銀行カードローン審査ガイド

イオン銀行カードローンは自営業者でも借りれる?

自営業の方で、カードロンの借り入れをお考えの方は、安定した継続収入のある方なら審査に申し込みができるイオン銀行カードローンがおすすめです。会社に勤めている方に比べて自営業の人は審査に通りにくいイメージがありますが、イオン銀行カードローンは、安定した収入のある方なら、借り入れも可能です。しかも流通大手のイオングループの展開したいる銀行カードローンですので、安心して利用できます。14時までのお申し込みで、原則最短審査が可能ですし、イオン銀行の口座をお持ちなら最短融資も可能ですので、急いでいる方にもおすすめのカードローンです。

お急ぎの方は>>イオン銀行公式サイトへ

口座不要・郵送不要のイオン銀行カードローン!

イオン銀行カードローン


イオン銀行カードローンはパソコンやスマホからWEB完結で申し込みからご契約まで可能なカードローンです。14時までの申し込みなら最短審査回答で、イオン銀行に口座をお持ちなら即時振り込みも可能です。
ネット窓口はこちら

イオン銀行カードローンは自営業でも借り入れできる?


自営業の人でもイオン銀行カードローンは利用できます。
自営業の方は銀行カードローン審査に通るのは厳しいと言われていますが、毎月安定した収入があればイオン銀行カードローンで借り入れすることは可能です。

しかし借り入れしたお金は「事業運転資金」には利用できませんので注意してくださいね。

イオン銀行カードーローン申込条件
  • 日本国内に居住している方外国籍の方については永住許可を受けている方
  • 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満お方
  • 本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方
  • イオンクレジットサービス(株)またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方

イオン銀行カードローン自営業の方の在籍確認は?

イオン銀行カードローンでは自営業者の方は会社に在籍確認の電話はかかってきません。
しかし審査の時に、収入証明書を提出する必要があります。
イオン銀行に収入証明書を提出することで「収入が安定している」ことを証明します。

収入の字はあくが難しい自営業の方は申し込み金額に関係なく収入証明書や所得証明書を提出する必要があります。

イオン銀行カードローン公式サイトへ

イオン銀行カードローンの使い道は基本自由!事業用資金としてはどう?

カードローンは何のために使える?

イオン銀行カードローンの資金使途は、原則として自由なため、何の目的のためにでも利用することができます。

例えば、大学などの卒業旅行に行く旅費に当てたり、急に田舎に帰省しなければならなくなった時の旅費、または高額な電気機器などを買い揃えるためや、自分の未来への投資のために資金を用いることもできます。

人生には、その時その一瞬にお金が必要になる状況というものが、稀ではありますが存在するものです。

そんな時に助けになるのが、イオン銀行カードローンです。

このカードローンは、イオン銀行の口座をすでに持っている方であれば、すぐに審査を受けることができ、審査完了後に通ればカードが発行されて利用することができます。

こうした事態に備えて、イオン銀行の口座だけ作っておくのも良いかもしれません。

どんな資金使途のためにも使えるって本当?

イオン銀行カードローンは原則として資金使途が自由ですが、唯一、事業性資金としては利用することができないという注意事項があります。

一般の利用者にとっては関係のない話ですが、個人事業主の方や会社の経営に携わっている方は注意が必要でしょう。

イオン銀行カードローンの借入限度額は800万円と、銀行系のカードローンの中でも限度額が大きく、借入利率も低いために魅力が多いカードローンですが、事業性資金として用いることを考えている場合には、イオン銀行の窓口で直接相談する方が良いでしょう。

とはいえ、個人事業主であっても会社の経営者であったとしても、事業性資金として用いるのでなければ、一般の利用者と同じように利用することが可能です。

金利の低さと利用限度額の大きさが魅力のイオン銀行カードローンは、一度作ってみる価値があると言えます。

イオン銀行カードローンの賢い使い方!月の返済が1,000円でOK?

月々の返済はなんと1,000円から可能!

イオン銀行カードローンでは、毎月の返済日前日の利用残高が10万円以下の場合は、月々の返済額が1,000円からでもOKになっています。

もちろん利用残高が多ければ返済金額も増えていきますが、それでもイオン銀行カードローンは、毎月の最低返済額が低く設定されていることには間違いありません。

例えば10万円を超えて20万円以下の場合は5,000円、40万円を超えて50万円以下の場合は1万円、50万円を超えて100万円以下の場合は1.5 万円といった具合です。

借入額の上限になる800万円を借りた場合には、月々7万円を返済していく必要がありますが、毎月7万円の返済をして800万という資金を手に入れることができるとも考えられます。

確かに、イオン銀行カードローンの月々の返済額は低く設定されていると言えるでしょう。

月々の返済額を多くして早めの完済を!

イオン銀行カードローンは、月々の返済額が1,000円からできるということで人気ですが、気を付けていないと、いつまでたっても完済できないという状況に陥ってしまうことがあります。

それで、手持ちの資金に余裕がある時など可能な時には、任意での返済を多くしておくことをお勧めします。

イオン銀行カードローンは業界で最高水準の低金利と言われていますが、やはりカードローンを利用している限りは、利息が発生してしまうものです。

それで、毎月の返済額に加えて任意での返済を積極的に行っていくことによって、賢くカードローンを利用できるようになるでしょう。

お金がない時には最低の返済額を、お金に余裕がある時には任意での返済をして、カードローンを賢く使いましょう。

イオン銀行カードローン公式サイトへ

イオン銀行カードローンは保証人や担保が不要!注意すべきポイントは?

イオン銀行カードローンは担保が必要?

イオン銀行カードローンを利用する際に、わざわざ担保を設定する必要はありません。

これは、イオンクレシジットサービス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社が、イオン銀行カードローンの利用者の保証を本人に代わってすることになっているので、不要になるわけです。

かなり昔に、消費者金融などで大きな金額の借入れを経験された方であれば、担保を設定することでかかってくるストレスというのは、容易に想像できると思います。

こうした担保を設定する必要がないというのも、イオン銀行カードローンを利用するメリットのひとつと言えるでしょう。

ただ、担保を設定していないという理由で気が楽になって、返済など時々遅れるといったことがないように気をつけましょう。

イオン銀行カードローンは保証人が必要?

イオン銀行カードローンは保証人を立てることなく、ストレスフリーで申込むことができます。

それは、イオンクレジットサービス株式会社かオリックス・クレジット株式会社が、イオン銀行カードローンの利用者の保証をしてくれるからです。

保証人を立てなければ借りられないカードローンだと、他の人に迷惑をかけることになりかねないので、頼む際にも返済期間中もストレスが溜まっていきますから、保証人を立てることなく借りることができるイオン銀行カードローンは、非常に魅力的だと言えます。

ただ、保証人を立てていないからといっても計画的に返済して行くことは忘れないようにしましょう。仮に返済が遅れると遅延損害金が発生しますし、信用情報にも傷がついてしまいます。

イオン銀行カードローンの手数料に注意!手数料のチェックポイントは?

手数料が無料か有料かって重要なの?

どこのカードローンを利用するかを考える際に、多くの人が真っ先に考えるのが、借入れ利率が何%かということではないでしょうか?

利率が低ければ低いほど、返済総額も少なくて済みますから、確かに重要な要素であることは間違いありません。

しかし借入れ利率と同じように重要なのが、カードローン利用時にかかる手数料です。

この手数料が無料か、それとも有料かは意外に重要です。

もちろん手数料が有料であったとしても、一回につきたかだか108円くらいじゃないかと思われるかもしれませんが、これが月に何度も借入れして手数料が取られ返済して手数料が取られていると、意外に大きな額になっていくものです。

ですから、手数料が無料か有料かは、カードローンを選ぶ際のかなり重要な要素になります。

イオン銀行カードローンの手数料は?

イオン銀行のATMなどでイオン銀行カードローンを利用する際には、借入れの際も返済の際も手数料は不要となっています。

現在、イオン銀行のATMは全国に約5,000台設置されており、イオングループのモールやスーパーの中には必ず設置されています。

さらに24時間営業しているイオンのスーパーも数多くありますから、夜でも安心してATMを利用して借入れや返済をすることができます。

もちろん、借入れや返済は提携金融機関のATMからでも可能です。

例えば、E-netのATMが設置されているコンビニや大手銀行のATMなどです。

ただ、こうした提携金融機関を利用する場合は、所定の利用手数料や時間外手数料がかかる場合があるので注意が必要です。

イオン銀行カードローン公式サイトへ

イオン銀行カードローンのトラブル対策!盗難被害に遭った時の対処は?

トラブルが起きた場合はどこに連絡したらいい?

イオン銀行カードローンを利用中に、トラブルと思える自体が発生したら、速やかにイオン銀行コールセンターのローン専用ダイヤルに連絡してみましょう。

ローン専用ダイヤルは0570-000839になっています。

もしここで、話し合ってトラブルを解決できないと思った場合には、イオン銀行が契約している指定紛争解決機関「一般社団法人 全国銀行協会」に連絡してみましょう。

連絡先は、全国銀行協会相談室で電話番号が0570-017109または03-5252-3772となっています。

受付日は、月から金曜で受付時間が9:00から17:00までとなっています。

こうした機関に連絡するまでになるケースは稀だとは思いますが、トラブルが発生した際にはこうした手順を取ることになります。

カードを紛失したり盗難に遭ったりした場合は?

イオン銀行カードローンのカードを紛失してしまったり、盗難に遭ったりした場合には、すぐさまカード紛失・盗難専用ダイヤルの03-6832-1234に連絡しましょう。

この専用ダイヤルは365日24時間受け付けています。

また、このカード紛失・盗難ダイヤルを忘れてしまった場合や繋がりづらい場合には、イオン銀行コールセンターに連絡してみることもできるでしょう。

イオン銀行コールセンター0120-13-1089で、フリーダイヤルの13の後にイオンバンクとなっていますので、いざという時のためにもこの番号だけでも覚えておくと良いかもしれません。

紛失や盗難にあって最終的に見つかると良いですが、そうならないケースも多くありますから、カードを利用する際は、日頃から注意しておくと良いでしょう。

イオン銀行カードローン自営業の方の借り入れまとめ


イオン銀行カードローンは、安定した収入のある方なら自営業の方も借り入れ可能です。

しかし借り入れ他お金は事業資金には利用できません。

資金使途は原則自由ですが、あくまでも個人で利用するための借り入れであるので、会社の事業資金には利用できないので、注意してください。

また自営業の人が借り入れするには、借入金額に関係なく、収入証明書が必要になりますので、スムーズに審査を進めたい方はあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

イオン銀行の普通預金口座をお持ちの方は最短融資も可能ですので、急いで借り入れしたい方にはおすすめのカードローンです。

イオン銀行カードローン
イオン銀行カードローンのメリット
イオン銀行カードローン公式サイトへ

銀行カードローン審査ガイド > イオン銀行カードローン > イオン銀行カードローンは自営業者でも借りれる?