銀行カードローンの審査

借りやすい消費者金融はどこ?ランキングで選ぶ【急ぎで借りれる?】

結論から先に言うと、借りやすい消費者金融の中でおすすめなのはプロミスです。他の消費者金融よりも上限金利が低く設定されているため、お得に借入れることができます。また、メールアドレスの登録とWEB明細利用の登録をするだけで、30日間無利息になるというサービスも適用されます。

借りやすい消費者金融とは?

初めてお金を借りようと思っている方にとって、借りやすい(利用しやすい)消費者金融を選びたいと思うのは当然だと思います。

ですが、現代ではたくさんの消費者金融があるため、どこが一番借りやすいのか分からず不安になるのではないでしょうか。

そこで、どの消費者金融が一番借りやすいのかを調査し、総合的に判断しました。借入時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

借りやすい消費者金融ランキング

借りやすい消費者金融1位【プロミス】

消費者金融の中ではもっとも上限金利が低く、年4.5%~17.8%となっています。

これは、プロミスの利用期間が長くなるほどお得に借入できるという事です。

また、三井住友銀行の口座かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば、契約後最短10秒で口座に振り込まれる「瞬フリ」サービスが利用できます。

24時間365日振込キャッシングができるのは、プロミスの大きなメリットと言えますね。

プロミス公式サイトへ
借りやすい消費者金融2位【アコム】

利用限度額が最高800万円と、高額融資にも対応しているアコム。

大手消費者金融の中では審査通過率が高いことでも評判を集めています。

また、オペレーターの対応の良さも評判が良く、借入後の疑問や不安に丁寧に対処してくれるようです。

アコム公式サイトへ
借りやすい消費者金融3位【アイフル】

お客様サービスが充実しているアイフルでは、審査に通るか不安な方のために「1秒診断」というサービスを用意しています。

簡易審査なので、この1秒診断で融資可能と判断されたとしても、本審査では通らないケースもあります。

ですが、この1秒診断で融資不可能だった場合には、本審査で通る可能性は低くなります。借入可能かどうかの一つの目安にはなるかと思います。

アイフル公式サイトへ
借りやすい消費者金融4位【モビット】

三井住友フィナンシャルグループに属しているモビットは、銀行系カードローンのため審査はやや厳しいのでは?との噂が多くあります。

ですが、申込条件や金利、最高限度額を見てみると、大手消費者金融と変わりありません。

それより、モビットは郵送物なしで契約できるという点で評判を集めています。

郵送物なしで契約するためにはある条件を満たす必要がありますが、郵送物なしで誰にもバレずに契約できるのは、家族と同居している方にとっては嬉しいメリットではないでしょうか。

モビット公式サイトへ

消費者金融プロミスが借りやすい理由は?

プロミスは、何といっても大手消費者金融の中では金利が一番低く、上限金利が年17.8%に設定されています。少額融資でも金利はかかるので、金利が低いに越したことはありません。

また、審査が最短30分で完了するほどスピーディーなのも借りやすい理由の一つ。急な出費でお急ぎの方にとっては、利用しやすいカードローンではないでしょうか。

それから、プロミスでは30日間の無利息サービスが用意されています。メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間金利0円が適用されます。

給料が出たらすぐに返すなど返済の目途が立っている場合には、この無利息期間の適用でお得に借り入れることが可能になります。

ちなみに、他の消費者金融では契約日の翌日から無利息期間が適用になりますが、プロミスの場合は初回キャッシング時の翌日からの適用になります。

万が一に備えて先に契約だけ済ませておくという方法ができるのも、借りやすい理由の一つになります。

それから、カードレス契約ができることも借りやすい理由の一つ。郵送物が自宅に届くことが無いので、家族や他人にバレる心配がありません。

消費者金融アコムが借りやすい理由は?

大手カードローン会社の中でも、審査通過率が高いことで知られているのがアコム。

「審査通過率が高い=審査に通りやすい」というわけではないですが、男女を問わず申込者が多いことを考えると、審査に対するハードルが低いと言えるのではないでしょうか。

それに加えて、アコムでも審査は最短30分で完了します。対応の早さは口コミでも評判が良く、カードローン初心者にとっては安心して利用できるカードローンではないでしょうか。

消費者金融アイフルが借りやすい理由は?

アイフルは、金利は年4.5%~18%で最高限度額は500万円と、貸付条件こそ他社と変わらないスペックですが、実は商品が多いという点では注目度が高いです。

  • ・キャッシングローン
  • ・かりかえMAX
  • ・おまとめMAX
  • ・事業サポートプラン
  • ・SuLaLi
  • ・ファーストプレミアム・カードローン
  • ・目的別カードローン

アイフルでは上記のとおり様々な商品が用意されていて、利用者の幅が広く借りやすい理由の一つとなっています。

借りやすい消費者金融Q&A

審査が甘い消費者金融は借りやすいですか?

大手消費者金融であれば、銀行カードローンと比較すると審査に対するハードルが低いためどの会社を選んでも借りやすいと言えます。

中でも審査通過率を公表している消費者金融なら、借りやすさの目安になるのではないでしょうか。

ただし、審査通過率が高い=借りやすい、とは限りません。たまたま属性の良い人ばかりが審査に通過した可能性も考えられるからです。

そもそもどんな点で「借りやすい」と感じるかは、人それぞれですよね。あなたにとって審査が甘い会社が利用しやすいと感じるなら、そこが借りやすい消費者金融となるのではないでしょうか。

一番借りやすい消費者金融はどこですか?

総合的に判断すると、一番借りやすいおすすめの消費者金融はプロミスになります。

24時間365日申込みOK、Web完結申込みで来店不要、30日間の無利息期間あり、カードレス契約が可能、即日融資も可能など、多くのメリットがあるからです。

ただし、申込者が何を重視するかによって借りやすい消費者金融は変わってきます。

「今すぐに借りたい」「来店不要で借りたい」「レディース専用ダイヤルを利用したい」「家族にバレたくないから郵送物なしが良い」「金利が安いところが良い」など、重視するポイントは様々ですよね。

こちらでは、利用しやすい消費者金融としてプロミス、アコム、アイフル、モビットをご紹介しています。それぞれを比較してみて、あなたにとって借りやすい消費者金融を利用してみてはいかがでしょうか。

消費者金融って借りやすい時期があったりしますか?

実はカードローンには、審査に通りやすい時期と通りにくい時期があります。

消費者金融と言っても一つの会社です。一般企業と同じく売上目標(貸付目標)が存在します。

という事は、消費者金融にとって利用者の少ない「閑散期」を狙って申し込めば、借りやすくなるのではと予想できますね。

そんなカードローンの申込者が少ない「閑散期」は、おもに6月・7月・12月。ボーナスが支給される時期なので、自然と申込者が少なくなるというわけです。

逆に審査に通りにくい時期(借りにくい時期)はというと、GWのある5月や8月のお盆などの大型連休が消費者金融にとっての繁忙期。

なので、あらかじめGWやお盆に出費がかさむことが分かっているのなら、少し前の6月や7月に契約だけ済ませておくという方法も借りやすくなる一つの手段になります。

借りやすい消費者金融のメリットとデメリットとは?

借りやすい消費者金融のメリット
  • 24時間365日申込みが可能
  • 来店不要で契約完了
  • 借入れまでの手続きが早い
  • 即日融資にも対応している
  • 土日祝日も借りれる
  • カードレス契約もできる
  • 日本全国のコンビニATMでも借りれる
  • 初回なら無利息期間がある

上記のメリットがある通り、「消費者金融=お金を借りやすい所」とよく言われるのも納得ではないでしょうか。

ただし、即日融資が受けられるのも、無利息期間が適用されるのにも、ある条件を満たす必要があるので要注意。

契約時にメールアドレスの登録必須であったり、Webからの申込みに限るなど、各社でそれぞれ条件を設けている場合が多いです。事前に確認しておくことをおすすめします。

借りやすい消費者金融のデメリット
  • ・銀行より金利がやや高め
  • ・年収の3分の1以上は借りられない
  • ・専業主婦は申し込めない
  • ・住宅ローンや自動車ローン審査に影響する
  • ・無利息期間は契約日の翌日から

どんな事にも少なからずデメリットは存在します。

まず、銀行より金利そのものは高いですが、消費者金融には30日間の無利息サービスが用意されています。

はじめての申込者限定ではありますが、どうしても1か月だけお金を借りたいといった場合は利息0円で借り入れできるので、銀行より消費者金融を利用する方がお得になります。

また、総量規制の対象により年収の3分の1までしか借入できませんが、これは申込者が返済不能になるのを防ぎ、多重債務者や自己破産者を減らすための法律です。収入のない専業主婦が申し込めないのもそのためです。

高額融資を希望する方、専業主婦の方の場合には銀行を選ぶなど他に選択肢があるので、デメリットとは言い切れないところがありますね。

ちなみに、30日間無利息サービスを実施しているところでは、契約日の翌日から無利息期間が適用される場合がほとんどですが、プロミスでは初回借入時の翌日から適用となっています。

万が一に備えて契約しておきたい、といった場合でも初回利用時には無利息期間が適用されるので、このサービスを最大限利用したい方にはプロミスなどの消費者金融がおすすめになります。

借りやすい消費者金融の審査基準とは?

どんな消費者金融でも、具体的な審査基準は公表していません。

もちろん借りやすいと言っても、無条件で貸してくれるところはどこにもありません。

そこで、こちらではどうすれば審査に通りやすくなるのかを解説いたします。

申込条件

消費者金融では審査基準の一つとして申込条件を設けています。

・安定した収入のある方
・20歳~69歳以下の方

各社で年齢制限の違いはありますが、どの消費者金融でも年齢制限と安定収入の2つが主な申込条件となっています。

安定収入があれば、パートやアルバイトの方であってもクリアしやすい申込条件という事です。これは、20歳以上で安定収入のある学生でも申し込める事になります。

信用情報

やはり消費者金融の審査でも信用情報は重要です。

信用情報機関というところに記録される申込者の信用情報は、クレジットカードを作ったり、他社でローンを組んだりした履歴などが記録されています。

すでに他社借入がある場合は、申込時に申告しなくても金融機関側では把握しているので、過去に金融トラブルを起こしていないかどうかは審査にとても影響します。

職業や勤続年数

安定した収入があればパートやアルバイトでも借入できるとお伝えしました。

ですが、反対に正社員であっても借入できないケースがあるので注意が必要です。

一般的に社会的信用度が高いとされる公務員は審査に通りやすいと言われていますが、入社したばかりの新入社員や転職したばかりの中途採用者の方もいると思います。

そういった勤続年数の浅い公務員の場合には、審査に通らない可能性もあるという事を覚えておいて下さい。

一定期間以上(最低半年~1年以上)の安定した収入があること、これが審査に通りやすくなるポイントになります。

他社借入の有無

すでに他社でローンを組んでいる方は、現在の状況を見直してみて下さい。

返済は滞りなく毎月行なっているか、返済の遅延はないか、他社からの借入総額は多くないかなど、審査の判断材料となります。

もし出来るなら現在の他社借入分を全額返済するか、またはなるべく返済額を減らす努力をしてみて下さい。

そうすると、消費者金融の審査に通りやすくなるかと思われます。

借りやすい消費者金融のまとめ

クレジットカードのキャッシング機能とは違い、初回に限り無利息期間があるのが消費者金融の大きな特徴です。

ただし、借りやすさから多重債務者になってしまうケースも稀にあるようなので、申込前には返済の目途をしっかり立てて、計画的に利用することが大切です。

ひと昔前までは、消費者金融は金利が高いことや取り立てが厳しいことで知られ、怖いイメージがあったかと思います。

ですが、今ではそういったことは一切なく、大手消費者金融であれば安心・安全に借り入れできるようになり、男性女性を問わず多くの方が利用しています。

申し込んだその日に即日で借入れできること、銀行振り込みやコンビニATMで簡単に入出金できるなど、利便性が高い消費者金融の利用はキャッシング初心者にとっても借りやすい金融機関ではないでしょうか。

借りやすいと評判の消費者金融はこちら

プロミス
プロミスのメリット
プロミス公式サイトへ"

銀行カードローンの審査 > おすすめの銀行 > 借りやすい消費者金融はどこ?ランキングで選ぶ【急ぎで借りれる?】