銀行カードローン審査ガイド

銀行でお金を借りる時に必要なものとは?

銀行カードローンでの借り入れをお考えなら、パソコンスマホで審査申し込みから借り入れ間で可能な住信SBIネット銀行カードローンがおすすめです。住信ネット銀行カードローンなら必要書類はWEBで提出可能です。必要なものも本人確認書類と収入証明書たけで、担保や保証人は不要!ネット銀行だから実現できる豊富な融資実績で多くの人が利用しているので、安心して借入できます。ネット銀行ならではの低金利と限度額で無理のない返済も可能です。

お急ぎの方は>>住信SBIネット銀行公式へ

住信SBIネット銀行カードローンはスマホ完結!

住信SBIネット銀行カードローン


住信SBIネット銀行カードローンはネット銀行だから実現できる低金利年0.99%~14.79%!利用限度額も1,200万円!融資実績も豊富で、無理のない返済が可能なので安心して利用できます。
ネット窓口はこちら

銀行カードローンでお金を借りる時に必要なものは?


銀行でお金を借りるのに必要なものとは何でしょうか?
まずは銀行カードローン審査の流れを見て、必要なものを確認していきましょう。

  • 審査申し込み
  • 本人確認(確認連絡)
  • 審査
  • ・収入の確認
  • ・信用情報の確認
  • ・在籍確認
  • 審査結果の報告
  • 利用開始

審査に申し込むと本人確認のために、登録先の電話に銀行から連絡が入る事がありますが、後ほど本人確認の書類が必要になります。
また、収入の確認のために収入証明書が必要になる事もあります。

審査をスムーズに進めるためには事前に必要なものを用意しておく事が大事です。

銀行でお金を借りるならおすすめは?

住信SBIネット銀行カードローン

sbitantai_temp
sbi_button

ジャパンネット銀行カードローン

japannetbanktantai_temp
japannetbank_button

銀行でお金を借りる時の必要書類とは?


銀行カードローン審査の時には本人確認書類と、収入証明書が必要になります。

ではなぜ、本人確認書や収入証明書が必要になるのでしょうか?

本人確認書類はなぜ必要?

銀行は一定の取引を行うお客様に対し「犯罪収益移転防止法」にもとづき「取引時確認」をする事が定められいます。

ですので、本人確認書類の提出は本人かどうか確認するため以外にも犯罪防止のために法律で義務付けられている確認作業のためでもあります。

収入証明書はなぜ必要?

銀行カードローンは銀行が提供しているローンのため「銀行法」が適用されています。銀行法では消費者金融のように収入証明書類の提出を義務付けてはいませんが、各銀行独自で提出を求めている所も多く、借り入れ限度額が低い場合は提出を求められない事もあります。
また提出基準に満たしていなくても、自営業の方や信用が低いと判断された場合は銀行側から収入証明書類の提出を求められる事はあります。

他にも必要な書類はある?

銀行でお金を借りる方法としてカードローン以外にも、目的ローンやフリーローンもあります。

目的ローン

目的ローンとは、自動車やリフォーム、結婚、旅行、教育資金など目的を限定して借り入れするものです。
この場合、借り入れた人の口座には振り込まれずに直接購入先に入金される事が多いですが、購入する物の見積書や契約書、パンフレットや領収書の提出を求められる事があります。
もちろん本人確認書や収入証明書類も必要になります。

フリーローン

フリーローンはカードローンと違い一括での融資になります。
銀行によって、提出する書類は異なりますが、だいたいフリーローンの場合も本人確認書、収入証明書類、資金使途確認書類が必要になります。

銀行でお金を借りる時にひつようなものQ&A

銀行でお金を借りる時に準備しておく書類は?

申し込みをする金融会社によって異なりますが、最低でも身分証明書は必要になります。身分証明書は顔写真付のものが望ましいですので、運転免許証、パスポート、個人番号カード(顔写真付)のものを用意しましょう。ない場合は、健康保険証でも可能ですが、他に公共料金の領収書などが必要になる事が多いようです。銀行によっては、収入証明書が必要になる場合があります。

収入証明書類はどこで入手できる?

収入証明書類は、給与明細書や源泉徴収票、課税証明書、納税証明書、確定申告書になります。給与明細書や源泉徴収票は、申込者の方が勤めている会社で発行されます。課税証明書は市町村役場、納税証明書は税務署のなります。自営業の方が収入証明書類として提出する確定申告書は自ら申告したときの控えになります。

書類はいつまでに用意すればいい?いつ必要?

銀行によって、提出するタイミングは違います。仮審査の後に提出が必要な銀行が多いようですが、書類は審査に申し込みをする前に事前に準備しておく事をお勧めします。本人確認書類はすぐに用意できますが、収入証明書類は、もし紛失してしまっていたら、用意するまでに時間がかかる事がありますので申込する前にきちんと用意して置くようにしましょう。収入証明書類が必要ない借入金額でも銀行側から提示を求められる事がありますので、一応用意しておく事をおすすめします。

銀行でお金を借りる時の収入証明とは?


銀行でお金を借りる際には必要な収入証明書類はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?
こちらのサイトでも人気の住信SBIネット銀行カードローンとジャパンネット銀行カードローンを参考に見ていきましょう。

住信ネット銀行カードローン収入証明書類とは

住信ネット銀行カードローンは希望借り入れ額が50万円を超える場合収入証明書類が必要となります。

給与所得者の方
  • ・源泉徴収票
  • ・所得証明書(市町村が発行する住民課税決定通知書など)
  • ・確定申告書(税務署の受付印もしくは申込書の写し及び受信通知)
  • のいづれか1点最新のもののコピーが必要になります。
    ※勤続年数が1年未満で上記のものが用意できないとき

  • ・給与明細書(直近3ヶ月以内のもの1ヶ月分)
個人事業主の方
  • ・所得証明書(市町村が発行する住民税課税決定通知書など)
  • ・確定申告書(付表付)
  • (税務署の受付印もしくは申込書の写し及び受信通知)

住信ネット銀行カードローン収入証明書類の提出方法は

パソコン、スマホからWEBアップロードまたはFAXで提出で起案す。
書類提出の際は書類の余白に仮審査結果連絡の際に記載してある「受付番号」を記入してください。
WEBアップロードには仮審査結果連絡の際記載した「ログインID」が必要です。

ジャパンネット銀行カードローン収入証明書類は


ジャパンネット銀行カードローンは300万円までの申し込みは原則収入証明書類は不要となります。
すでに、ジャパンネット銀行のローンを利用の方は新たに申し込むローンとの合わせた金額になります。

【給与所得者】
  • ・源泉徴収票(最新のもののコピー)
  • ・住民課税決定通知書(最新のもののコピー)
  • ・住民税課税証明書(発行後3ヶ月以内のコピー)
  • ・勤続年数が1年未満の方は給与明細(直近3ヶ月分コピー)
【個人事業主の方】
  • ・確定申告書
  • (税務署の受付印もしくは受信通知、電子申請等証明データシートがある最新のもののコピー)

  • ・納税証明書(発行後3ヶ月以内のコピー)
  • ・住民税課税証明書(発行後3ヶ月以内のコピー)
  • ・住民税納税通知書(最新のもののコピー)

ジャパンネット銀行カードローン収入証明書提出方法

  • ・画像のアップロード
  • ・FAX
  • ・郵送

から提出が可能です。

銀行でお金を借りる時の本人確認書類とは?


本人確認書類は原則顔写真付の運転免許証が必要になります。
運転免許証がない場合は他の本人確認書類でも可能な所もありますが、運転免許証をお持ちの方は必ずそちらを提出してください。

なぜ、運転免許証が望ましいかと言うと、銀行側は資金業法の指定信用情報機関制度により個人情報を正確に把握しないといけません。
そのため運転免許証は信用情報の参照のときに免許番号がとても便利で確実だからです。

本人確認書類は顔写真付のものになります。
運転免許証がない場合はパスポートや個人番号カード(顔写真付)のものでも大丈夫な所も多いですが、顔写真がない健康保険証の場合は、現住所が確認できる公共料金の領収書などが別に必要になります。

住信ネット銀行カードローン本人確認書類は?

  • ・運転免許書
  • ・住民基本台帳カード(写真付き)
  • ・在留カード特別永住者証明書
  • ・各種健康保険証
  • (共催組合証・私立学校教職員共済制度加入証・医療受給者証)

ジャパンネット銀行カードローン本人確認書類は?

  • ・運転免許証のコピー
  • ・個人番号(マイナンバー)のコピー
  • ・パスポートのコピー
  • ・各種健康保険証のコピー
  • ・住民基本台帳カードのコピー(顔写真とQRコードの印字があるもの)
  • ・印鑑証明書(原本)
  • ・住民票の写し(原本)
  • ・各種年金手帳のコピー+補助資料(原本)
  • ・身体障害者手帳を含む各種福祉手帳のコピー+補助資料(原本)

補助資料の原本とは氏名・現住所・領収日付が記載されたものになります。

ジャパンネット銀行カードローンは運転免許証、個人番号のカード、パスポート、各種健康保険証は、口座開設アプリで提出する事が出来ます。

銀行でお金を借りる時に在籍確認は必要?


銀行カードローンに限らず、消費者金融のカードローンの審査の時には必ず在籍確認はあります。

在籍確認とは基本的に職場への電話で行われます。

金融機関によっては在籍確認が書類で行われる所もあるようですが銀行でお金を借りる際は在籍確認は原則、会社への電話で行われます。

しかし銀行側も銀行名を名乗る事はなく、個人名で会社にかかってくるので会社にばれる心配は少ないと思います。

銀行カードローン在籍確認なしで借り入れ?

銀行カードローンの場合、原則会社に電話で在籍確認が行われると言いましたが、実は、在籍確認がない場合もあるんです。

在籍確認は申込んだ人が本当にその会社で働いている確認するために行われます。
実は在籍確認を行わなくても、その会社で働いていると確認できる方法があるんです。

それは、ローンを申込んだ銀行の口座をすでに持っており、その口座で給与の受け取りをしていたら、在籍確認をせずに、その会社で働いているという事がわかります。

このような場合、在籍確認が行われない事もあります。

在籍確認を行う理由は?

なぜ金融機関は在籍確認を行うのでしょうか?
それは返済能力を見極めるうえで、勤務先の情報は非常に大事です。

そのため、申し込みに書かれた勤務先に本当に勤めているのかきちんと調べるために在籍確認は重要なのです。

銀行でお金を借りる時に必要な審査とは?


銀行でお金を借りる際どのような審査が行われるのでしょうか?

銀行でお金を借りる審査で大事なポイントは?

  • 安定した収入
  • 個人信用情報
  • 収入と借入希望額のバランス
  • 返済能力
安定した収入

審査にも申し込む条件として大事なのが安定した収入です。いくら年収が良くても給料が0のつきがあれば、審査には不利になります。収入が少なくても毎月きちんと収入があることが審査には大事です。
また収入に応じた希望借入額を設定するようにしましょう。

個人信用情報

銀行カードローン審査の時は必ず個人信用情報をチェックします。
他社の借入が多く多重債務者ではないか、過去に返済の遅れや滞納など、金融事故はないか、個人信用情報機関に問合せをしてきちんとチェックしますので、嘘の情報で申し込みをしてもすぐにばれてしまいます。

収入と希望借入額のバランス

借入限度額は、収入に比例します。収入が多いとその分、借り入れ額は多く設定されます。ですので。収入に応じた借入額を希望する事が大事です。収入が少ないのに借入希望額が多いとそれだけで審査に落ちてしますこともありますので注意してください。借り入れの目安は年収の1/3ですが、初めての場合は、それより少なくなる場合があるでしょう。

返済能力

銀行側に返済能力がないと見なされたら審査に落ちてしまします。
すでに他社で複数借入がある人は、おまとめローンを利用して一つにまとめたり、利用していないカードローンやクレジットカードがある人は、きちんと解約手続を行ってください。

住信ネット銀行カーローン審査の流れは?

では、住信ネット銀行カードローンの審査申し込み方法をご紹介しましょう。

住信ネット銀行の口座をお持ちでない方は、審査申し込みと同時に口座開設が必要となります。

  • 審査申し込み
  • パソコン・スマホから審査申し込み
  • 仮審査
  • 入力内容を基に仮審査が行われます
  • 仮審査結果
  • 登録しているメールアドレスに仮審査の結果が届きます
  • 本審査
  • 勤務先に在籍確認を行います。
  • 在籍確認は電話で行われます。
  • 手続完了
  • 手続完了後、借入が可能です。
  • 借り入れは、WEBサイト提携ATMから可能です。

すでに、口座をお持ちの方は、仮審査結果の連絡が最短60分で完了します。
本審査は1日~数日かかる様です。
住信ネット銀行カードローンは、ローン専用カードは発行されませんのでお手持のキャッシュカードで借入可能です。

銀行でお金を借りるために必要なものまとめ


銀行でお金を借りる方法として、使い道が原則自由なカードローンや目的のためにお金を借りる多目的ローンなどがあります。銀行にお金をお金を借りる際に絶対に必要になるのが、本人確認書類です。審査の内容や借入限度額によって収入証明書が必要になります。
多目的ローンの場合この2点とは別に、資金使途と金額が確認できる書類が必要になります。

審査に申し込みをして、仮審査に通ったら書類提出を求められる事が多いですが、必要な書類は審査申し込み前にあらかじめ準備しておきましょう。

住信SBIネット銀行カードローン

sbitantai_temp
sbi_button


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > 銀行でお金を借りる時に必要なものとは?