ジャパンネット銀行カードローンの限度額とは?

最大利用限度額1000万円の実力とは?

若い女性

ジャパンネット銀行カードローンの限度額は最大で1000万円です。

 

この金額は、銀行カードローンの中では「上から2番目」の大きな金額です。

 

ちなみに銀行カードローンの中で利用限度額が一番高額なのは

 

「住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース)」です。

 

しかし、住信SBIネット銀行のカードローンにはカラクリがあるので、利用者の意志でプレミアムコースに申し込むことはできません。

 

限度額が1200万円のカードローンは他にありませんので、

 

第2位・・と言うよりは、自分の意志で申し込める銀行カードローンの最高は限度額1000万円というのが実情です。

 

 

 

限度額1200万円の種明かし

ここで、本筋からは逸れますが、MR.カードローンが自分の意志で限度額1200万円のプレミアムコースに申し込めないかという事を簡単に説明しておきます。

 

MR.カードローンには、限度額300万円のスタンダードコースと限度額1200万円のプレミアムコースがありますが、申し込みの時点でどちらのコースを選ぶかという選択はできません。

 

利用者はMR.カードローンに申し込んで審査を受け、その結果が優れた人だけがプレミアムコースにご招待されるのです。

 

従って、同ローンは最高額1200万円をうたっていますが、利用者が自分で選べるカードローンではないのです。

 

ですから、実質的には限度額1000万円が利用者が申し込めるカードローンの最高額と言えるのです。

 

 

 

利用限度額1000万円のカードローンはどこ?

最大利用限度額が1000万円と高額なカードローンは、ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」の他に、みずほ銀行カードローン、東京スター銀行カードローンの3社と地方銀行でチラホラと数える程度しかありません。

 

ちなみに、ワンランク下の限度額は800万円で、三井住友銀行カードローン、りそなプレミアムカードローン、ソニー銀行のカードローン、楽天銀行スーパーローン、じぶん銀行じぶんローン、イオン銀行カードローンBIG、オリックス銀行カードローンがあります。

 

 

 

銀行カードローンの限度額の少額レベルは?

利用限度額500万円が少額レベルです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、新生銀行カードローン「レイク」がこのランクです。

 

更にその下には、住信SBIネット銀行MR/カードローン(スタンダードコース)が限度額300万円、りそなクイックカードローンが200万円、セブン銀行カードローンは50万円と続いています。

 

これで、ジャパンネット銀行の最大利用限度額1000万円のスゴさが御理解いただけたのではないかと思います。

 

 

 

最大利用限度額まで借りられるの?

ここまで、ジャパンネット銀行をはじめとした銀行カードローンの利用限度額について比較してきましたが、

 

「最大利用限度額=あなたが借りられる最高金額」ではありません。

 

ジャパンネット銀行カードローンについて書き込まれた口コミサイトを見ていると、たまに

 

「限度額1000万円と書いてあるけど、実際に借りることができたのは数十万円だった」

 

という内容を観ることがあります。

 

このような書き込みをする人は勉強不足です。

 

カードローンの審査は、

 

「この人にはいくらまで貸しても返してくれそうか?」

 

ということを評価していく作業なので、カードローンに申し込んだ全ての人が1000万円借りられるわけがありません。

 

 

 

限度額いっぱいまで借りられる人とは?

カードローン審査で重要視されるのは「安定継続した収入があるか」ということです。

 

医者・弁護士・公務員など、失業する可能性が少ない職業の人が高評価を得ることができます。

 

又、勤続年数が長いほど、安定継続していると判断されるので有利になります。

 

更に年収も大きな要因です。

 

基本的に健全な借り入れと判断される基本ラインは「年収の1/3以内」というのが常識です。

 

ですから、1000万円を借りることができる人は、年収が3000万円以上あることが最低条件となります。

 

 

 

希望限度額と可決額

最大利用限度額についての誤解が解けたところで、現実的な話をしましょう。

 

カードローンを申し込む際には、いくら借りたいかという金額を申請することがありますね。

 

利用者の希望通りの利用限度額をもらえれば良いのですが、審査で可決された限度額が低い場合があります。

 

これは、どういうことかと言いますと?

 

残念ながら「アナタの信用が希望額に満たなかった」ということなのです。

 

 

 

限度額を下げられるのはどんな場合?

それでは、どんな要因が希望限度額に影響するかを考えてみましょう。

 

銀行カードローンの利用限度額に大きく影響を与えるのは「年間返済額」です。

 

これは、カードローンだけでなく、クレジットカードの分割払いやリボ払い、スマホ本体の割賦払いなど、全ての返済が含まれます。

 

又、奨学金の返済や教育ローン、更に担保が設定されている住宅ローンやマイカーローンまでもが合わせて計算されます。

 

それらの総額にプラスして、新規の借り入れが年収の1/3を超えない範囲で利用限度額を設定するのが一般的なようです。

 

中には、「年間返済額が50%を超えている場合、利用限度額は20万円以下にする」という地方銀行もありました。

 

これらの要因でカードローンの限度額が可決されるので、申し込む際には事前に自己分析して希望限度額を決めることが大切です。

ジャパンネット銀行カードローンとは?

ランキング0001

矢印
申し込み
本人確認書類があれば今すぐ申し込みできます。