銀行カードローン審査ガイド

キャッシング審査に通らない人とは?

急な用事でお金を借りたいんだけどキャッシング審査が不安…。そんな人には、20歳以上70歳未満の方で仕事をしていて安定した収入のある方なら申し込みが可能なジャパンネット銀行カードローンがおすすめです。ジャパンネット銀行カードローンの利用がはじめてなら30日間無利息で借入ができ審査申込みから借入れまでパソコンやスマホからネット完結可能です。ネット銀行だから実現できる低金利と豊富な融資実績があるジャパンネット銀行カードローンだから初めての人でも安心して申し込みができます。

お急ぎの方は>>ジャパンネット銀行公式へ

ジャパンネット銀行カードローンはWEB完結!

ジャパンネット銀行カードローン


ジャパンネット銀行で借入がはじめてなら30日間無利息で利用できます。審査申し込みは24時間パソコン・スマホからOK!ネット完結!ネット窓口はこちら

キャッシング審査に落ちる人はどんな人?


キャッシングを利用したいけど審査に通れるのか、不安に思っている方は多いのはないでしょうか。

キャッシング審査というのは誰でも通るわけではありません。

では、どんな人がキャッシング審査に落ちてしまうのか調べてみました。

無職や専業主婦の方

収入のない無職や専業主婦の方は審査に通ることはできません。

キャッシング会社はビジネスでお金を貸している訳ですので、返済ができないと判断されれば借り入れは不可能です。

最近だと専業主婦の方でも借りられるキャッシング会社はありますが、数は少ないですし審査も甘い訳ではありません。

ですが、パートやアルバイトなどで収入があれば、正社員ではなくてもキャッシング審査に申し込みできますので、働きに出ることを検討してみてはいかがでしょうか。

未成年の方

キャッシング会社に申し込みできるのは満20歳からなので、収入があったとしても未成年の方は審査に落ちてしまいます。

借入が年収の3分の1を超えている方

消費者金融では総量規制という法律がありますので、借入が年収の3分の1を超えている場合は審査に通ることはできません。

在籍確認が取れない方

キャッシングの審査では必ず在籍確認が行われます。申込者の勤務先に電話をして本当にその会社で働いているか確認が取れないと、審査に落ちる可能性が高くなります。

嘘を付いて申し込みをした方

審査に通りたいからといって嘘をついて申し込みをすると、必ずバレますので審査に落ちてしまいます。

短期間に何社も申し込みをしている方

短期間に何社も申し込みをすると「申込みブラック」になってしまいます。このままだと全ての消費者金融の審査に落ちてしまいますので、申し込みするなら1社に絞りましょう。

キャッシング審査に通りやすいのはどんな人?


キャッシングを利用するなら審査に通らなければなりません。

どんな人がキャッシング審査に通りやすいのかいくつかまとめました。

安定した収入がある

キャッシング審査は満20歳以上の安定した収入がある方が申し込みできます。

毎月の収入が安定していれば、正社員だけでなくパートやアルバイトをしている方でも審査に通ることは可能です。

職歴がある

勤務先や雇用形態は正社員でなくても、アルバイトやパートの方でも安定した収入があれば問題ありません。

勤続年数が長いほどキャッシング審査に通りやすくなります。

安定した職に就いている方であれば返済能力があると判断されますが、勤続年数が短いと信用されにくいです。

他社の借入件数や借入額が少ない

他社の借入件数や借入額が少ないほどキャッシング審査に通りやすくなります。

もし、複数の金融機関から融資を受けているのであれば、完済できるカードローンを解約したり、おまとめローンを利用するなどして、借入件数や借入額を減らしてから申し込みしましょう。

信用情報に事故歴がない

信用情報機関には金融機関から融資を受けた金額や返済状況、件数などが全て管理されています。

ローンの返済を期日内に行っていたり、携帯料金などの滞納をしていなければキャッシング審査に通りやすくなります。

キャッシング審査に通らない原因は?


キャッシング審査に通らないのはどうしてなのか、カードローン会社に問い合わせてみても原因は教えてくれません。

ですが、どうして審査に通らなかったのか、いくつか思い当たる原因を調べてみました。

信用情報に傷がついている

信用情報には過去の延滞や債務整理を行った事など正確に記録されています。

債務整理を行うと正しく返済をしなかったとみなされて、信用情報に記録が残ってしまいます。

また、返済の遅延があった場合でも金融事故として信用情報に残りますので、たとえ数日の延滞でも回数が増えると事故情報として記録されます。

信用情報に傷が付くと情報が消えるまで、審査に通らなくなってしまうので注意が必要です。

申し込み条件を満たしていない

キャッシング審査に申し込みするには「満20歳以上の安定した収入のある方」という条件があります。

満20歳以上で安定した収入が毎月あると判断されれば、正社員だけでなくパートやアルバイトをしている主婦や学生の方でも、審査に通ることが可能です。

この条件を満たさなければキャッシング審査に申し込みすることすらできません。

また、申し込み条件はキャッシング業者によって異なりますので、申し込みする前に確認することをおすすめします。

職場での勤続期間が短い

職場の勤務期間が短いとキャッシング審査に通らない原因になります。

キャッシング業者によって異なりますが、勤務期間が1年に満たない場合は不安定と判断されされますので、審査に通ることが難しくなります。

キャッシングの審査基準は?


キャッシングに申し込みをしようと考えている方は、審査基準がどんなものか気になっているのではないでしょうか。

消費者金融は「申込者に返済能力があるかどうか」を重視して審査を行います。

ビジネスでお金を貸している訳ですので、きちんと返済してもらえるのか審査を通して見極めます。

審査基準というのはカードローン会社によって、内容が違いますし公表もしていませんが、ある程度の基本的な審査は以下の項目で行います。

属性

属性というのは申し込みに記入した年齢、収入、性別、勤務先、家族構成などから申込者本人に返済能力があるのかチェックします。

本人、勤務先、住居、借入状況などの項目を総合的に見て判断していますが、その中でも「収入」と「他社借入件数」は重視されます。

収入

収入は必ず返済してもらえるのか確認するための重要なポイントとなります。

キャッシング審査の申し込みは「満20歳以上の安定した収入がある人」というのが条件となっていますので、毎月の収入が不安定の人だと審査に通ることは難しいです。

安定した収入が毎月あれば正社員だけでなく、アルバイトやパートをしている主婦や学生の方でも審査に通ることができます。

他社の借入件数と借入額

他社の借入件数や借入額が多いほど返済能力に問題があると判断されてしまいます。

審査ではより重視されるのが「他社借入件数」です。

他社借入件数が多い方はおまとめローンを利用したり、カードローンを解約するなどして、できるだけ件数を減らしてから申し込みする事をおすすめします。

ただし、含まれるのはカードローンやキャッシングと呼ばれる、無担保・無保証人のローンだけですので、住宅ローンなどはカウントされることはありません。

信用情報

信用情報というのは信用情報機関で管理されている、個人のローンやクレジットカードの利用履歴のことです。

この信用情報には契約状況や延滞の記録など全て記録されています。

キャッシング審査では金融事故を過去に起こしていないか、申込者の信用情報を隅々まで確認します。

たとえ、属性の審査では問題がなくても、信用情報に事故記録が残っている人は審査に落ちる原因になります。

ジャパンネット銀行のキャッシング申込み方法は?


ジャパンネット銀行のキャッシングを利用するには、ジャパンネット銀行の口座開設が必要となります。

キャッシング用のカードはありませんので、ジャパンネット銀行のキャッシュカードにローン機能が追加されます。

ですので、ジャパンネット銀行の口座がある方とない方では申し込み方法は変わります。

ジャパンネット銀行の口座を持っている場合

ジャパンネット銀行のキャッシュカードを持っている方は、トークンを用意するだけでスムーズに手続きを行うことができます。

申し込みは以下の流れで行います。

  • 公式サイトから申し込み
  • 審査
  • 借入れ

本人確認書類の提出は不要ですが、収入証明書が必要になる場合はスマートフォンから送ることができます。

即日融資を希望している場合でも、審査などで問題があれば、翌日以降の融資になる場合があります。

審査結果がメールで届いた後にジャパンネット銀行の手続きが完了すれば、メールで利用限度額の連絡が届きますので、確認後すぐに借入れができるようになります。

ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合

ジャパンネット銀行の口座を持っていない方は、申し込みと同時に口座開設を行うことになります。

  • 公式サイトから申し込み
  • 本人確認書類の提出
  • 審査
  • 初期設定
  • 借入れ

公式サイトから口座開設とキャッシングの申込みを行います。

本人確認書類である運転免許証や健康保険証は、書類送信アプリで簡単に送信することができます。

審査結果がメールで届いた後に、ジャパンネット銀行の手続きが完了すると、キャッシュカードとトークンが自宅に送られてきますので初期設定を行います。

設定を完了する事ができれば利用を開始する事ができます。

口座を持っていない方は、口座開設の手続きとキャッシュカードの郵送がありますので、利用できるまでには1週間ほど時間がかかります。

クレジットカードのキャッシングとは?


クレジットカードにはキャッシング枠があり、ATMやネットなどからすぐにお金を借りることができます。

カードローンを持つことに抵抗があったり少額の現金が必要な人に、クレジットカードのキャッシングはおすすめです。

キャッシング枠の範囲内であれば、いつでも、何回でも利用する事が可能ですが、クレジットカードの限度額はキャッシング枠の限度額という訳ではありませんので注意が必要です。

また、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれますので、ショッピング枠とキャッシング枠を別で使うことはできません。

クレジットカードに申し込みした際に、キャッシング枠を0円に設定していなければ、審査なしでいつでもキャッシングを利用する事が可能です。

しかも、ATMさえあれば海外でも簡単に現地通貨を借り入れする事ができます。

キャッシングは手軽に利用できますが、利息は借り入れした翌日から発生しますので、借りている日数が長ければ利息も増えてしまいます。ですので、借り入れしたら一括返済の方法をおすすめします。

消費者金融のキャッシング審査は甘い?


大手の消費者金融では、雇用条件に関わらず融資を行っていますので、正社員だけでなくパートやアルバイトなどをしている方でもお金を借りることができます。

ですので、正社員でなくても融資を受けられるから審査が甘い、と思っている方もいるようです。

実は消費者金融のキャッシング審査は甘いという訳ではなく、安定した収入や返済能力があるかを基準に審査を行っています。

決して無職の方や金融事故を起こしている方でも審査に通るという訳ではありません。

消費者金融の審査は最短30分で結果が出ると見かけますので、きちんと審査を行っていないと思われるのではないでしょうか。

ですが、信用情報や勤務先への在籍確認、年収や雇用形態など厳正な審査を行って即日融資を可能にしていますので、キャッシング審査が甘いということはありません。

キャッシング審査通らないQ&A

在籍確認が取れないとキャッシング審査に通らないって本当ですか?

勤務先への在籍確認ができなければ情報虚偽を疑われて審査に落ちてしまいます。もし、周囲にばれるのが心配な方は、審査をする前に相談をすれば書類提出で対応してくれる場合もあります。

勤続年数が短いとキャッシング審査には通らないですか?

勤続年数は短いよりも長いほうが審査に通る可能性が高いです。できれば1年以上の勤続年数があれば問題ありません。

学生でもキャッシング審査に通れますか?

キャッシング審査に申し込みできるのは満20歳以上の安定した収入のある方なので、アルバイトなどで安定した収入が毎月あれば学生の方でも審査に通ることが可能です。

正社員でないとキャッシング審査に通ることはできませんか?

正社員のほうがキャッシング審査に通る可能性は高いですが、パートやアルバイトをしている方でも審査に通る事ができます。

キャッシング審査に嘘をついて申し込みすると通らないって本当ですか?

申し込みするときに嘘をついてしまうと、審査に通ることはできません。たとえ間違いだったとしても落ちる可能性はありますので、間違いが無いように記入しましょう。

キャッシング審査通らないまとめ


いかがでしたでしょうか?
キャッシング審査に通らない人、通りやすい人の特徴をまとめていました。

他社に借入が多くある人や、信用情報に傷がある人は、審査に通るのは難しくなっています。

また、専業主婦の人や無職の人はもちろん審査には通りません。

審査に通るには、毎月安定した収入が必要です。

収入が少ない人は、希望限度額を減らしてみるのも一つのてですよね。

審査に通りにくい条件に当てはまらない人、20歳以上で毎月安定した収入があり信用情報に傷もない人なら、ジャパンネット銀行のカードローンに申し込みをお勧めします。

ジャパンネット銀行カードローン
japannetbanktantai_temp
japannetbank_button

銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > キャッシング審査に通らない人とは?