銀行カードローン審査ガイド

きらぼし銀行(旧東京都民銀行)カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?

c477e

きらぼし銀行カードローンの概要

きらぼし銀行のカードローンは、銀行や駅、デパートなどのキャッシュコーナーでも利用できる「パーソナルカードローン」とモバイル、パソコン、スマートフォンで24時間365日申込できるWeb申し込み専用の「Webカードローン」の2種類があります。

きらぼし銀行パーソナルカードローン

パーソナルカードローンの融資額は、30万円・50万円・100万円の3コースがあり、金利は年9.8%(固定金利)、さらに取引状況に応じて最大2.0%の金利優遇制度があります。

利用条件は、以下のようになっています。

・申し込み時の年齢が満20歳以上満60歳以下の人

・日本国籍または永住権がある人

・安定した収入が見込まれる人で、租税公課の滞納が無い人

・勤続(営業)年数が1年以上の人

・個人信用情報センターの事故情報の登録が無い人
※年収制限あり:給与所得者は年収150万円以上、個人事業主は年収100万円以上が必要。

きらぼし銀行パーソナルカードローンの審査は甘い?厳しい?

パーソナルカードローンの保証会社は「とみん信用保証株式会社」となっています。

この会社の審査難易度は不明ですが、所得制限が設けられていることや10%を下回る低金利なことを考慮すると、決して甘い審査ではないことが予想されます。

更に必要書類ですが、本院確認書類の他に所得証明書類も必要です。

通常は300万円以上とか、地方銀行では500万円以上の利用額で必要となるのですが、パーソナルカードローンでは30万円の利用額でも前年度の所得証明書を要求されます。

このことだけでも、厳しい審査であることは想像がつきますね。

きらぼし銀行Webカードローン

融資限度額は50万円から500万円、金利は4.0%から14.0%(変動金利)です。

申し込み条件は以下になります。

・年齢が満20歳以上、満65歳以下であること

・日本国籍を保有または永住意見があること

・東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に居住していること

・安定した収入があること

・インターネット支店以外にきらぼし銀行との融資取引がないこと

保証会社は、株式会社ジェーシービーです。

こちらは、300万円以下は所得証明が不要です。

きらぼし銀行Webカードローンの審査は甘い?厳しい?

金利面から判断すると銀行カードローンの標準レベルですが、最低融資枠が50万円という点と信販会社の審査という点で、審査の難易度は少々高めではないかと予想できます。

同レベルのスペックなら、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が最低融資額が10万円からなので良いでしょう。

審査に自信がない人はバンクイックの方がオススメです。

きらぼし銀行カードローンの借り方は?

きらぼし銀行ATMをはじめ、京王線の駅ATM「駅’sクイックATM」やJR東日本のATM、セブン銀行、ローソンやイーネットなどのコンビニATMなどが利用できます。


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > きらぼし銀行(旧東京都民銀行)カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?