銀行カードローン審査ガイド

横浜銀行カードローンの借り入れ方法は?

横浜銀行カードローンは銀行カードローンならではの低金利。しかも10万円以下の借入なら月々の返済額が2,000円からですので計画的に借入しやすいカードローンです。横浜銀行の口座をお持ちなら、WEB完結申し込みが可能です。郵送物なしで申込できる横浜銀行カードローンなら家族に内緒で借り入れしたい人にもおすすめです。
急ぎの方は横浜銀行公式へ

横浜銀行カードローンは安心の低金利

横浜銀行カードローン


横浜銀行カードローンは当口座をお持ちなら来店不要・WEB完結!月々の返済も2,000円からと計画的な借り入れが可能です。
ネット窓口はこちら

横浜銀行カードローン審査はどう?

c477e

横浜銀行カードローンとは?!

横浜銀行は神奈川県横浜市に本店を置く日本最大の地方銀行で、正式名称は「株式会社横浜銀行」、略称は「浜銀(はまぎん)」と言います。

横浜市や川崎市に店舗が多く、東京23区内や町田市などの神奈川県に隣接する地域にも多くの店舗があります。

横浜銀行カードローンの概要

横浜銀行カードローンの利用限度額は10万円から1,000万円、金利は年1.9%から14.6%。

最大利用限度額が1,000万円という金額は、メガバンクを含めた銀行カードローンの中でも最高金額なので、さすが日本最大の地方銀行といったところですね。

横浜銀行カードローンの利用条件は?

年齢は20歳以上69歳以下で安定した収入がある人および配偶者と規定されています。

パートやアルバイト、専業主婦は利用可能ですが、学生は利用できません。

関東地方では知名度が高い銀行ですが、基本的には地方銀行なので神奈川県と東京都内もしくは群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に居住または勤務している人でなければ利用することはできません。

残念ながら、埼玉県や千葉県、栃木県、茨城県の人はNGということです。

横浜銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

横浜銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(いわゆるプロミス)です。

プロミスの審査は比較的厳しいと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

一般的に銀行カードローンの審査は厳しい、消費者金融カードローンの審査は甘いと言われています。

これは何に起因するのか?

審査に申し込む際の利用限度額によるという説もあります。

銀行カードローンの利用限度額は10万円以上(新生フィナンシャルなど一部を除く)なのに対して、消費者金融カードローンは1万円から申し込みが可能な場合が多いです。

つまり、新規契約時の利用限度額が高いほど審査が厳しくなるので、一般的に銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいと言われるのです。

では、横浜銀行カードローンの新規契約額はいくらからかと言うと10万円です。

これは他行と比較しても平均レベルです。

中には30万円以上や50万円以上というカードローンもありますから、10万円と言う金額から判断すると決して厳しいということはないと推測されます。

横浜銀行カードローン申し込みから借り方まで

横浜銀行カードローンの申し込みは電話や郵送、FAX、インターネットから行うことができます。

インターネットからは24時間365日申し込むことはできますが、土日は定休日なので新規の審査や契約手続きは行っていません。

あくまで、平日の9:00から15:00の間に手続きを完了させることが肝心です。

審査結果は電話で連絡が来ます。

合格していれば契約手続きとなり、契約書類を郵送かFAXで送ります。

ローンカードは自宅あてに郵送されてくるので、横浜銀行ATMやイオン銀行ATM(返済不可)コンビニATMを利用することができます。

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンのメリット
横浜銀行カードローン公式サイトへ"

銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 横浜銀行カードローンの借り入れ方法は?