銀行カードローン審査ガイド

じぶん銀行カードローンは個人事業主でも借りれる?

個人事業主でも借りれる所をお探しなら、消費者金融よりも低金利で安心のじぶん銀行カードローンがおすすめです。特にauユーザーなら金利が優遇される「au限定割」が適用され、さらに安い金利での借入が可能に。もちろんauユーザー以外の方でも申込OKです。気になる申込方法は24時間365日いつでもWeb申し込みできるので、来店不要で家族にバレずに借りれる銀行カードローンです。

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローンのメリット
じぶん銀行カードローン公式サイトへ"

個人事業主でもじぶん銀行カードローンで借りれる?審査どう?

じぶん銀行カードローンの利用を考えている方の中には、個人事業主の方もいることと思います。

ですが、世間一般的には個人事業主に対してローンの審査が厳しかったりするので、「審査に通過することはできるだろうか?」と不安を覚えることも多いと思います。

そこで、こちらではじぶん銀行カードローンは個人事業主でも借りれるのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

じぶん銀行カードローンなら個人事業主でも借りれる!

じぶん銀行カードローンは、個人事業主に対しても融資を行なっている会社です。

よって、個人事業主の方であっても審査にさえ通過すれば、設定された利用可能額の範囲内でお金を借りることが可能です。

ただし、審査に通過しなければ借入することは出来ないので気をつけて下さい。

個人事業主だと審査は厳しい?

インターネットの口コミによると、じぶん銀行カードローンは個人事業主に対して審査が厳しいという意見を見かけることがあります。

実際のところはどうなのでしょうか。

まず、じぶん銀行カードローンは誰に対しても平等な審査を行なってくれる会社なので、個人事業主だからといって審査が厳しいといったことはありません。

個人事業主の方も安心して審査に申し込むことが出来ます。

事業資金に使ってもいい?

じぶん銀行カードローンでは、ホームページ上で「事業資金には使えない」と記載しています。実際のところはどうなのでしょうか。

そもそも事業資金とは、会社経営や個人事業に使用する資金のこと。

事業資金は生活費として借りるより借入額が多くなる傾向にあり、返済不能となるリスクが高いために、銀行カードローンでは借入金を事業資金として利用できないケースが多いです。

もしどうしても事業資金として借りたい場合には、事業資金OKのビジネスローンを利用するなどして下さい。

じぶん銀行カードローンでは、どんな理由であれ事業資金として借りることは出来ませんのでご注意ください。

じぶん銀行カードローンの審査に通るコツは?【個人事業主の場合】

個人事業主にとって、カードローンやキャッシング審査は一般的に通りづらいというイメージがあるかと思います。

ですが、個人事業主という属性が審査において不利になったとしても、審査に通るコツをしっかりと抑えておけば、個人事業主であっても問題なく借り入れることが出来ます。

個人事業主でも審査に通るコツは?
信用情報がキレイなこと

信用情報とは、カードローンの契約情報はもちろん、クレジットカードや自動車ローン、住宅ローンの契約情報と過去の延滞履歴、携帯電話を分割購入した場合の契約情報など、信用情報機関というところで記録されている個人の情報の事です。

もし個人事業主が他社カードローンを利用中に支払遅延を起こすなど、過去に金融事故を起こしていれば、その情報がそのまま信用情報機関に履歴として残ります。

そうなると、銀行カードローンの場合は審査落ちのリスクが高くなってしまいます。

反対に、クレジットカードも他社カードローン利用時にも特に問題がないという場合には、審査においてとても有利になります。

あなたの信用情報についてはいかがでしょうか?

ご自分の信用情報を正確に知りたい場合には、カードローン申込前に信用情報機関に問い合わせしてみると良いかもしれません。

所得が十分にあること

じぶん銀行に限らず、カードローン審査では一般的に返済能力の有無が問われるため、はじめて申し込む場合は年収の3分の1以上の融資は難しいとされています。

そうなると、少ない所得では少額の借入しか出来なくなってしまうという事です。

よって、カードローンに申込む際には、最低でも借入希望額の3倍程度の所得がなければ審査を通過するのは難しいかもしれません。

借入希望額を必要最低限にすること

はじめてお金を借りる際には、個人事業主に限らず借入希望額を低めに設定することが審査で有利になるポイントになります。

特に個人事業主の方の場合は、あまり多く借りすぎると事業資金として使われるかもしれないと判断されかねません。

よって、確実に審査に通りたいなら借入希望額を必要最低限にすること。これが審査に通るコツになります。

申込情報を正確に入力すること

カードローン申込時には、電話番号や勤務先、勤続年数や年収などを入力していきますが、ここで嘘の情報を申告してはいけません。

所得を多めに申告してみるのはもっての他ですが、うっかり電話番号や住所の番地などを入力ミスしてしまった場合でも、嘘の情報とみなされる場合があり審査で不利になってしまいます。

申込情報は正確に入力すること、これが銀行カードローン審査に通る上では大事になります。

在籍確認が取れること

カードローンの審査時に行なわれる在籍確認とは、一般的には勤務先に電話をかけて申込者が本当に在籍しているかを確認するためのものです。

ですが、個人事業主ともなると勤務先は自宅である場合が多いですよね。そのため、携帯電話しか連絡手段がないといった方も少なくないと思います。

もし申込者本人の携帯電話しかないといった場合には、自宅である勤務先に固定電話がないということで在籍確認は行なえないことになります。

なので、できることなら自宅に固定電話を引くなどしてから、じぶん銀行カードローンに申し込みすることをおすすめします。

じぶん銀行カードローンの必要書類は?個人事業主への在籍確認は?

じぶん銀行カードローン審査時には、在籍確認に加えて審査に必要な書類の提出が求められます。

ここからは、じぶん銀行カードローンの在籍確認の方法や本人確認書類など、契約に際して必要となる手続きをご紹介します。

じぶん銀行カードローンの必要書類とは?
本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(日本国発行のみ)
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

じぶん銀行カードローンでは原則として、上記の書類のうちいずれか1点のコピーの提出が求められます。

そして、借入希望額が300万円以上の場合には、本人確認書類に加えて収入証明書類の提出も求められます。

ただし、個人事業主の方の場合には、借入希望額にかかわらず収入証明書類の提出が求められる可能性があります。その理由は、正社員と比べると収入の安定性が低いとみなされるからです。

提出が求められる収入証明書類については、以下の通りになります。

収入証明書類
  • 源泉徴収票(前年度分)
  • 住民税決定通知書(前年度分)
  • 地方公共団体が発行する所得証明書(課税証明書)

じぶん銀行カードローンでは、上記の収入証明書類のうちいずれか1点のコピーを提出します。

個人事業主の場合はそれらに加えて確定申告書の控えのコピーもあると、審査がスムーズに進みます。

じぶん銀行カードローンの在籍確認はどんな感じ?

一般的にカードローンの在籍確認とは、勤務先に電話をかけて申込者が本当に在籍しているかを確認するためのもの。

ですが、個人事業主の場合は自宅で仕事をしている場合が多いと思います。この場合はどうなるのでしょうか。

個人事業主への在籍確認は、自宅の固定電話を勤務先の連絡先として申告することになります。

ということは、自宅に固定電話を引いていなければ在籍確認ができないという事です。

在籍確認ができなければ申込者本人の携帯電話に連絡する形になりますが、自宅に固定電話があるほうが審査においては有利とされています。

じぶん銀行カードローン個人事業主によくあるQ&A

じぶん銀行カードローンの審査って、個人事業主だと通りにくいですか?

カードローンやキャッシング審査において、個人事業主は審査に通りにくい属性の一つとされています。

そもそもなぜ個人事業主はカードローン審査に通りづらいとされているのでしょうか。

  • 【個人事業主が審査に通りづらい理由とは】
  • ・収入が安定していない
  • ・事業自体が不安定
  • ・所得が少ない
  • ・退職金が望めない
  • ・事業資金として利用される可能性大

個人事業主がカードローン審査に通りにくいと言われる主な理由は、上記のとおり5つです。

これをカバーするためには、安定した収入を証明できるものをしっかり提出すること、ホームページなどをお持ちなら事業内容を掲載しているページをつくること。

そして、必要最低限(少額)のみ借り入れることなどを実行してみて下さい。審査落ちの可能性を低くすることが出来ると思います。

個人事業主が銀行カードローンの審査を受ける時に必要な書類は何ですか?

一般的に個人事業主が銀行カードローン審査で提出が求められるのは、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つになります。

  • 【本人確認書類】
  • ・運転免許証
  • ・健康保険証
  • ・パスポート(日本国発行のみ)
  • ・個人番号カード
  • ・在留カード
  • ・特別永住者証明書
  • 【収入証明書類】
  • ・源泉徴収票(前年度分)
  • ・住民税決定通知書(前年度分)
  • ・地方公共団体が発行する所得証明書(課税証明書)

上記の「本人確認書類」「収入証明書類」は、それぞれいずれか1点のコピーがあれば大丈夫です。

個人事業主の場合には、それら書類に加えて確定申告書の控えのコピーがあると、審査においては有利になると思われます。

すぐにお金が必要です。個人事業主でも銀行で融資してもらえますか?

はい、可能です。

じぶん銀行カードローンなら個人事業主の方へも融資を行なっています。

ただし、個人事業主専用のカードローンではないため、事業資金として借りることは出来ません。あくまでも生活費(プライベート目的)の利用に限ります。

個人事業主でも借りれるじぶん銀行カードローンまとめ

個人事業主でも借りれる借入先として、じぶん銀行カードローンをご紹介しました。

お金が借りにくいというイメージのある個人事業主ですが、安定した収入を証明できれば正社員と同じように借り入れることが出来ます。

ただし、事業資金として使うことは出来ません。事業用の資金を借りたいならビジネスローンを利用することになります。

じぶん銀行カードローンは、個人事業主が生活費(プライベートな目的)として借りるなら、低金利で使い勝手の良い銀行カードローンです。

auの携帯電話やスマホをお持ちの方なら、「au限定割」が適用され金利が優遇されるので、お得に借り入れることも出来ます。

消費者金融より安心して借りれる銀行カードローンなので、お金が必要な個人事業主の方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローンのメリット
じぶん銀行カードローン公式サイトへ"

銀行カードローン審査ガイド > じぶん銀行カードローン > じぶん銀行カードローンは個人事業主でも借りれる?