード(1次審査)で承認された人は金利が年12.5%ですが、オリコカード(2次審査)で承認された場合は年14.0%の金利になります。

審査は二段審査なので通過率が上がりますが、最低限度額が30万円からなのでWEBカードローンよりは難易度はあがると考えられます。

肥後銀行カードローンBEST ASSIST

カードローンBEST ASSISTは肥後銀行のプレミアムクラスのカードローンです。

借入限度額は、100万円、200万円、300万円の3コースがあり、通常金利は年7.15%、住宅ローンを利用している人は年5.4%と低金利に設定されています。

利用できる人は、満25歳以上で満60歳未満の個人の人で、前年度の年収が400万円以上の人という条件です。

保証会社は「肥後カード」か「オリコ」になりますが、限度額や所得制限などの条件から厳しい審査が予想されます。

肥後銀行カードローンの借り方は?

肥後銀行ATMをはじめ、九州ATMネットワーク参加銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMが利用できます。


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 肥後銀行カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?