銀行カードローン審査ガイド

入学金を借りる方法は?

せっかく大学に合格したのに入学金が足りないそんな時は、資金使途が原則自由で、教育資金にも利用可能なジャパンネット銀行カードローンがおすすめです。ジャパンネット銀行カードローンはネット銀行ならではの低金利で、初めての借り入れなら30日間無利息で利用できます。お手持のスマホやパソコンからお申し込みから借り入れが可能で、すでにジャパンネット銀行の口座をお持ちなら審査後、最短で借り入れも可能です。ジャパンネット銀行カードローンは豊富な融資実績があり、たくさんの人が利用しているので安心して申込みができます。
急ぎの方はジャパンネット銀行公式へ

ジャパンネット銀行カードローンはWEB完結!

ジャパンネット銀行カードローン


ジャパンネット銀行で借入がはじめてなら30日間無利息で利用できます。審査申し込みは24時間パソコン・スマホからOK!ネット完結!ネット窓口はこちら

入学金が払えないときに入学金を借りる方法は?


大学や専門学校へ進学が決まったのに入学金が払えない、そんな時どうしたらよいのでしょうか…。
せっかく合格が決まったのに入学金が足りないと言う理由で諦めたくはないですよね!

そんなさときに頼りになるのがローンです。

受験費用や入学費用にも利用できるローンには、

  • 教育一般貸付(国のローン)
  • 日本学生支援機構の奨学金
  • 銀行の教育ローン、カードローン
  • 消費者金融のカードローン

などがありますが、それぞれローンによって、審査条件や提出書類など異なりますし、借り入れできるまでの時間や借入金額も違います。

自分の条件にあったローンを見つけてください。

入学金を借りるならおすすめは?

ジャパンネット銀行カードローン

japannetbanktantai_temp
japannetbank_button

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンのメリット
楽天銀行公式サイトへ

アコムカードローン
アコムのメリット
アコム公式サイトへ

審査が不安な人が入学金を借りるならどこがいい?


国の教育ローンは金利も低く国の教育ローンだから安心して借り入れできることは間違いないのだけど、申し込み条件が厳しく審査に通りにくいのも事実です。

奨学金は年収の条件さえ満たしたらほとんどの人が利用できます。
しかし、奨学金は子供の借金となるので、親としては、子供の負担が心配ですよね。

しかも、国の教育ローンや奨学金は提出書類が多いので準備が間に合わないことも。

そこで利用したいのが、銀行の教育ローンや銀行カードローンになります。
銀行のカードローンですと、提出書類も少なく、低金利で借り入れすることが出来ますし、審査から借り入れ間でそれほど時間はかかりません。

銀行教育ローンですと学費や入学金など学業にかかるお金の借り入れのみになりますが、銀行カードローンですと、利用目的が自由なローンなため、入学にかかるお金以外にも独り暮らしを始める際の準備金などに当てることもできます。

しかし、銀行カードローンは金利が安い分審査に通りにくいと言う超えも上げられています。

審査が不安な人は消費者金融がおすすめ

できれば金利が低い所で借り入れしたいけれど、審査に通らずにお金が借り入れできずに入学金が払えなかったと言うことだけは、防ぎたいですよね。

そこで、おすすめしたいのが消費者金融のカードローンです。

消費者金融のカードローンは利用目的が自由なローンですので、入学金など教育資金の利用ももちろん可能です。

消費者金融は金利が高いと言うイメージがありますが、大手消費者金融なら、30日間無利息サービスなどもやっていますので、上手に利用したらお得に借り入れすることも可能です。

審査から借り入れまでの時間も早いので、急いで借り入れしたい人にはおすすめです。

審査が不安な人は、公式ページのお試し診断を利用してから申し込みをしましょう。

入学金を消費者金融から借りる方法は?おすすめはどこ?


入学金がチョット足りない時や、急いで借り入れしないと納入日に間に合わない。
そんな時におすすめしたいのが大手消費者金融のカードローンです。

すぐに返せる借り入れならアコムがおすすめ

大手消費者金融のアコムなら初めての借り入れなら30日間無利息サービスがありますので、入学金がチョット足りないときなど、すぐに返せる借入には大変便利です。

それではアコムの申し込み方法をご紹介しましょう。

  • ・パソコン、スマホ、ケータイからネット申し込み
  • ・店頭窓口、むじんくんでの申し込み
  • ・電話での申し込み
  • ・郵送での申し込み

からお選びできます。

アコムのアプリを利用すれば、本人確認書類の提出も簡単に行うことができます。

アコムインターネット申込方法

  • 審査申し込み
  • スマホ・ケータイ・パソコンから公式ページより申し込み
  • 書類の提出
  • アコムからお送りするメールに記載されたURLからログイン
  • 「書類等の提出方法」から自分の都合にあった提出方法で書類の提出
  • ・アプリ、アップロード
  • ・FAX
  • ・郵送
  • ・店舗、むじんくん
  • 審査完了
  • 審査結果の連絡は登録しているメールに届きます。
  • 受信した「契約手続お願いメール」から契約内容の確認、同意を行い契約完了です。
  • 手続はメール送信日の22時までに行ってください。
  • カード発行
  • カードの受取りは
  • ・店頭窓口かむじんくんでの受取り
  • ・自宅へ郵送

アコムで最短で借り入れする方法

アコムで最短融資を受けるには22時までに全ての手続を完了させなくてはなりません。

WEB申し込みの場合、平日14時までに全ての手続が完了すると、指定した口座にお金が振り込まれる振込み融資が利用できます。

アコムでは、平日14時以降でも土日・祝日でも最短で借り入れすることが可能です。
むじんくんでカード発行を行いATMで借り入れすることが出来ます。

むじんくんでは審査申し込みからカード発行まで可能ですが、審査の待ち時間がもったいないと言う方も多いようです。
ですので、インターネットで事前に申し込みをしてから、むじんくんでカード発行を行うと審査から借り入れまでスムーズに行うことができます。

アコムむじんくんの営業時間は22時までとなっていますので、そこは気を付けてくださいね。

消費者金融から入学金を借りる時のメリットとデメリットは?


入学金を消費者金融で借り入れするにはチョット抵抗があると言う方も多いのではないでしょうか?
そこで、入学金を消費者金融で借入するメリット・デメリットをまとめてみました。

消費者金融から入学金を借りるメリット
  • ・審査から借入までの時間が短い最短融資可能
  • ・他の教育ローンに比べて審査が緩め
  • ・WEBで審査申込みから借り入れが可能
  • ・申込に必要な書類が少なく手続が簡単
  • ・20歳以上で条件が満たしている人なら学生も借入可能
  • ・無利息サービスの利用でお得に借入できる
  • ・入学金以外でも借りたお金が利用できる
  • ・借入限度額の範囲以内なら出し入れが自由
  • ・連帯保証人・担保不要
消費者金融で入学金を借りるデメリット
  • ・銀行カードローンや教育ローンに比べて金利が高め
  • ・希望限度額より、借入限度額が低めに設定されることがある
  • ・年収の3分の1以内しか借入できない。

消費者金融で入学金を借入する場合、入学金が後少し足りないなど、すぐに返せる小額の借入にはとても便利です。

銀行で入学金を借りるには審査が厳しいって本当?


銀行で入学金を借りる場合、銀行の教育ローンを利用する場合と銀行カードローンから借入する方法もあります。

銀行の教育ローンは銀行カードローンに比べると審査基準も厳しくなっているようです。
一般的な銀行の教育ローンの審査申込基準は

  • ・年齢20歳以上65歳以下
  • ・勤続年数2年以上
  • ・年収200万円以上
  • ・過去に金融事故を起こしていない

と言う感じになっています。
銀行によっても多少変わりますが、通常の銀行カードローンの場合収入の基準や勤続年数の基準もここまで厳しくはなっていません。

しかし、銀行のカードローンも教育ローンも信用情報のチェックは必ずあります。
ですので過去の借入で返済の遅れや滞納などがあった場合は、どちらも審査に通るのは厳しいでしょう。

銀行カードローンの場合、消費者金融に比べて金利は低いですが審査は厳しくなっているようです。
教育ローンと比べると金利は少々高めですが審査基準は緩めに設定されているようです。

銀行カードローンは消費者金融のカードローンと同じく原則借りたお金の使い道は自由ですので、教育資金以外の利用もOKです。

消費者金融のカードローンに比べ、借入できるまでに少々時間はかかりますが、教育ローンに比べ、提出する書類も少なく、融資までの時間も早くなっています。

ジャパンネット銀行カードローン

japannetbanktantai_temp
japannetbank_button

入学金を銀行から借りるデメリットは何?


消費者金融に比べ、銀行で借入する方が金利も低く安心感もあるといわれていますが、銀行で教育ローンを借り入れするデメリットは何かあるのでしょうか?
それぞれ、銀行の教育ローンで借入する場合と、銀行カードローンで借入する場合とでまとめてみました。

銀行教育ローンで入学金を借入するときのデメリット
  • ・教育資金以外の用途では借入できない
  • ・審査申込基準に勤続年数や年収の設定がある
  • ・融資までに時間がかかる
  • ・提出する書類が多い
  • ・カードローンに比べて審査が厳しい
銀行カードローンで入学金を借入するデメリット
  • ・教育ローンに比べて金利が高い
  • ・住宅ローンなど他のローンに影響することがある
  • ・即日融資が難しい

奨学金では入学金を払えないって知っていますか?


実は奨学金入学金を払えないって知っていましたか?

奨学金を申し込んでいるから、入学金もそこから払えばいいから大丈夫と安心している人は、いませんか?

実は奨学金は入学してからしか利用できないんです。
奨学金は最短で支給開始が4月21日からとなっています。

ですので、入学前に払う入学金や前期授業料などを奨学金でまかなうことができません。

入学金を奨学金で払いたいとお考えの人は、奨学金を申し込む時に入学時特別増額貸与奨学金の申込も併せて行いましょう。

入学時特別増額貸与奨学金も奨学金と同じく入学後の支給となっていますが、実は入学時特別増額貸与奨学金に申込をしている人に限り、労働金(ろうきん)の 「入学時必要資金融資」を利用することができます。

これなら入学金を支払うことが可能ですが、納期が迫っている場合受付不可となる場合がありますので、前もって申込することをおすすめします。

どうしても間に合わないときは、最短融資が可能な消費者金融のカードローンの利用をおすすめします。

奨学金などに比べ金利は高いですが30日間無利息サービスをありますので、すぐに返済できる場合は、お得に借入することも出来ます。

入学金を借りる方法まとめ


入学金を借入するなら、やっぱり金利も低く安心感のある国の教育ローンや奨学金がおすすめです。

しかし、国の教育ローンや奨学金には申し込み条件があり、その申込条件に満たなければ借入することは出来ません。
しかも申し込みをしてから融資を行えるまでに時間もかかりますので、今すぐ借入したいという方や審査が不安な方は消費者金融のカードローンがおすすめです。

消費者金融のカードローンは、他の教育ローンに比べて金利は少々高めですが、審査時間も早く申し込みも簡単にできますので、最短で借入が可能です

しかも無利息サービスの利用で、すぐに返せる小額の借入ならお得に借入することもできます。

消費者金融のカードローンなら教育資金以外の利用も可能ですので、新生活での準備金としての利用も可能です。

ジャパンネット銀行カードローン

japannetbanktantai_temp
japannetbank_button


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 入学金を借りる方法は?