銀行カードローン審査ガイド

借りやすい銀行カードローンはどこ?【安心ランキング】

借りやすい銀行カードローンをお望みの方にまず結論を言ってしまいます!現在、借りやすい銀行ローンとしておすすめなのは三菱UFJ銀行の「バンクイック」です。口座開設不要で借りれる銀行カードローンの中でも特に人気です。融資実績も豊富で多くの人が利用しているので審査が不安な方でも安心して申し込みできます。スピード借入を望むならスマホなどからWEB申込後テレビ窓口でローンカードを受け取りキャッシングするという流れが一番おすすめですよ。

お急ぎの方は>>バンクイック公式へ

借りやすい銀行ローンとは?

「初めてでも借りやすいカードローンってありますか?」
「銀行は審査厳しい?安心して申し込みできるのはどこ?」
「銀行でカードローンを借りたいけれど申込み手続きや審査が不安で…」

初めての借入というのは不安や心配が多いものです。

ただ、ネット上の口コミでは、「銀行カードローン=厳しい」という声が多いですが、すべての銀行ローンが借り入れしにくいというわけではありません。

審査が厳しいところもあれば、比較的借りやすい銀行ローンもあるという事です。

そもそも借りやすい銀行ローンとは、審査に対するハードルが低く、最短融資にも対応している点などが借りやすい理由として挙げられます。

銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも借り入れに必要な基本的な基準は同じ。

安定した収入があること、そして過去に金融事故などが無く信用情報に問題がないことが重視されます。

このページでは、今現在借りやすいおすすめの金融機関やその条件や内容の比較を行いご紹介してまいります。審査に通るならお金を借りたいと願っている方に参考にしていただければ幸いです。

 

借りやすい銀行ローンランキング

三菱UFJ銀行のカードローン
実質年率
1.8%~14.6%
限度額
500万円
融資まで
公式ページ確認
  • ATM利用手数料無料
  • 無理なく借りれる返済サポート
  • 保証人は不要です
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行のメリット
ジャパンネット銀行公式サイトへ"
楽天銀行
楽天銀行のメリット
楽天銀行公式サイトへ"

 

ランキング№1!バンクイックの銀行ローンが借りやすい理由は?

知名度抜群!利用しやすいバンクイック

当サイトのなかで今一番支持されているのがこのバンクイックです。バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンでテレビのCMなどでも目にしますので知名度が高くご存知の方も多いかもしれませんね。

ネットの口コミなどでも、銀行ローンの中ではかなり利用しやすいといわれているのがこのバンクイックなのです。

銀行なのにお試し診断がある!

バンクイックのカードローンはローン審査に通るかどうかの簡易審査のサービスがあります。これは「生年月日」「性別・独身既婚の別」「他社借入状況」の3つの項目を入力するだけで審査に通りそうかどうかを診断してくれるというもの。

お気づきかと思いますが、名前や住所を入力しなくて良いので万一落ちると判断されても信用情報に傷が付くのを防ぐことができますしかなり良心的なサービスだと思います。

結果は(仮)なので実際とは異なる事もありますが、判断の目安として助かりますよね。バンクイックに申し込む前にはしておくと安心して申し込みできるので是非お試し下さい。

アコムが保証会社なので…

あの大手消費者金融として有名な「アコム」が保証会社となっており、実際にバンクイックの審査業務を行なうのはアコムとなっています。

そのため、バンクイックも審査通過率が高いのでは?との口コミが多いのが事実です。

もちろん実際には銀行ローンということもあり、アコムと比べると審査は厳しいとされていますが、それでも他社銀行ローンと比べると審査に対するハードルは低いと考えられ、借りやすい理由の一つとなっています。

提携コンビニのATM手数料がすべて無料!

その他、借り入れの際に提携コンビニATMの利用手数料が無料になることで、いつでも利息を気にせず借り入れができるなどメリットも多くあります。

「提携してるコンビニって・・?使えないところもあるってこと?」と不安になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、大手のコンビニでは問題なく無料で使えますね。ローソンATMやセブン銀行、イーネットもOKですので、ほとんと網羅しているといっても過言ではありません!

低金利&返済時も安心サポート

また銀行ならではの低金利に加え、毎月の最低返済額が業界内では最も低く設定されていることも、バンクイックが借りやすいと言われる理由の一つとなっています。

借りやすいだけでなく返済しやすいということは、月々の返済の負担が軽くなるということ。他には無いバンクイックの嬉しい特徴となっています。

 

ランキング№2!住信SBIネット銀行の銀行ローンが借りやすい理由は?

なんといっても金利が低い

住信SBIネット銀行の特徴と言えば、何といっても年0.99%~年14.79%に設定されているお得な低金利。

SBI証券の口座をお持ちの方や、住信SBIネット銀行で住宅ローンを組んでいる方であれば、0.5%の金利優遇が受けられるというお得なメリットもあります。

銀行キャッシュカードで借りれるのでバレにくい

また、借入時には住信SBIネット銀行のキャッシュカードを使って借り入れる仕組みとなっていて、専用のローンカードは発行されません。

ローンカードが無いということは、家族や知人に銀行ローンの利用がバレにくいということ。安心して利用できるのではないでしょうか。

提携コンビニのATM手数料がタダ!

借入・返済はコンビニATMを利用する人が多数のカードローンですが、業者の中にはこのコンビニATM手数料をしっかりとられるところも多いんですよね。

ですが住信SBIネット銀行のカードローンは提携コンビニATM手数料は借入時も返済時も全て無料。

提携しているコンビにもセブン銀行・イオン銀行・ローソンATM・イーネットなど最大手はカバーされていますので安心して何度でも利用できます。

お試し診断がある!

住信SBIネット銀行のカードローンは3つの項目を入力するだけで審査に通るか落ちるかの判断をしてくれる簡易審査があります。銀行ローンとしてはちょっとめずらしいサービスですが安心して審査申し込みしたい方はぜひ利用したいサービスです。

年齢・保険の種別・他社借入状況のみの入力でよいので、氏名・住所をさらさないで審査通過の判断が仰げて信用状況にキズがつきません。

 

ジャパンネットバンクの銀行ローンが借りやすい理由は?

初回限定30日間無利息特約あり

ジャパンネット銀行は、銀行ローンとしては珍しく「30日間無利息特約」を初回特典として用意しています。

30日間だけと言っても、どうしても急にお金が必要になったけれど30日以内に返済できるという方にとっては利息0円で借入できるのはとてもお得です。

また、他社カードローンでは契約日の翌日から適用されることが多い無利息期間ですが、ジャパンネット銀行では「初回借入日の翌日から」無利息期間が適用されます。

ということは、急な出費にそなえて事前にジャパンネット銀行で契約しておいても、実際に借りる際には無利息期間がきちんと適用される事になります。

これは借りやすい上に、申し込みしやすい銀行ローンと言えるのではないでしょうか。

ただし、ジャパンネット銀行のカードローンは申し込みの際に口座が必要となっています。

ジャパンネット銀行の口座をお持ちでない方は、ネットキャッシングと同時に口座開設をする流れになります。ご注意ください。

 

借りやすい銀行ローンQ&A

銀行で融資をうけたいんですが、どんな銀行ローンが一番借りやすいですか?

審査さえ通ればどこでも同じでは?と思われることが多いですが、選び方を間違えると契約後に後悔することになるので注意が必要です。そもそも銀行ローンには、おもに「地方銀行」と「都市銀行」「ネット銀行」があります。都市銀行は、全国に支店があることで利便性が良いですが、やや審査が厳しいことで知られています。ですが、圧倒的に安心感があるのが特徴です。地方銀行は、カードローンの種類が多いことが魅力です。低金利ローンを扱っていることもあるので、すでに口座を持っている地元の地方銀行を利用したいと思う方もいます。ですが、地元の地方銀行を利用する場合には、知り合いにバレてしまう可能性が高いのがデメリット。県外の地方銀行を利用する場合には、口座開設が必要となったり、支店近くに住んでいるか勤務していなければ申し込めなかったりするので、都市銀行と比べると利便性があまり良くないと言えます。ネット銀行の場合には、Webですべての手続きができるため利便性は高くコンビニなどでも利用しやすいというメリットもあります。また、普通預金口座の開設が必須としているところが多いので、口座開設の手続きに時間がかかり、借り入れまで時間を要することになるようです。そう考えると、借りやすいのは「都市銀行」>「ネット銀行」>「地方銀行」になるのではないでしょうか。

借りやすいって噂の銀行ローンでも、審査に落ちることはありますか?

借りやすいと言われているカードローンでも、申込者全員が審査に通るところはありません。他社借入があったり、過去にクレジットカードの支払いや他社ローンの返済時に延滞するなどの金融トラブルを起こした経験があるなど、申込者の属性がそれぞれ異なるからです。逆に言うと、ローンの利用がはじめてて安定した収入が毎月あり、過去に金融トラブルを起こしておらず、他社借入が無いのであれば、借り入れしやすいと考えられます。あなたの属性はいかがでしょうか。

借りやすいカードローンというだけで借りてはいけないの?

借りやすさだけで判断するだけではなく安全性や返済の際の利便性、金利などを比較して自分にあったカードローンを見つけ借入れする方が後々後悔しなくて済むポイントになります。

借りやすいとされるカードローンのポイントとは?

「借りやすい=審査が甘くてゆるい」とは一概には言えないといったところでしょうか。審査を受ける方の状況は様々ですから、ある人にとっては借りやすい銀行ローンでもそれが他の人に当てはまるとは限らないのです。他にはスムーズな融資が可能、口座を作らなくて良いなどの点を重視される方もいます。

審査の早い借りやすいカードローンはどこでしょうか?

審査が早いとされるカードローンは「アコム」や「プロミス」などのいわゆる消費者金融になります。銀行ローンは審査の手順が異なるためスムーズな審査は期待できるもののスピード審査はできません。

銀行カードローンと消費者金融はどちらが借りやすい?

お金を借りる目的や金額によっても判断の基準が違ってはきますが「借りやすい」と言うことだけを考えると比較的審査が柔軟な消費者金融と一般的には言われています。ただし「借りやすさ」だけで判断せず安心や金利なども見て総合判断する事をおすすめします。

お急ぎの方は>>バンクイック公式へ

 

借りやすい銀行ローンにメリットとデメリットはある?

お金を借りやすい所と言えば、無利息期間や最短融資にも対応している消費者金融というイメージがあります。

では、消費者金融ではなく借りやすいと言われている銀行ローンを利用するメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

借りやすい銀行ローンのメリット
  • 借入最高限度額が大きい
  • 低金利で借り入れ可能
  • 大手銀行なら安心あり
  • おまとめローンとして利用できる場合も
  • 自動融資機能あり
  • ネット申し込みなら来店不要

 

借りやすい銀行ローンのデメリット
  • 審査時間がやや長い
  • 口座開設が必要な場合あり
  • 振込融資だと通帳に記録が残る
  • 銀行ローンの割には金利が高いところもあり

・・・いかがですか?

銀行ですから、審査時間や口座開設など多少の制約はあるものの、低金利やおまとめなど「借り手に有利に利用できる」「良心的なローン」ということが言えると思います。

また最近では銀行の中にもスマホ申し込みやWEB完結ができたり、振り込み融資への対応が早いなど利便性もグンと上がってきていますよね。

審査に通るならば、金利が高い消費者金融よりも銀行カードローンを利用したいという方が多いのは納得です。

お急ぎの方は>>バンクイック公式へ

 

借りやすい銀行ローンの審査基準は厳しい?

そもそも銀行ローンはどこも、審査基準を公表していません。

ですが、その銀行ローンでも共通して審査の対象となるポイントがあります。

事前にポイントをおさえておくことで、厳しいと噂される銀行ローンの審査も通りやすくなりますので、これから申し込む方は参考までにチェックしておくことをおすすめします。

 

年収について

どんな銀行ローンでも申込条件として「安定した収入がある方」としています。

これは「年収○○円以上」としているのではなく「毎月一定の安定した収入がある」という意味です。

そのため、正社員に限らずパートやアルバイト、契約社員や派遣社員であっても、安定収入があることを証明できれば審査基準を満たすことになります。

 

勤続年数について

上記のとおり年収の高い低いは審査に影響しませんが、勤続年数は重要になります。

正社員であっても入社したばかりの新入社員の場合には、マイナス評価につながってしまうということ。これは、転職したばかりの方も同様で、勤続年数が短いと返済能力の有無が見極められないからです。

もし入社したばかりの方は、最低でも1年以上の勤務実績を作ってから申し込むことをおすすめします。

 

他社借入状況について

すでに他社ローンを利用している場合には、他社ローンの借入状況が審査において判断材料となります。

他社借入については、申込時にで自己申告する流れになりますが、ここで虚偽の申告をしてはいけません。

信用情報機関というところで、個人の借入状況はすべての金融機関で情報共有されているため、金融機関の利用はすべて把握されます。

他社借入に関しては虚偽の申告をしないこと、そして出来るなら他社ローンの返済額を減らすこと、これが審査を受ける上で大事なポイントとなります。

複数の金融機関から借り入れがあるという場合には審査に通らないというケースが多くなっています。

 

その他のポイント

上記の審査対象に加えて、その他には「家族構成」や「居住年数」などが判断材料となります。

家族構成については各社で判断が分かれますが、独身や家族と同居の方、既婚者であっても子供がいない家族構成のほうが有利とされています。

居住年数については、やはり長いほうが有利とされます。短期間で何度も転居を繰り返している場合には、審査落ちの可能性が高くなります。

また、住居が「借家」「持ち家」「賃貸物件」かどうかによっても、審査に影響する場合があります。この場合は持ち家(住宅ローンを組んでいない)であるほうが有利とされています。

お急ぎの方は>>バンクイック公式へ

 

銀行ローン審査の必要書類は?

銀行ローンを借りる際に提出しなければならない書類をご紹介しましょう。銀行によって必要書類は異なるためネット申し込みの際に再度確認をお願いします。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • (上記の中からいずれか1つ)

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヶ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度分)
  • 所得証明書(最新年度分)
  • (上記の中からいずれか1つ)

必要書類の提出は申込みをしたカードローンの公式サイトなどに記載されていますので前もって準備しておく方がおすすめです。

お急ぎの方は>>バンクイック公式へ

 

借りやすい銀行ローンは審査に通りやすい?【コツを教えて】

借りやすい銀行ローンは審査に通りやすいのでしょうか?

ここではカードローン審査に通るためのコツを紹介していきたいと思います。

 

虚偽や間違った申告をしない

嘘の申告をするとかなりの確率でばれ、信用を失ってしまいます。ばれてしまった時点で審査に落とされてしまいます。もし間違って申告してしまった!!といった人にも同じ扱いになってしまいますのできちんと確認をして申し込むようにしましょう。

 

希望限度額を高額にしない

希望限度額を高額にしてしまうと審査時間も長くなり、審査通過も厳しくなる可能性が高くなります。なるべく必要最低限の金額(低ければ低いほどよい)を設定するようにしましょう。

 

信用情報に傷が付いていない

どこのカードローンも同じですが信用情報は必ずチェックされ共有されています。金融事故、自己破産などがあれば審査は通過は難しいでしょう。

 

申し込む前に簡易審査「3秒診断」や「お借入診断」など活用してみる

初めての方や審査通過できるか心配な方の為に、借りれるかどうか判断してくれる簡易審査を活用してみましょう。

 

他社借入や複数申込していない

複数他社に借り入れしている場合や同月に複数申込みをされている場合は「かなりお金に困っている方」と判断されてしまい「申込みブラック」になる恐れがありますので注意しましょう。

上記の項目に注意をしておけば審査に通る可能性は高くなります。

お急ぎの方は>>バンクイック公式へ

 

借りやすい銀行ローンのまとめ

いかがでしたでしょうか。

「私でも審査に通る?通るならお金借りたい」「借りやすい銀行はどこ?」・・・というキャッシングの不安を持った方に参考にしていただけるように銀行カードローンの基本からおすすめの案件について色々ご紹介してまいりました。

銀行ローンなのに借りやすいなんて信じがたい話ですが、実際にそれらの銀行のサービスや審査についてみてみると、選ばれるにはきちんとした理由があることがお分かり頂けたのではないかと思います。

消費者金融とは違い、低金利でなおかつ最大限度額の大きい銀行ローンは、総量規制の対象外でもあります。

年収の規制がないということは、パート主婦やアルバイトでも申し込みできるということ。派遣社員や契約社員であっても仕事をされている方であれば、ほとんどの方が申し込めるのではないでしょうか。

それに加えて、こちらでご紹介したバンクイックや住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行のカードローンであれば、大手の銀行ローンであるという安心感があります。初めてのお借り入れであればなおさら、消費者金融よりも安心して借りやすいと言えるのではないでしょうか。

さらに、バンクイックや住信SBIネット銀行でしたら銀行にはめずらしく簡易審査のサービスもあり、本審査に申し込みする前に自分が審査に通るかどうかの判断の目安を知ることもできます。

このように利用者が安心して利用できるサービスや内容がある銀行のカードローンだからこそ、多くの人に支持されているのですね。

くれぐれもご利用時は計画的に行なうようお気をつけて、賢く利用してみて下さいね。

 

借りやすい銀行ローンのお申し込みはこちらから

三菱UFJ銀行のカードローン
実質年率
1.8%~14.6%
限度額
500万円
融資まで
公式ページ確認
  • ATM利用手数料無料
  • 無理なく借りれる返済サポート
  • 保証人は不要です

銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 借りやすい銀行カードローンはどこ?【安心ランキング】