ジャパンネット銀行の返済方式とは?

ジャパンネット銀行残高スライド元利定額返済方式とは?!

パソコン2

 

基礎知識!残高スライド元利定額返済方式とは?

 

今まで説明してきたように、ジャパンネット銀行カードローンは残高スライド元利定額返済方式(A)と(B)の2種類のプランがあり、前項目の表をご覧いただければ分ると思いますが、借入残高に応じて約定返済額がコースごとに決まっています。

 

毎回の支払金額が一定の返済方法をリボルビング方式と言います。

 

いわゆる「リボ払い」です。

 

ですから、ジャパンネット銀行の約定返済方法はである「残高スライド元利定額返済方式」は「残高スライド元利定額リボルビング方式」とも呼ばれているのです。

 

 

残高スライド元利定額返済方式について、もう少し詳しく理解しよう!

 

残高スライド元利定額返済方式は、残高スライド元利定額リボルビング方式とも呼ばれていて、リボルビング返済方式の一種であると説明しましたね。

 

それ以外にも、ナニやら複雑な言葉がチラホラと‥

 

でも、それぞれの単語を分解して理解すれば難しいことはありません。

 

新しく理解する言葉は「スライド」「元利」「定額」の3つです。

 

 

3つのキーワードを理解しよう!

 

スライドとは、段階が移動すると考えれば良いでしょう。

 

ですから、「残高スライド」とは「借入残高に応じて返済金額のランクが移動する」ということです。

 

「元利」は、元金と利息を合計した支払額が毎回の一定支払額に納まるということです。

 

言い換えれば、毎回の返済額の中から利息分を差し引いた残金が元金の返済に充てられるという返済方法です。

 

「定額」とは、毎回の返済額が指定される返済方法です。

 

これらを総合的に組み合わせると、残高スライド元利定額返済方式とは「借入れ残高に応じて段階的に返済金額が設定されている返済方法」ということです。

 

どうですか?少しはスッキリしていただけましたか?

ジャパンネット銀行残高スライド元利定額返済方式(A)とは

前の項目で、ジャパンネット銀行カードローンの約定返済額について簡単にふれましたが、ここではもう少し詳しく説明したいと思います。

 

以前にも説明しましたように、約定返済額の決定は返済日前日の借入残高によって段階的に決定します。

 

 

残高スライド元利定額返済方式(A)の約定返済額とは?!

 

この返済方式は、毎回の返済金額を低めに設定しているので、返済期間は長くなりますがゆとりを持って返済できる方法です。

 

約定返済日前日の最終借入残高 約定返済額(元本+利息合計)
10万円以下 3,000円
10万円超30万円以下 6,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超80万円以下 15,000円
80万円超100万円以下  20,000円
100万円超150万円以下 25,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超250万円以下 35,000円
250万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 45,000円
400万円超500万円以下 50,000円
500万円超600万円以下 55,000円
600万円超700万円以下  60,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超1,000万円以下 80,000円 

 

 

 

安心の返済金額設定!でも利息が‥

 

10万円以下で約定返済額が3,000円、30万円以下でも6,000円なので、ちょっとした生活費などの補填にも気軽に利用できますね。

 

しかし、1回の返済額が少ないと返済期間が長くなることを忘れてはいけません。

 

30万円を月額6,000円で返済すると、元本だけでも50ヵ月かかってしまいます。

 

年数に直すと、4年2ヵ月!!金利が大変ですよ!

ジャパンネット銀行残高スライド元利定額返済方式(B)とは

ここからは、前回に引き続き、ジャパンネット銀行カードローンの約定返済方式について解説します。

 

 

残高スライド元利定額返済方式(B)

 

この返済方法は、毎回の返済額が多めに設定されているので毎回の返済はシンドイですが、短期間で返済できるため利息も節約できます。

 

約定返済日前日の最終借入残高 約定返済額(元本+利息合計)
50万円以下 10,000円
50万円超100万円 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 50,000円
300万円超400万円以下 60,000円
400万円超500万円以下 70,000円
500万円超600万円以下 80,000円
600万円超700万円以下 90,000円
700万円超800万円以下 100,000円
800万円超900万円以下 110,000円
900万円超1,000万円以下 120,000円

 

残高スライド元利定額返済方式(A)が16段階のコース分けだったのに対して返済方式(B)では11段階に減っています。

 

約定返済額も200万円以下までは同額でしたが、それ以上になると返済方式(B)の方が高い設定になっています。

 

 

ちょっとキツくても、早めに返せば安心

 

ジャパンネット銀行カードローンの「残高スライド元利定額返済方式(B)」は50万円以下のコースでは、毎回1万円の約定返済額になります。

 

返済方式(A)プランに比べると金額が大きいのでキツイと思うかもしれませんが、その分圧倒的に短期間で完済できますから支払う利息が少なくて済みます。

 

例えば、30万円を借りて返済方式(A)で返済すると元本だけで50ヵ月(4年2ヵ月)もかかってしまいますが、返済方式(B)プランなら30回(2年半)で完済できます。

 

当然、返済方式(B)プランの方が利息も少なくて済みますよ!

ジャパンネット銀行カードローンとは?

ランキング0001

矢印
申し込み
本人確認書類があれば今すぐ申し込みできます。