銀行カードローン審査ガイド

カードローンお試し診断の方法は?

カードローンで借り入れをお考えの方で、審査が不安な方はカードローンお試し診断をおすすめします。お試し診断なら簡単な質問に答えるだけだけで、お借入可能かどうかすぐに診断してくれるもので、審査に申し込む目安になります。簡易審査ですのであくまでも目安ですが、審査が不安でどこのカードローンに申し込もうか迷っている方には特におすすめです。銀行カードローンならネット銀行ならではの低金利と限度額で無理のない返済ができる住信SBIネット銀行には公式ページに「ご利用可能か簡単チェック!お試し診断」をご用意していますので、ぜひお試しください。

住信SBIネット銀行カードローンは安心の低金利

住信SBIネット銀行カードローン


住信SBIネット銀行は、お申し込み~ご契約までスマホ完結!!借入限度額は最大1,200万円、金利も年0.99%~14.79%と低金利なカードローンとなっています。
ネット窓口はこちら

カードローンのお試し診断とは?


カードローンの公式サイトにはいくつかの質問に答えるだけで、審査結果を判断してくれる「お試し診断」と言うサービスがあります。

あくまでも簡易診断ですので、お試し診断の審査に通ったとしても本審査では審査に落ちてしまうと言うこともあるようですが、他社借り入れがあるから新たにカードローン審査に通るか不安な人や、年収が少ないからカードローン審査が心配といった方にはお試し診断はおすすめです。

お試し診断は本審査と違い、入力する項目も少なく審査結果がすぐに出ます。
また審査に落ちてしまったからと言って信用情報に傷が付くこともありませんので、本審査に申し込みする前に一度試してみるのもいいでしょう。

お試し診断に落ちてしまったら本審査に通ることはまずないでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンのお試し診断の方法は?


住信SBIネット銀行カードローンのお試し診断は、公式ページの
「ご利用可能か簡単チェック!お試し診断」
から行います。

入力する項目は

  • 年齢
  • 保険証種別
  • 他社のお借入れ状況

の3項目の入力でお試し診断結果が出ます。

お試し診断の結果はすぐに届きますが、本審査の結果は数日かかる様です。

住信SBIネット銀行カードローンはネット銀行だからこその低金利となっています。

金利は0.99%~14.79%と低い上に、SBI証券に口座がある方や住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用している人は0.5%金利の引き下げがあり、さらに低金利で借り入れすることも可能です。

低金利だからこそ、審査に通るか不安な人も多いと思います。

そんな人はまずはお試し診断から、試してみてください。
仮審査ですので、実際の審査結果とは異なることもありますが、おおよその目安にはなるでしょう。

仮審査に落ちたからと言って信用情報機関には記録は残りませんので安心して利用してください。

アコムカードローンのお試し診断の方法は?


銀行カードローンのお試し診断に落ちてしまったけど、どうしても借り入れしたいという方は、大手消費者金融のお試し診断をおすすめします。

大手消費者金融のアコムのお試し診断は、公式ページの「3秒診断」から行ってください。

アコムの3秒診断は3項目の入力でお借入れ可能かすぐに診断できます。

  • 年齢
  • 年収
  • カードローン他社お借入状況

を入力して「診断開始」ボタンを押せば3秒で診断結果が出ます。

アコムの3秒診断もあくまでも目安ですので本審査で審査に落ちてしまうこともあります。
ではそれは、どういった時に審査に落ちてしまうのでしょうか?

3秒診断と本審査の結果が違う時って?

時には、3秒診断で「融資可能と思われます」とでるのに本審査で落ちてしまう人もいます。
なぜ本審査で落ちてしまったのでしょう?

信用情報に問題があるとき

3秒診断では、信用情報に関する入力はありませんが、本審査では信用情報機関への問い合わせをしますので、過去の借り入れ状況から現在の借り入れ全て分かってしまいます。
もしも信用情報に問題があれば審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

月々の収入が安定していないとき

3秒診断では年収を記入する欄はありますが、月々いくらもらっているのかは、調べませんですので、月によって給料があったりなかったりする人は、毎月きちんと返済してくれると言う信用が得られないために本審査に落ちてしまうこともあります。

在籍確認ができないとき

3秒診断では在籍確認は行われませんが本審査になりますと勤務先に電話をかけて在籍確認を行います。
在籍確認の時にすでに退職しているや休職中など何か問題があれば、審査に落ちてしまいます。

プロミスカードローンのお試し診断の方法は?


こちらのサイトでも人気な大手消費者金融のプロミスでもお試し診断は行っています。

プロミスのお試し診断は公式ページの「お借入シュミレーション」から行います。

プロミスのお試し診断も3項目の入力で簡単3秒診断!となっています。

入力項目は

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入金額

となっています。

プロミスのお試し診断も簡易審査となっていますが、申し込んでから審査に落ちると言う事態を極力避けることができるので、審査が不安な人には、大変便利な機能となっています。

お試し診断を利用することで、事前に申し込みブラックになることを防ぐこともできます。
お試し診断を利用しても信用情報に履歴は残りませんが、本審査では申し込み履歴が残ってしまうので、審査に落ちたからと言って一度に何件もの金融会社に申し込みをすると申し込みブラックになってしまいます。

ですのでお借入診断を利用して、診断結果がダメだった場合はまずは、その理由を見つけるようにしましょう。

カードローンお試し診断Q&A

お試し診断で融資可能でも本審査で落ちることもある?

はい。あります。お試し診断はあくまでも簡易審査ですので、融資可能でも本審査で落ちることもあります。
その原因はいくつかあり本審査では信用情報機関に問合せをしますので過去の返済の遅延や未払いがあったときや在籍確認がきちんと行われなかったとき、同時に複数のカードローンに申し込んでしまったときなど審査に落ちる原因はそれぞれです。

お試し診断はカードローン会社によって結果が違うの?

いつのカードローン会社のお試し診断に通ったからと言って他でも通るとは限りません。
お試し診断もローン会社によって審査基準が違いますので、1回お試し診断の結果が大丈夫だったから次の会社も大丈夫だと思わずに、カードローン審査に申し込む前には必ずその会社のお試し診断を利用することをおすすめします。

お試し診断ってどのくらい正確?

お試し診断って簡単だけど、どのくらい正確なのか気になりますよね。簡単な審査だし、あくまでも目安と言う感じで申し込みしていると思いますが、お試し診断で入力した雇用形態や借り入れ額は本審査に繋がることもあります。ですので、お試し診断で「申し込みが可能」とでた場合、借り入れしたいと思っているならそのまま本審査に進むことをおすすめします。

カードローンのお試し診断と本審査の違いは?


お試し診断で必ず質問されるのは「生年月日」「年収」「他社の借入金額」この3つです。
この3項目で、申し込み条件にあった年齢かどうかと言うことと返済能力があるかどうかと言うことを判断します。

カードローンの借り入れ条件は20歳以上、60歳~70歳以下の方となっていますので、お試し診断では、年齢は範囲内かどうかと言うことを見ます。

年収と他社借入金額で、融資してもいい範囲以内かどうかということや、返済能力があるかどうかと言うことを判断しているようです。

お試し診断は最低限の情報で、コンピューターが診断を行い、最低限の条件がクリアしているかどうかを診断するものです。

本審査は、個人情報の入力や他社借入件数や金額、持ち家の有無、家族構成、年収など借り入れ診断より詳しく質問されます。
他にも在籍確認や提出書類の確認など職員によるチェックが行われます。

本審査では融資可能かどうかに加え、いくらまでなら融資しても大丈夫かどうかなど、詳しい診断がされ、コンピューターの自動審査に加え申し込みの確認や在籍確認など電話で行うものもあるので審査にはある程度、時間がかかる様です。

カードローンお試し診断の審査基準は?


お試し診断はどこの金融会社もだいたい、「年齢」「年収」「他社の借入状況」を聞かれます。

この診断内容からお試し診断では、返済能力があるかどうかを診断されたいるようです。
ですので、返済能力がなければ、即審査落ちの結果になるようです。

お試し診断を利用するメリットは

  • 審査落ちの可能性の高いカードローンが把握できる
  • お試し診断を事前に行うことで信用機関に傷が付かない
  • 申し込みブラックを防ぐことができる

お試し診断を利用することで、自分が審査に通る可能性があるかどうか事前に見極めることが出来るので、審査に通る可能性が低い所に申し込みをせずに済みます。

お試し診断を利用しても、信用情報機関に情報が記録されることはありませんが、カードローンの本審査に申し込みをすると、信用情報機関に申し込み情報が残ってしまいます。

審査に落ちたからと言って次々カードローンに申し込んでしまうと、申し込みブラックになることもありますので、審査に申し込む前にはお試し診断を行って、「融資不可能」とでた場合は他の金融機関のお試し診断を行ってみることをおすすめします。

カードローンお試し診断まとめ


カードローンのお試し診断にはメリットも多く、

  • 審査落ちを事前に防げる可能性がある
  • 申し込みブラックになりにくい
  • 信用情報機関に情報が残らない

など、診断結果もすぐに出るので、利用したいカードローンにお試し診断があれば必ず利用するようにしましょう。

診断結果はあくまでも目安ですので、「借り入れ可能」と判断されても審査で落ちてしまうこともありますが、借り入れ診断で「借り入れできない」とでた場合は、その金融機関に審査に申し込むことはおすすめできません。

その場合は、他の金融機関の借り入れ診断を試して見ましょう。

住信SBIネット銀行カードローン

sbitantai_temp
sbi_button


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > カードローンお試し診断の方法は?