銀行カードローン審査ガイド

筑邦銀行カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?

c477e

筑邦銀行カードローンは5種類

筑邦銀行のカードローンは用途に合わせて5種類の中から選ぶことができます。

それぞれに借入限度額や金利、保証会社が異なるので、簡単に紹介していきます。

筑邦銀行「ミニカードローン」

筑邦銀行のサイトでは、この商品が「おすすめ」と表記されています。

口座の残高不足に備えて、最大100万円まで自由に使えるカードローンです。

キャッシュカードにローン機能を追加するだけなので余計なカードが増えることもありません。

金利は年13.0%(固定金利・保証料込)です。

100万円以下の借入れで13.0%というのは、低金利と言って良いと思います。

申込条件は以下の通りです。

・申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下の人

・安定継続した収入がある人
(パート、アルバイト、契約社員、配偶者に安定収入がある専業主婦もOK)

・筑邦銀行所定の保証会社の保証が得られる人。

※融資金額は10万円から100万円ですが、専業主婦は50万円以内となります。

保証会社は「株式会社セディナ」です。

信販会社の審査は若干厳しい傾向にありますが、融資額が低いことや専業主婦でもOKな点を考えれば、難易度は高くないと思われます。

筑邦銀行「エクセルカードローン」

借入限度額は10万円以上500万円以下ですが、所得と勤続年数に制限があります。

10万円から90万円は制限がありません。

100万円から300万円は年収200万円以上、300万円超は年収400万円以上で、いずれも勤続年数が2年以上必要になります。

専業主婦やパート、アルバイトでも申し込むことができますが、専業主婦とパートは限度額が30万円以下、アルバイトは20万円以下に制限されています。

申し込める年齢は満20歳以上60歳以下で安定継続した収入がある人が条件です。

金利設定がユニークで、ファーストレート(年5.0%)、セカンドレート(年7.8%)、サードレート(年11.8%)の3段階(変動金利・保証料込)で、保証会社の審査によって決定します。

保証会社は「株式会社オリエントコーポレーション」ですので、審査は若干、厳しいと思われます。

筑邦銀行「マイポケットカードローン」

「マイポケットカードローン」は固定金利14.6%で融資金額が10万円から90万円と小口のローンです。

年齢が満20歳から満75歳で専業主婦や学生でもOKです。

保証会社は消費者金融の中では厳しめの審査で知られている「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」ですが、融資額が少額なので審査の難易度は低いと思われます。

筑邦銀行「キャンパスカードローン」

「キャンパスカードローン」は満18歳以上30歳以下を対象とした学生ローンです。

18歳から融資する数少ないカードローンのひとつですが、未成年者は親権者の同意が必要です。

融資額は10万円以上30万円以下で固定金利8.8%です。

保証会社は「筑邦信用保証株式会社」です。

地元の学生向けのカードローンなので、審査は厳しくないと思います。

筑邦銀行「住まいるカードローン」

「住まいるカードローン」は筑邦銀行や他行の住宅ローン利用者に向けて最大300万円まで融資するカードローンで保証会社は「ワイジェイカード株式会社」が担当します。

筑邦銀行カードローンの借り方は?

ちくぎんカードが使えるATMは、セブン銀行、ローソン、イーネットなどのコンビニATMやゆうちょ銀行、九州ATMネットワークの提携銀行が利用できます。


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 筑邦銀行カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?