ジャパンネット銀行の申し込みや審査とは?

ジャパンネット銀行カードローンの審査・融資・返済とは?

0024

 

ジャパンネット銀行について

ジャパンネット銀行は日本で最初に誕生したネット銀行です。

 

十数年前からヤフオクを利用している人にとっては馴染みが深い銀行ですが、インターネットに疎い人は名前すら聞いたことが無い人も多いと思います。

 

又、ネット決済だけに利用している人は、ジャパンネット銀行にカードローンがある事すら知らない人もいるかもしれません。

 

実は、私自身、ジャパンネット銀行に口座があるにも関わらず、カードローンを扱っていることは知りませんでした(汗)

 

そんな人たちに向けて、ここではジャパンネット銀行カードローンの審査から借り入れ、返済までの流れを解説したいと思います。

 

 

ジャパンネット銀行カードローン専業主夫はNG!?

ジャパンネット銀行カードローンは「ネットキャッシング」という商品名です。

 

カードローン審査に申し込める資格は以下のようになっています。

 

@申し込み時の年齢が満20歳以上70歳未満の人
A安定した収入がある人(専業主婦は配偶者に安定した収入があればOK)
 ※ただし専業主夫(男性)は不可、女性のみOKです。
B学生でも可

 

 

カードローンのスペック

最大借入限度額は1,000万円と高額です。

 

金利は年2.5%〜18.0%となっており、銀行カードローンの中では上限金利がちょっと高めな設定です。

 

しかし、初回借入から30日間は利息が0円になる「無利息特約」があるので、30日以内に完済できる借入れならば利息がいくらであっても関係ありませんね!

 

審査時間は当日回答可能、ジャパンネット銀行に口座があれば最短60分の即日融資も可能です。

 

審査のスピードは速いのですが口座の開設をしてからキャッシュカードが手元に届くまでに時間がかかるので、まだ口座が無い人は「転ばぬ先の杖」として事前に口座を開設しておくことをオススメします。

 

口座を開設してキャッシュカードを入手しておけば、最短60分で借り入れができますからね。

 

 

口座があれば手続きはカンタン!

ジャパンネット銀行カードローンは、同行に口座がある人はジャパンネット銀行の「ネットキャッシングお申込み」のページへアクセスしてササッと入力すればOKです。

 

あっという間にカードローン審査に申し込むことができ、審査が14:00までに完了すれば当日中にジャパンネット銀行の口座あてに振り込んでもらえます。

 

 

申し込みから審査・融資まで

口座を持っていない人は以下の手順を辿ることになります。

 

1.申し込み
パソコンやスマホからジャパンネット銀行のカードローンページへアクセスして、必要事項を入力します。

 

2.本人確認資料の提出
オンラインか郵送による提出になります。

 

使用できる資料は「運転免許証」「健康保険証」のみとなります。

 

オンラインでの提出はスマートフォンのみでパソコンは使えません。

手順は以下の通りになります。
@スマートフォンで「書類送信アプリ」をダウンロードします。

 

Aスマートフォンで本人確認資料を撮影します。

 

Bスマートフォンで撮影した画像を確認して送信します。

 

 

3.審査結果をメール連絡
 審査結果メールが送信されてくる時間の目安は以下のようになっています。

 

【申し込み時間】 【メールの到着予定時間】

月曜〜金曜日の14:00まで    
月曜〜金曜日の14:00以降・土日祝日

当日の10:00〜17:00
翌日10:00以降(翌日が土日祝日を除く)

 

 

4.初期設定
ジャパンネット銀行での手続きが完了すると、メールで連絡が送られてきます。

 

キャッシュカードとトークンが郵送されて来たら、初期設定を行います。

 

 

5.借入れ
初回借入に限り、最短翌営業日に他行へ振込融資をしてくれます。

 

 

6.返済
毎月の返済は、自分で設定した日にちに口座から引き落とされます。
又、ネットバンキングから「一部返済」「全額返済」を選んで追加返済も可能です。

 

 

ジャパンネット銀行カードローンの審査基準は?

ジャパンネット銀行だけでなく、全てのカードローンにおいて審査基準は公表されていません。

 

ですから、ここでは常識的に考えて審査に有利な条件をあげておきましょう。

@流行に左右されない職業→ 医者・弁護士・会計士・公務員など
A潰れにくい勤務先→ 大企業・公務員など
Bクビになりにくい雇用形態→ 正社員
C勤続委年数→ 長いほど有利、最低でも3年以上
D年収→ 多いほど良い、最低でも150万円以上
E居住形態と年数→ 賃貸住宅よりは持ち家で長く住んでいるほど良い
F固定電話がある(最近ではスマホの普及で固定電話が重視されない場合が多い) 

※安定継続した収入があることが最重視されるようです。

 

居住関係の情報は、夜逃げをしない確率が大きいほど高評価につながるので「定住性」を重視しています。

 

 

審査に通りにくい人

最後にカードローン審査の通過が絶望的な条件を上げておきます。

 

以下の条件に当てはまる人は、ジャパンネット銀行に限らず、銀行カードローンの利用は不可能だと思ってください。

 

@金融事故歴がある人 自己破産は10年、遅延や滞納では5年はNGです。
A多重債務者 2社でギリギリ、3社はアウトと言われています。
B勤続年数が浅い 最低でも1年以上継続勤務をしていなければ無理です。

ジャパンネット銀行カードローンとは?

ランキング0001

矢印
申し込み
本人確認書類があれば今すぐ申し込みできます。

ジャパンネット銀行記事一覧

ジャパンネット銀行のカードローン「ネットキャッシング」の申し込みは、インターネットからの手続きのみになります。FAXや電話での申し込みは受け付けていませんので、パソコンかスマートフォンを使いこなせるスキルがなければなりません。審査回答はメールで送られてきますが、月曜日から金曜日の14:00までに申し込み手続きが完了すれば、原則として当日に送られてきます。月曜日から金曜日の14:00を過ぎてしまった...

ジャパンネット銀行は、日本で最初に開設されたネット銀行です。ネット銀行は金融庁の定義では「新たな形態の銀行」とされているように、店舗を持たず、預金通帳発行さないのでインターネットや提携ATMを使った取引となります。その結果、運営コストを抑えられるため、ネット銀行は金利や手数料面で顧客に多くのメリットを還元できると言われています。審査の早さは高評価ジャパンネット銀行カードローンの口コミを観ていると、...

カードローンの審査において行われる工程に「在籍確認」があります。カードローン審査の目的は、申し込んできた人に返済能力があるかどうかを鑑定することなので、収入源の確認は必須なのです。申し込んだ人が「○○株式会社に勤務しています」と申告してきても、ウソをついているかもしれません。又、源泉徴収票や給与明細を持参しても退職した直後かもしれませんので、決定的な証明にはなりません。そんな回りくどい方法を取らな...

カードローンでお金を借りると利息が発生します。利息の計算方法は、借りた金額に対して金利(年利)をかけて365日(1年)で割って借り入れた日数をかけて算出します。利息=(借りた金額 × 1年の金利)÷365日 × 借りた日数 では、借り入れた当日に返済した場合(借りた日数=0日)の場合はどうなるでしょうか?(借りた金額 × 金利)÷365日×0日=0円 !?小学校の算数レベルの計算式なので、わかりま...

ジャパンネット銀行カードローンの限度額は最大で1000万円です。この金額は、銀行カードローンの中では「上から2番目」の大きな金額です。ちなみに銀行カードローンの中で利用限度額が一番高額なのは「住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース)」です。しかし、住信SBIネット銀行のカードローンにはカラクリがあるので、利用者の意志でプレミアムコースに申し込むことはできません。限度額が1200万...

ジャパンネット銀行カードローンはインターネットから手軽に申し込むことができます。既にジャパンネット銀行に普通預金口座を持っているなら、会員ページへログインして申し込み手続きフォーマットに入力すればササッと審査が開始され、最短60分で審査結果がメールで届きます。口座が無い人でも、ジャパンネット銀行のホームページからカードローンと口座開設の同時申し込みができます。口座開設には本人確認資料として運転免許...

本人確認書類があれば今すぐ申し込みできます。学生さんでも何かと物入り最近の学生さんは、何かと物入りなことが多いですね。クラブの合宿や友人との旅行、飲み会や合コンなど色々なイベントがあると思います。特に旅行は、学生のようにまとまった休みがとれる時期に出かけておくのがベストですね。それに、あまりオススメできる話ではありませんが、タバコ代もバカになりませんね。私が喫煙していた頃は「セブンスター」がひと箱...

ジャパンネット銀行カードローンに申し込める人は、安置した収入がある成人であれば職業や雇用形態に規定はありません。それ以外に必要な条件は、ジャパンネット銀行に普通預金口座があることですが、口座を持っていなくてもカードローンの申し込みと同時に口座開設の申し込みができますから、問題になる事はありません。ですから、派遣社員の人でもジャパンネット銀行に申し込むことは可能です。派遣社員の属性派遣社員でもジャパ...

専業主婦が借りれるカードローンって利用できない所もたくさんあります。パートやアルバイトをすれば借りれますよ!っていうところの方が多いですよね!少しでも働いたらいいんでしょうけど、働きたくても働けない主婦だっているんです!自分の親の面倒を見ないといけない人だっていますし、子供が小さいので働けない、家庭の事情で家に居なければならない主婦だっているんです。そんな主婦だってやりくりに困ったり、急な出費があ...