銀行カードローン審査ガイド

宮崎銀行カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?

宮崎銀行とは?

宮崎銀行は、宮崎県宮崎市に本店がある地方銀行で、正式名称は「株式会社宮崎銀行」、略称は「宮銀(みやぎん)」です。

宮崎県内をはじめ、県外では鹿児島県、大分県、熊本県、福岡県や大阪府、東京都にも店舗を開設しています。

宮崎銀行カードローンの概要

宮崎銀行のカードローンは、WEB完結で宮崎銀行に口座がなくても申込みができる「おまかせくん」と同行と取引がある人向けの「SaKuLa」の2種類があります。

宮崎銀行のカードローンは、住所または勤務先が宮崎銀行本支店の営業エリア内(東京・大阪の各支店を除く)の人に限定されます。

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の概要

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」のスペックからご紹介します。

利用限度額は10万円以上500万円以内(10万円単位)ですが、WEBサービスで完結申し込んだ場合は200万円以内となります。

金利は年6.0%から年14.5%です。

最高金利は標準レベルですが、最低金利が6.0%というのは少々高いですね。

返済方法は自動支払いの場合は宮崎銀行に預金口座が必要ですが、毎月ATMから返済を希望する場合、口座は不要です。

「おまかせくん」の審査は甘い?厳しい?

申込みができる人は、以下の条件を満たす必要があります。

・申込時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の人
・安定継続した収入がある人
※パート、アルバイト、年金受給者でも可
 専業主婦は配偶者に安定した収入があればOK
・保証会社である「アコム株式会社」の保証が受けられる人

審査の難易度は、保証会社がアコムであること、金利や利用限度額が平均的なレベルであることから判断すると高くはないと思います。

宮崎銀行カードローン「SaKuLa」の概要

SaKuLaのスペックは、金利は11.4%から14.6%、利用限度額は20万円・30万円・50万円・100万円・200万円の5コースです。

金利に関しては、200万円で11.4%は少々高い気がします。

ちなみに、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」と比較しますと、10万円で14.6%は同じ金利なのですが、200万円以下では年9.6%なので、SaKuLaの金利が高いことがわかります。

「SaKuLa」の審査は甘い?厳しい?

利用条件は以下の通りです。

・20歳以上60歳以下の人
・宮崎銀行と取引のある人
・保証会社である「株式会社宮崎信販」の保証が得られる人

審査については、ネット上での宮崎信販に関する情報が少ないので断言はでいませんが、若干、難易度は高いようです。

宮崎銀行カードローンの借り方は?

 

宮崎銀行ATMをはじめ、セブン銀行、ローソン、イーネットなどのコンビニATM(手数料有料)が利用できます。

提携銀行ATMは「九州ATMネットワーク」に参加しているので、加盟銀行のカードによる引き出しだけは自行扱いになります。


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 宮崎銀行カードローンの審査は厳しい?借り方の流れは?