銀行カードローン審査ガイド

教育ローン審査に通りやすいのは?おすすめの銀行紹介

「奨学金や国の教育ローンの審査に落ちた!」「学費どうやって準備したらいい?」と教育資金でお悩みなら、資金使途が原則自由で教育資金にも利用できるジャパンネット銀行カードローンがおすすめです。審査の申込みから借入れまでパソコンやスマホで完結可能なジャパンネット銀行カードローンは、はじめての利用なら30日間無利息で借り入れができます。ネット銀行だから実現できる低金利と豊富な融資実績があり、たくさんの人が利用しているので安心して申込みができます。

お急ぎの方は>>ジャパンネット銀行公式へ

ジャパンネット銀行カードローンはWEB完結!

ジャパンネット銀行カードローン


ジャパンネット銀行で借入がはじめてなら30日間無利息で利用できます。審査申し込みは24時間パソコン・スマホからOK!ネット完結!ネット窓口はこちら

教育ローン通りやすい?【選択方法は?】


子供が成長するごとに必要になるのが現金ではないでしょうか。

小学校から大学に至るまでの教育の資金または学習塾など、豊かな教育を受けさせようと考えれば、どうしたって現金が必要になり、その度に教育ローンの利用を考慮している人もおられることと思います。

実は教育ローンと言ってもいくつもの種類が存在します。

  • ・国の教育ローン(日本政策金融公庫)
  • ・銀行の教育ローン
  • ・JAやろうきんの教育ローン
  • ・消費者金融や銀行のカードローン

子供の教育の資金の為にも、上手に教育ローンを利用したいと考えますが、どの方法だと教育ローンとして利用しやすいんでしょうか。

教育ローンおすすめランキング

ジャパンネット銀行カードローン

japannetbanktantai_temp
japannetbank_button

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンのメリット
楽天銀行公式サイトへ

アコムカードローン
アコムのメリット
アコム公式サイトへ

教育ローンの申込から借入方法とは?【通りやすいのは?】


もしも、教育ローンの審査で落とされたという場合でも、子供の教育費用を払わなければなりません。そうした場合にお勧めなのがカードローンです。

カードローンは使用目的の縛りはないので、子供の教育資金として現金を借り入れる事が出来ます。こちらでは利用しやすいカードローンのジャパンネット銀行カードローンとアコムをご案内させていただきます。

ジャパンネット銀行カードローンの申込方法から借入まで

ジャパンネット銀行カードローンは、ネットキャッシング・目的ローン・フリーローンの3種類あります。

ネットキャッシングは、使途自由なローンですのでもちろん教育資金にも利用できます。
しかも銀行カードローンには珍しくはじめてなら30日間無利息で借り入れすることができます。

  • 利用限度額:最高1,000万円
  • 金利:年2.5%~18%

ジャパンネット銀行は目的ローンも用意しており、
教育・リフォーム・ブライダル・自己啓発・旅行などそれぞれ目的に合わせて利用できるローンもあります。

目的ローンので、教育資金を借り入れした場合、目的以外の借り入れはできなくなっっています。

もし万が一の事も考えて借入れしたい場合はネットキャッシングをおすすめします。

では、ジャパンネット銀行カードローンのネットキャッシングについて詳しくご紹介しましょう。

申し込みはスマホ・ケータイ・パソコンから24時間可能です。
ジャパンネット銀行カードローンはジャパンネット銀行の口座が必要になりますので口座をもちでない方は、
口座の申し込みも同時に行ってください。

  • 審査申し込み
  • スマホ・パソコン・ケータイから24時間申込OK
  • 口座開設が必要な方は同時に申し込み
  • 本人確認資料の提出
  • スマホアプリか郵送でご提出
  • 審査結果連絡
  • 審査結果の連絡はメールであります
  • 借入スタート
  • 借入はWEBから24時間OK
  • 操作後は普通預金口座に即入金
  • 提携ATMからキャッシュカードを利用して引き出し可能

※口座をお持ちでない方は、審査結果後にキャッシュカードを受取り初期設定が必要です

アコムの申込方法から借入まで

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。

最短30分で審査が完了するため即日融資が出来ますし、はじめてアコムで借入をする人ならば「30日間無利息キャンペーン」を利用する事が出来ますから、その期間中は金利が0円で返済する事が出来ます。

満20歳から69歳以下の安定した収入のある方ならば、パートまたはアルバイトの仕事をしている主婦や学生の方もアコムに申込みをすることが可能です。

アコムの申込みは色々な方法から選択することが出来ます。

  • ・スマートフォン、ケータイ
  • ・PC
  • ・店舗窓口、むじんくん
  • ・電話

これらの中でも、自宅もしくは外出先でも簡単に利用できる、スマートフォン、ケータイ、PCなどのネット経由で申し込む方法をご案内します。

  • アコム公式ウェブサイトから申し込み
  • アコム審査のスタート
  • 必要書類の提出
  • 在籍確認の電話
  • アコム審査の回答・契約
  • 借り入れ

アコムをネットから申込みするとこういった手順になります。

アコムの契約が完結すると、契約書類とカードが後日送付されてきます。このカードで無人契約機やコンビニエンスストアのATMでも借り入れの利用が可能になります。

アコム借入方法

アコムの借入方法については以下から選べます。

  • ・振り込み(ネットキャッシング)
  • ・店舗窓口
  • ・アコムATM
  • ・提携ATM
  • ・電話

振り込みでの借り入れについては、インターネットもしくは電話から24時間365日取扱手数料が無料で利用できます。

楽天銀行の口座ならアコムの申込み完了後に最短1分で、金融機関口座へ振り込みを行なってくれます。

ATMでは、無人契約機のむじんくんに併設しているアコムATMだけに限らず、提携しているコンビニエンスストアのATMまたは銀行ATMでも利用が出来ます。

アコムATMについては取扱手数料無料で利用できますが、その他の提携ATMについては取扱手数料が必要になります。

教育ローン通りやすい?【審査基準や審査時間とは?】


教育ローンというのは、国または銀行などが取り扱いしている、教育資金を使途としているローンになります。月々決められた額を借り入れるということではなく、教育ローンの審査に通れば一括で受け取る事が出来ます。

低い金利で借りれることもあり、審査は簡単ではありません。

教育ローンの審査基準というのは金融機関それぞれで異なりますし、その内容も明確になっていませんが、ほとんどの場合は次のようになっています。

  • ・年齢が満20歳以上
  • ・前年度の年収が200万円以上(金額は金融機関による)
  • ・勤続年数が1年以上
  • ・信用情報に金融事故情報がない

原則的には、こういった基準をクリアしないと教育ローンの審査に通過することは困難だと言えるでしょう。

このような内容の条件であれば教育ローンの審査に通過することは出来なさそうだなと思った方は、使用目的が自由なレイクALSAもしくはアコム等のカードローンを検討してみることをオススメします。

教育ローンの審査時間は?

結果が出るまでの審査時間については金融機関により異なります。

例を挙げると、国の教育ローンに関しては申込みから10日程で審査結果が出るそうですが、民間の教育ローンに関してはおよそ3~4日程度かかるそうです。

教育ローンの審査に通過してから融資までの期間については、さらに1週間から10日間程度必要になりますので、ゆとりを持って教育ローンに申し込みする事をお勧めします。

教育ローンの審査に通過するポイントとは?


教育ローンの審査に通過する為にはさまざまなポイントが存在します。

勤続年数

教育ローンの審査に関しては勤続年数の長い正社員が有利になります。年収に関しては最低でも200万円以上あった方が良いと聞きますので、パートまたはアルバイトの収入では困難だと考えられます。正社員で同一の職場に長く勤務している方が有利になります。

他社借入

他社の借入は全額返済することをお勧めします。仮に教育ローンの申込み時に、他社からの借入れを秘密にした場合、虚偽の申告として審査で落とされるケースもあります。

信用情報

教育ローンの審査においては信用情報が一番重視されるポイントです。信用情報というのは、個人信用情報機関に記録されている利用履歴のことを指します。

この信用情報が傷ついてしまうとブラックリストとなり審査で落とされてしまいますので、常日頃より誠実にローン会社を活用しましょう。

教育ローンのよくある質問と答え

教育ローンが借入できないときはどうすれば良いんでしょうか?

教育ローンを利用したいのに国もしくは銀行などの審査に引っ掛かってしまい、一定の金額を借りることが出来ない方もおられることと思います。
そのような方については、銀行よりも審査がおりる時間が早く、使用目的が自由なレイクALSAまたはアコムなどのカードローンに申し込みすることをお勧めします。

教育ローンはどんな人でも借りることができますか?

教育ローンというのは基本的に子供の教育資金を借りるために保護者が活用しますが、20歳以上で安定した収入がある方であれば、就学者本人であっても申込みすることが出来ます。

利用しやすい教育ローンはありますか?

利用しやすいのはジャパンネット銀行カードローン、楽天銀行カードローン、アコムなどのカードローンになります。低い金利は望めませんが、WEBで審査から借入まで可能ですし条件が整っているのであれば即日融資もできると思います。

教育ローンは普通のローンと比較してどちらが利用しやすいですか?

国または民間の教育ローンだけに限らず、教育ローンの審査が簡単ということはありません。
銀行カードローンや消費者金融も同様で、年収や他社借入などしっかり審査して借入れができるのか否か判断しています。
教育ローンを利用する場合、教育資金にしか利用できないため、カードローンに比べて提出書類も増えますし。
カードローンは限度額までなら何度でも借り入れできますので、急にお金が必要になったときでもすぐに対応が可能です。

教育ローンのメリットまたはデメリットとは?

教育ローンのメリット
  • ・低い金利で借り入れできる
  • ・在学中でも申し込める
  • ・申込者となる保護者の範囲が広い

国の教育ローンに関しては低い金利で借りることが可能です。

民間の教育ローンでも低い金利で借りれますが、それぞれ金利の設定が違います。その為、教育ローンに申込みする前に見比べて検討してみましょう。

教育ローンのデメリット
  • ・教育資金以外は全く使えない
  • ・返済は借入した次の日から
  • ・審査に関しては厳しい

教育ローンというのは教育費以外には使用できませんし、借入した翌日から返済がスタートします。

低い金利で利用できる国や民間などの教育ローンだと、審査が厳しくて利用できないといった方は、アコムもしくはレイクALSAなどの大手カードローンを利用するのが良いと言えそうです。

教育ローン通りやすい?まとめ


教育ローンには

  • ・国の教育ローン(日本政策金融公庫)
  • ・銀行の教育ローン
  • ・JAやろうきんの教育ローン
  • ・消費者金融や銀行のカードローン

などがあります。

国の教育ローンや銀行の目的ローンは、金利が安くておすすめなのですが、実際、申し込み条件が厳しかったり、審査に時間がかかったり、必要な書類が多かったりと急いで借入したい時にはおすすめできません。

また教育資金以外の借入もできませんので、教育資金以外にも借入をお考えの方は、カードローンがおすすめです。

カードローンなら、資金使途も自由ですので、教育資金にも利用できます。

必要な書類も本人確認書類と収入証明書で済みますし、ジャパンネット銀行カードローンならお手持のスマホで審査申し込みから借入まで可能です。

カードローンなら、いざと言う時の借り入れにも対応でき、安心です。

ジャパンネット銀行カードローン

japannetbanktantai_temp
japannetbank_button


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 教育ローン審査に通りやすいのは?おすすめの銀行紹介