ジャパンネット銀行カードローンは派遣社員でも借りれる?

ジャパンネット銀行カードローンの申し込み条件とは?

派遣社員

ジャパンネット銀行カードローンに申し込める人は、安置した収入がある成人であれば職業や雇用形態に規定はありません。

 

それ以外に必要な条件は、ジャパンネット銀行に普通預金口座があることですが、口座を持っていなくてもカードローンの申し込みと同時に口座開設の申し込みができますから、問題になる事はありません。

 

ですから、派遣社員の人でもジャパンネット銀行に申し込むことは可能です。

 

 

 

派遣社員の属性

派遣社員でもジャパンネット銀行のカードローンに申し込むことができると申し上げましたが、前途は多難だと思います。

 

その理由のひとつに「属性の低さ」があります。

 

属性とは、その人の勤務環境や生活環境など評価する審査項目です。

 

勤務関係では、業種、勤務先、雇用形態、年収、勤続年数などの項目がありますが、派遣社員で問題になるのは

 

「雇用形態」です。

 

雇用形態の評価は

 

「クビになりにくいこと」

 

が重要視されますので、公務員や正社員であることが最強です。

 

審査する保証会社によっては、正社員以外は非正規雇用に分類され、契約社員・派遣社員はパートやアルバイトと同じ

 

「フリーター」と呼ばれることもあります。

 

 

 

なぜ派遣社員は属性が低いのか?

先ほども申し上げたように、離職しやすい雇用環境だからです。

 

同じフリーターでも、基本的に契約社員は契約期間を満了するまでは雇用の継続が約束されていますが、派遣社員は派遣先から

 

「お疲れさんでした」

 

と言われれば、翌日からは無職になってしまいます。

 

ですから、カードロー会社側から見ると

 

「安定した収入」

 

とは言い難いのが本音なのです。

 

 

 

派遣社員でも属性を上げる方法はないの?

雇用形態以外の部分で頑張れば評価をあげることができると思いますが、時間がかかるかもしれません。

 

まず、手っ取り早いのは「年収をあげること」です。

 

正社員の副業を禁止している企業は多いですが、派遣社員にはそのような制約はありません。

 

もともと派遣社員はアルバイトと同レベルの雇用形態ですから、アルバイトを掛け持ちする感覚で副業もこなせると思います。

 

又、派遣社員と言えども、同じ派遣先に長く勤められれば「勤続年数」の評価がもらえると思います。

 

正社員でも3年以上の継続勤務が望ましいのですから、派遣社員も最低3年の継続勤務が必須条件と言えるでしょう。

 

 

 

派遣社員が不利な点は雇用形態だけ

このように、カードローン審査において派遣社員は圧倒的に不利な属性です。

 

しかし、逆に考えると派遣社員が不利なポイントはそこだけなので、他の属性が良ければ審査が可決する確率はグンとあがるはずです。

 

 

生活環境の属性

こちらの評価は、定住性(引っ越しにくいこと)が審査されます。

 

まず、住居に関しては居住形態や年数を調べられます。

 

居住形態とは持ち家か借家(賃貸住宅)かということで、当然、持ち家の方が引っ越す確率が少ないことや万が一返済不能になっても夜逃げをしないだろうという裏付けで評価されるということです。

 

カードローンの借入金額は、たかだか数十万から数百万円程度ですから、返せなくなったとしても不動産を捨ててまで逃げる人はいませんよね。

 

居住年数は、長ければ引っ越す可能性は少ないと判断されますから、長いほど良いです。

 

 

 

返済負担率(返済負担額)

年収に対しての返済総額です。

 

一般的に、健全な借入れは年収の1/3以内までと言われています。

 

派遣社員は収入面が不安視されますから、ここをガッチリ固めておけば不安材料は減るはずです。

 

ショッピングのリボ払いや分割払い、スマートフォン本体の割賦払いだけでなく、住宅ローンやマイカーローンなどの担保ローンまで、全ての支払いを合計して年収から差し引いた残高が、融資可能額となります。

 

ジャパンネット銀行は、健全な借入れという観点からは「年収の1/3」は重要なポイントなのです。

 

従って、カードローンを申し込む際の希望借入額は、「年収の1/3を」基準に申請しないと思わぬところで否決されてしまいますよ。

 

 

 

家族構成

一般常識的には、30歳を過ぎて実家暮らしの独身男性よりは、30歳で結婚して子供がいる人の方が人として高評価ですが、カードローン審査ではそうとばかりは言えません。

 

■家族が多いと生活費がかかります。

 

■子供がいると養育費や教育費がかかります。

 

このように、妻帯者は自分以外の家族に対して使うお金が多いということが考えられます。

 

一方で、未婚の男性は

 

「独身貴族」

 

という言葉があるように、稼いだお金は全部自分で使うことができます。

 

しかも実家暮らしなら、生活費も抑えることができる(下手をすればスネかじりもいるかも?)上に、返済不能になっても親が払ってくれることが期待できます。

 

つまり、「独身、実家暮らし」

 

はカードローン業界では、貴族以上の「独身キング」なのです。

 

 

 

派遣社員でも審査を通過するためには

ここまでの話をまとめますと、派遣社員は属性の低さを認識して事前の対策を講じることが大切ということになります。

 

特に気を付けることは「返済負担率」ですから、カードローンを申し込む前にはリボ払いは完済しておくこと、分割払いを終わってからカードローンに申し込むことなど、できることは全て行いましょう。

 

又、希望限度額を最低額に設定して申し込めば、返済負担額に余裕ができて審査が通りやすくなりますよ。

 

それから、実家暮らしで独身ですね!!

ジャパンネット銀行カードローンとは?

ランキング0001

矢印
申し込み
本人確認書類があれば今すぐ申し込みできます。