銀行カードローンの審査

銀行カードローン審査が厳しいとお悩みの方へ!

osusumepoint みずほ 申し込みボタン

銀行カードローンで審査が甘いところは?

photo099s
そもそも銀行カードローンとは?

銀行系カードローンとは、その名前の通り大手メガバンクやネットバンク、中小の地方銀行を含めさまざまな銀行が提供しているローンサービスのこと。

もっと簡単に説明をすれば、無担保でお金の融資を受けることができるサービスです。まとめると、銀行から比較的気軽にお金を借りることができるフリーローンとなります。

銀行から融資を受ける、お金を借りるといえば、住宅ローンなど借りたお金の用途が決まっているサービスの印象が強く、審査も厳しいイメージがありますがこのカードローンに関しては、用途や使いみちは自由で借りやすいのが特徴です。

銀行カードローン審査は消費者金融より厳しい?

実際に利用するときにあなたが一番気になるのは銀行カードローンの審査は甘いのか厳しいのかという点になるでしょう。

いくら金利や返済方法などの条件がよくて使いたいと思っても審査基準が厳しければ利用することはできません。基準がゆるいとか比較的甘いとされる方が魅力的に見えるのは当然のことです。

お金を借りるときの審査基準を比較すると一般的には銀行カードローンの方が、消費者金融系のローンよりも、基準が厳しい、通りにくいといわれています。

しかし現在はその状況が変わりつつあるのです。

年収と借入金額の割合が決められるなどどんどん状況が厳しくなっている消費者金融のカードローンと、多くの銀行が参入し貸し出しに力を入れている銀行のカードローン。金利などサービス内容も、審査基準も柔軟な銀行が出てきているのです。

このページではここから、審査が甘い?銀行カードローンについて詳しく説明していきます。

銀行カードローン審査ランキング!

mizuho01_temp mizuho_button

lake02_temp lake_button

smbc03_temp smbc_button

bk04_temp bk_button

sbi05_temp sbi_button

※ 当サイトおすすめカードローンの借入限度額と収入証明が必要な上限についてまとめます。

銀行名 収入証明書 最高限度額
三井住友銀行 最高800万円
みずほ銀行 最高800万円
三菱東京UFJ銀行 最高500万円
オリックス銀行 最高800万円
住信SBIネット銀行 最高1000万円
じぶん銀行 最高800万円
楽天銀行 最高800万円
新生銀行 最高500万円
セブン銀行 最高50万円
ジャパンネット銀行 最高1000万円

 

銀行カードローンは審査甘いって本当?

銀行カードローンのメリットとは?
photo107s

銀行カードローンには、多くのメリットがあるため1つだけに絞って紹介することが難しいほど。

敢えて1つに絞るのであれば、収入の無い専業主婦や無職の方でも利用できる可能性があるということ。配偶者の方の収入などを判断してくれる場合があるのです。

消費者金融のカードローンやキャッシングでは、貸金業法により「収入のない方への融資はしてはいけない」と決められています。そのため、収入がまったく無い専業主婦や無職の方の場合、申し込み時点で問答無用で除外されます。

銀行カードローンの場合は、条件次第ですが収入の無い専業主婦や無職の方でも審査に通る銀行があるのです。

ただし、やはり収入がないということはマイナスポイントですから、融資の基準は厳しくなります。限度額が低めになったり、借入れの難易度が高くなることは覚えておきましょう。

「配偶者に安定した収入があること」といった一文が審査基準にはっきりと書かれている場合もあります。この場合専業主婦の方でも審査に申し込むことができます。

こういったことを考えれば銀行カードローン審査の基準って意外と甘いんじゃないの?と思いますよね。少なくとも甘い場合もあると言っても差し支えないでしょう。

銀行カードローンのデメリットは?

銀行のデメリットは、やはりお金を借りる人の属性や状況によっては基準が厳しくなりがちな点です。

収入が安定しないと判断されることがあるフリーターの方などがカードローンを利用したいとなった場合、確実に審査が通るとは限らず、消費者金融と比較すると相対的に基準が厳しくなります。銀行と消費者金融を比較した場合、やはり消費者金融は長年の専門的な経験から適切な審査ができるのです。

そういったことから審査が甘いのは、消費者金融系ローンというイメージが強いのは確かなこと。これも現在ではメガバンクが大手消費者金融を傘下に入れてそのノウハウを手に入れるなどカードローンの専門性を高めているので流動的になりつつあります。

例えば、先のメリットの面でも挙げましたが、収入がなくとも融資ができるというお話。銀行の側からいえば、リスクを背負うことになるため、出来る限り将来の問題を小さくしたいわけですね。

結果、これまでの返済履歴や金融事故情報、クレジットの利用状況などをきちんと細かく調べる必要があるため審査基準が厳しいことが多かったのです。

しかし、消費者金融のノウハウを手に入れた銀行カードローンの場合そのリスクをおさえてできるだけ貸し出しを増やすことも可能になってきています。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC25H2T_W7A820C1EA3000/ 2017年8月には銀行カードローン利用者、消費者金融の3.5倍という記事になるほど利用者が増えているのです。

銀行カードローン審査は通りにくというのは過去の話になりつつあるのかもしれません。ただし上の記事にもあるようにこれから先問題になって審査が厳しくなるということは考えられるのですが…

現状では、他社からの借り入れがたくさんある多重債務者であるとか、自己破産をしたことがあるとか、個人信用情報をチェックしてブラックリストに載っている、金融事故歴があるといった特殊な状況でなければ充分審査に通ります。

収入が低い人は、まずは借り入れ希望額を低くしてみてください。他社に借り入れもなく、毎月勤め先から安定した収入があるという人なら年収が低くても一定額までは借りることはできます。

銀行カードローン審査のポイントは?

それぞれの銀行は審査基準や内容をすべて公表しているわけではありません、「安定した収入があること」などの大まかな基準しか公開していない場合がほとんどです。

そのため審査に落ちた理由や原因を知りたいと思っても大事なポイントは推測とこれまでの経験に頼ることになります。さまざまな項目について基準と照らし合わせた結果を考えるしかないともいえますが信用情報機関に情報を請求すれば大体の理由は見えてきます。

多重債務者であるとか、ブラックリストに載っているといった項目があれば審査基準に通るのはかなり厳しいのは当然ですが、たとえば転職を考えて退職してしまったとか、パートやアルバイトの場合は安定収入とみてもらえるのかといった判断に困る場合もあります。

まずは借り入れの手順をきちんと守って、仮審査の申し込みをして自分が通るのかどうかを判断をしてみましょう。

カードローン審査が不安なときはどうすればいい?

イメージ画像

これまでに借金の返済遅れや滞納があったり、事故情報でブラックリストに載っている恐れがあるなど自分自身でもカードローン審査が通るか心配な方は、まずCICやJICCといった信用情報機関で信用情報を調べてみることをおすすめします。

個人信用情報とはキャッシングやクレジットカードなどからどれくらい借りているか、どこと契約しているかといったことから、さまざまなクレジットの毎月の返済や延滞の状況、そして多重債務や債務整理をしたことがあるといったことまで記録されたお金に関する個人情報のことです。

いわゆるブラックリストに載っているかどうかといった情報だけではなく、どの金融機関からいくらお金を借りて、どのように返済しているのかまでわかります。お金を借りるときの信用というのはこれらの情報を指すのです。金融機関もこの信用情報を利用してあなたが審査基準を満たしているかどうかを判断します。

ですから審査に通らないとか通りにくいことが気になる方はまず、自分自身の信用がどのような状況にあるのかを確認しておくのも大事。ブラックリストに登録されている場合は銀行カードローン審査に通ることはほぼありません。

銀行系カードローンは消費者金融系に比べて、審査に通りにくいとは言われていますが、実際にこれらの信用情報調査をすることで必要以上に怖がる必要はなくなります。安定した収入があって、これまでに大きな事故情報が無ければ審査は甘いものなのです。

それでは、ボーダーライン上にいるとして実際のところ審査が甘いといわれている銀行カードローンはなにが違うのでしょうか?

これは適用される基準がそれぞれの金融機関によって違うということが大きいといえます。年収が少し足りていないとか、他からの借入れが数万円多いといったことで審査に落ちた場合にもあなたは金融機関から何が悪かったのかその理由は教えてもらえません。

多くのカードローンのページでは簡単シュミレーションなどを用意していて、そこに必要事項を記入すれば大まかにですが、借りられるかどうかがすぐにわかります。ですから、不安な方は仮審査やかんたんシュミレーションを行って申し込みできるかどうかを確認しましょう。

カードローン審査早い銀行は?

みずほ銀行が最短審査可能!
af9940043005s

みずほ銀行カードローンも、審査結果は申し込み後、すぐに出ます。

インターネットからでしたら、夜遅くても申し込みができますので、前日のうちに申し込んでおけば、翌日の早いうちに審査結果が分かり、カードが手元に郵送されてくるまで、時間を短縮できます。

給料日前や土日になると、申込者が多くなるので、月の真ん中あたりの平日が絶好の申し込みタイミングですよ!

みずほ銀行カードローンの金利は、2.0%~14.0%と、かなり低めに設定されていますので、審査が甘いか厳しいかと言えば、厳しいほうなのかも知れませんが、収入も多く、他に借り入れも少ない方なら、そこまで審査が厳しいと感じることはないと思います。

最短で融資が可能なバンククイック
af9980019581s

数年前までは、お金を借りるとなると申し込みから結果が出るまで、かなりの時間がかかるものでした。

しかし、最近はこの審査時間が一気に短縮され始めて、中には、申し込んだ当日に審査結果が出る上に、借り入れまでできるカードローンが登場しています。場合によっては30分で回答がもらえることも!

最短で即日融資も可能な代表的なカードローンが、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」です。

スマホやパソコンで借り入れ申し込みをすれば、最短30分で審査結果が出ます。

通常の申し込みから借り入れまでの流れでは、審査結果が出たあと、郵送でカードが送られてきますが、当日の借り入れを希望する場合は、最寄りの三菱東京UFJ銀行の支店に行って、ATM横に設置されている「テレビ窓口」で契約手続きをすれば、その場でカードが発行されて借り入れ可能になります。

しかもこのテレビ窓口、ATMの営業時間に合わせて利用できるんです。

店舗によって営業時間は変わりますが、基本的に、平日は朝9時から夜の8時まで、土日、祝日は朝9時から夜6時まで空いているので、忙しい方でも急ぎの出費に対応できます!

ここで、気になるのが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、審査が甘いか?という問題ですよね。

審査が厳しいとか通りにくいと言われているメガバンク系のカードローンですが、実際のところを見てみるとバンクイックは審査が早いと口コミでも評判になっています。

銀行カードローン即日審査対応状況の表

銀行名 即日審査
三井住友銀行 最短審査・24時間申込み
みずほ銀行 最短審査・24時間申込み
三菱東京UFJ銀行 最短審査・24時間申込み
オリックス銀行 最短審査・24時間申込み
住信SBIネット銀行 最短審査・24時間申込み
じぶん銀行 最短審査・24時間申込み
新生銀行 最短審査・24時間申込み
ジャパンネット銀行 最短審査・24時間申込み

 

銀行カードローンは審査の甘さで選べばいい?

photo140s  

カードローン選びの際には基準が甘いのか、審査に通りやすいかどうか…という点が気になるのはよくわかります。

しかし、大事なのは審査に通ることだけではなく、ATMを使った返済のしやすさや、何よりも重要な金利のことを考えて銀行を選んでください。

お金を借りたはいいけれど、返済ができなくなる・キツくなるその一番の理由はズバリ「金利」です。借りるときは金利も大事な目安です。

銀行カードローンは金利比較も大事

カードローンの借入金利の差というものは、競争の激しい現代ですから有名なところを比較してみると、数字だけを見れば、正直なところ大きな差はありません。

しかし、銀行の選び方としては、絶対に金利は重要視すべき項目。

例えば、金利の0.1%の違いであっても、カードローンとして融資を受ける額が大きければ大きいほど、返済総額に大きな差が出ます。

住宅ローンを選ぶときも、やはり金利は大きな選択基準となりますよね。用途や目的が自由なカードローンでもこれと同じことなのです。

また、融資上限額が1,000万円近くを最高額に設定している銀行も実際のところ存在します。ここまで大きな額であれば、なおさら金利を重要視すべきことは、ご理解いただけるかと思います。

金利が安いと審査は厳しい?

さて、金利と審査の関係性も、ここで少し触れておきたいと思います。

ネットの口コミなどでも金利の高い消費者金融は審査が甘い、逆に金利の安いカードローンは審査厳しいという言葉を見かけます。

やはり金利が低ければ低いほど、貸し手にとっては利益が小さくなってしまいます。

そして、いろいろな情報が手に入りランキング比較サイトなどで有利なローンがすぐにわかる現在、より一層、利用者は金利に敏感に反応をし、少しでもお得なサービスを選びます。

要は、金利が高いとサービス利用をしてくれないということ。となると、低金利で多くの方に利用してもらい、回収する方法が基本に。

利用者は低金利で審査の甘い所を望んでいるのです。

金融機関の間の競争が激しくなっている現在、当サイトのランキングで上位に入るような金利が安いのにサービスもいいという銀行カードローンも実際に出てくるようになりました。

貸し手としては薄利多売の状況となっているため、絶対に取りこぼしはしたくないという本音があります。結果、取りこぼしをしない(貸し倒れしない)ような信用ある利用者にしかサービス提供をしたくなくなるわけです。

こうなってしまえば、当然、審査は慎重に行われ、利用者から見れば基準が厳しくなるということもあるのです。

こういったことから、銀行カードローンは審査が厳しく、消費者金融は審査が甘いと言われるんですね。

しかし、金融会社は、お客様に借りてもらわないと意味がありません。金利が安くても、だれでもかれでも審査に落としてしまったら利用者は、いなくなってしまいます。

金利が安い=審査厳しいではなく、金利が安い=審査が慎重と言うほうが、間違いがないような気がします。

審査に通るために大事なことは、信用です。時間に余裕があればCICなどの信用情報機関にあなた自身の信用情報を請求してみることをおすすめします。

銀行カードローンと銀行系カードローンの違いは?

035b3517
銀行カードローンのメリットとは?

どうしてもお金が必要な状況になって金融機関から借りなければいけなくなったとき、あなたはどこからお金を借りようと思いますか?

借りるお金の金額にもよりますが、多くの人が銀行や消費者金融に新規で融資の申し込みをしたり、クレジットカードのキャッシングを選んだりすることでしょう。

クレジットカードやローン会社、消費者金融といった会社は、以前は高金利で融資をしていましたが、今は法律で定められた範囲内の金利で融資をしています。

どの会社も、新規で取引を開始した場合、利率は実質年率で18%程度からスタートとなるので、10万円借りて1年で返す場合、毎月の返済は9,100円程度となり、支払う利息の総額は約1万円になります。

これぐらいの利息でしたら、安いとまでは言えませんが、業界の平均水準額なので高いとは思いませんよね?

でも、借りる額が多くなれば、当然、利息もかさんできますし、支払い期間が長くなれば利息の総支払額もかなりの額になります。

であれば、新規の借入の時点から利息が安いカードローンを選びたいものです!

そんな都合の良いローンなんてあるのかと疑問に感じる方も多いと思いますが、本当にあるんです。

最大のメリットは金利が安いこと!

銀行カードローンとは、その名のとおり、銀行がサービス提供しているローンです。たとえば、「みずほ銀行カードローン」がこれに当たります。

ここで注意したいのが、銀行系キャッシングサービスである「キャッシュワン」や、三井住友銀行が今でも提供している「モビット」は、消費者金融であるということです。

したがってその利率は、アコムやプロミスといった有名な消費者金融とほとんど変わりません。

これに対して銀行カードローンは、金利が年率3~17%となっていて、みずほ銀行などは最初の取引から14.0%の金利で融資してくれます。

仮に、年利10%で10万円借りて1年で返済したとすると、支払利息の総額は約5,500円となります。

少額の借り入れでしたら、支払利息の差は数千円ですが、高額の借り入れになれば万単位で違ってきますし、たいていの方は1年以上かけて返済しますから、クレジットカードや消費者金融を利用した時との利息の差は、かなり大きくなります。

審査が不安だからと消費者金融を選ばずに、低金利のカードローンを利用すると、お得に借り入れすることができますよ。

銀行カードローン審査のまとめ

af9940042961s
安心感もバツグン!

クレジットカードのキャッシングならまだしも、いくら審査が甘いといっても消費者金融からお金を借りるのは気が引けますよね。

昔と違って、消費者金融のイメージは良くなりましたが、返済が遅れたら厳しい督促が来るんじゃないかとか、在籍確認で夫や家族にバレたらどうしようかとか、心配のネタはつきません。

でも、銀行カードローンだったら、こうした不安は払拭できます。

特に気になるのが、カードそのものの存在です。

返済時に消費者金融のATMなどに入るのは恥ずかしいですし、コンビニで返済したとしても、財布からカードを出すときは、他のお客さんに見られないように気を遣うのが嫌ですよね?

普通預金口座のキャッシュカードで借り入れができたり、キャッシュカードと同じようなデザインのカードが発行されたりするので、財布に入れていても安心です。

最近は、銀行カードローンも比較的審査が甘いといわれるところもありますから安心して申し込んでみてください。

年収が多ければ、融資可能額もアップ!

お金を借りる事情は人それぞれだと思いますが、中には、急な出費でまとまったお金が必要な方もいるでしょう。

ご存知の方も多いかもしれませんが、消費者金融の場合総量規制によってお金を借りられる額というのは年収の3分の1までと決められています。ですから年収が多ければ多い人ほど借りられるお金の額が大きくなります。

しかし、クレジットカードや消費者金融などでは、どんなに年収が高くて他社からの借入がない状態であっても、初めての融資の時は借入限度額が抑えられてしまうのが実状なんです。

これに対して銀行カードローンは、勤続年数がその会社の基準を満たしていて、年収を源泉徴収票や市町村の収入証明書などで証明できれば、最初の申し込みの時点からまとまった金額の借入れができる可能性があります。

しかも、最近は審査のスピードも即日も期待できるほど早くなってきているので、急いでいる方のニーズにも対応してくれます。

銀行カードローンは審査が通りにくいという印象があります。ですが口コミを見てみると実際には安定した収入があって、他社に借り入れがない人の場合は審査が甘いといっても良いほどなのです。

銀行側からすれば、属性が良くて今後の取引も期待できる方は優良顧客として手放したくは無いのです。ですから安心して申し込んでください、きっとあなたが思ったような結果が出るはずです。

借入れ以外にも役立つ銀行カードローン

現在、複数の金融機関からの借入れがある場合は、銀行カードローンに多めの額の融資を申し込んで、借り入れを1本化する「借り換え」や「おまとめローン」を検討してみることをおすすめします。

借り換えやおまとめによって毎月の返済の手間が少なくなるのはもちろんのこと、金利が安いものに借りかえることで利息をグッと圧縮できるので、かなりお得になります!

ちなみに、他社からの借り換えをする場合、100万円を借り換え目的に、50万円を他の目的に借りるといったこともできます。

現時点で金融会社から借り入れを考えている人はもちろんのこと、この先の急な出費に備えて、「転ばぬ先の杖」を準備しておきたい方にも、このサイトのランキングで紹介しているカードローンは審査も甘いと言われているのでオススメですよ!

普通預金口座にローン機能がつけられるみずほ銀行

af9920055968s

カードローン審査に通ると、専用カードが発行されるのが一般的ですが、たいていの方の財布の中には、すでにクレジットカードやコンビニや量販店などのポイントカードがたくさん入っていると思います。

そこに、また新たなカードを入れるのはジャマにもなりますし、何よりも、同じ柄のキャッシュカードを持っていたら、返済管理が面倒にもなります。

そんな利用者のニーズに応えて、みずほ銀行カードローンでは、通常のローンカードの発行以外にも、普通預金口座のキャッシュカードにローン機能を付けるサービスも提供しています。

このタイプを選べば、銀行口座を中心に借り入れ、返済管理ができますし、毎月の返済を口座引き落としにすることもできるので、返済日を忘れて信用を落としてしまう、なんてことも防げます。

申し込みの時点で、みずほ銀行の口座を持っていれば、このタイプのローンカードを申し込めますし、口座を持っていなくても、あとから普通預金口座を作って変更することも可能です。

あらかじめ、口座を持っていて、給料などの振り込みにも利用していると、信用も得られるので審査も甘くなるかも知れませんね。

ネット中心で選ぶならオリックス銀行カードローン

b22s

オリックス銀行は、ネット銀行なのでみずほや三菱東京UFJ銀行のように実店舗がありません。

そのため、ネットを使った取引機能が充実しています。

たとえば、借り入れを申し込みする場合、スマホやパソコンでオリックス銀行のサイトにアクセスして手続きをすれば、営業時間内という条件で、最短なら即日融資が可能になります。

融資の手続きや返済管理などは、パソコンだけでなく、携帯やスマートフォンからもできますし、コンビニエンスストアや三井住友銀行のATMなども利用できるので、ネットとATMを合わせて活用できるのがうれしいポイントです。

オリックス銀行カードローン審査は甘いとよく聞きますが、その辺の実態はどうなのでしょうか?

オリックスの金利は年3.0%~17.8%と最高金利を見たら高いと思いますよね。

大手消費者金融系の最高金利をみてみると平均18.0%ですので0.2%しか、変わらないのです。

銀行系カードローンにしては少々金利が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし最低金利を見たら、3.0%と、低金利になっています。

オリックス銀行カードローンは、比較的高額の借り入れを希望するかたに、おすすめできます。また小額の借り入れの方は少々金利が高いですが審査基準は甘いと言えるのでその点でもおすすめできます。

またオリックス銀行カードローンは、おまとめローンのも力をいれていますので、複数の消費者金融系の借入れを一つにまとめたい方には、比較的審査も甘いため、おまとめローンとしてのの利用が期待出来るのではないでしょうか。

みずほ 申し込みボタン

おすすめ記事